トップ > KUMON now! > トピックス > 貧困層の子どもたちへ持続的な教育支援を目指して

KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2017/11/21更新

Vol.236

貧困層の子どもたちへ持続的な教育支援を目指して  

世界最大級の NGO団体
BRAC
との協働により、
バングラデシュに初の公文式教室開設!

2017年10月、バングラデシュの首都ダッカに同国初となる公文式教室が誕生しました。この教室は、KUMONにとって新たなチャレンジのスタートになります。今回は、そのチャレンジに至る経緯についてご紹介します。記事末尾にBRACアベド総裁をはじめ、このプロジェクトに携わったBRACの方々のインタビューを交えた動画を掲載しています。現地の様子とともに、ぜひご覧ください。

はじまりは1本の電話から

2013年3月、KUMONに1本の電話がありました。現アジア・ビズ・フォーラム顧問の田丸周氏からの問い合わせで、「バングラデシュのNGO団体BRAC(※1)のアベド総裁が5月に来日するが、KUMONを訪問してぜひ教育についてのディスカッションをしたい」とのことでした。BRACといえば世界最大級のNGOで、その規模だけではなく、活動資金の多くを寄付に頼らずに自らの事業で収益を上げて貧困撲滅のために活動を広げていることで有名な稀有な組織です。当然私たちも以前から注目していましたが、先方から、しかもアベド総裁直々に訪問のご希望があることに驚きながら、日程を調整して角田前社長との会談が実現することとなりました。

BRACとKUMONとの関係構築にはもう一人の立役者がいます。跡見学園女子大学の笠原清志教授です。BRACのアベド総裁とは、ご自身の研究活動を通じて親交を深め、総裁から絶大な信頼を寄せられておられました。5月の会談にも立ち会っていただき、その後もBRACとKUMONの協働の後押しにご尽力いただきました。

共通する“理念”を持つ組織であることで意気投合


アベド総裁(右)と角田前社長

2013年5月の会談は、BRACとKUMONそれぞれの組織の紹介から始まりました。BRACアベド総裁ご夫妻からは、アベド総裁夫人の甥御さんの奥様がアメリカで公文式教室を開設された際に公文式を知り、その頃から公文式学習法に興味をもっていたとお聞かせくださいました。

BRACは、貧しい人々のためにさまざまな経済的・社会的プログラムを提供して彼らの生活を向上させ、社会を変えてきました。その根底にある想いは「人々の可能性を発揮できるようにするために」というもの。KUMONには、「われわれは 個々の人間に与えられている可能性を発見し その能力を最大限に伸ばすことにより 健全にして有能な人材の育成をはかり 地球社会に貢献する」という理念があります。

お互いの組織の目指すところを共有していく中で、改めて両者の“理念”が同じ方向を向いていること、またその理念が実践・活動レベルにまで浸透していることが感じられ、将来に向けた協働を目指すことを確認できた会談となりました。

※1・・・BRAC とは
1972年、人道的ニーズに応えるためにバングラデシュで設立。その後活動を広げ、現在は貧困削減を目的として、食糧生産、教育、保健、金融ビジネスなど多岐にわたる事業を行っている。バングラデシュの他、アフリカやアフガニスタンなどでも活動を展開している世界最大級のNGO。

具体的な協働のステップとは?

関連記事

KUMONグループの活動  2019/01/22更新

Vol.293 持続可能な教育支援と国際貢献

バングラデシュでの取り組みが 首相官邸国際広報映像として 世界各地のCNNで放送!

子育て・家庭学習  2014/10/06更新

Vol.056 小児医療と絵本

KUMONの読み聞かせに関する 科学的な研究成果が 専門誌『小児歯科臨床』で 紹介されました外部研究者(脳科学者・心理学者)とKUMONとの共同研究、「歌と読み聞かせ」を科学する

調査・研究・アンケート  2013/11/05更新

Vol.010 早稲田プロフェッショナルズ・ワークショップ2013

大学生のKUMON OB・OGを活かした広報戦略を立案せよ!早稲田大学プロフェッショナルズ・ワークショップ

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2016/08/05更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!