スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生  前編

を開き、異質なものへの
素直な興味を持ち続けよう

笠原 清志 (かさはら きよし)
1948年埼玉県生まれ。慶應義塾大学社会学研究科博士課程単位取得修了(社会学博士)。1978年から1980年まで、ユーゴスラビアのベオグラード大学経済学部に留学、1986年4月から立教大学社会学部助教授に就任。その後同学部教授、経営学部教授、副総長を経て、跡見学園女子大学マネジメント学部教授。2018年より同大学長に就任。著書に『自主管理制度の変遷と社会的統合』(時潮社)、『社会主義と個人 ―ユーゴとポーランドから』(集英社新書)ほか多数。

跡見学園女子大学の学長を務める笠原清志先生は、社会学の研究者として、社会主義国の労働や生活などを、現地に滞在しながら研究されてきました。20年近く前からは、バングラデシュの女性自立支援やミャンマーの寺子屋支援などに関わられています。2013年にはバングラデシュ国内で活動する世界有数のNGOであるBRACと公文教育研究会との橋渡しを行い、貧困層の子どもたちへの教育支援をされています。公文との協働に至る経緯や、ソーシャルビジネスの意義、現地での教育にかける思いなどについて伺いました。

ロマの女性たちが自立を可能にしたシステム

ソーシャルビジネスに関心を持つようになったのには、いくつかのきっかけがありました。お伝えしたように、私は東ヨーロッパ研究からスタートしましたが、この分野では研究職につきにくいことがわかりましたので、就職用に経営や組織論の研究をし、その業績で立教大学に就職ができました。立教大学に勤められたのはいいのですが、本来の研究分野と大学で教えている分野とが一致せず、「自分の研究は、一体何なのか」というアイデンティティクライシスみたいなものがいつも心の中にありました。そのような時に、歴史的事件や社会的活動への話がありました。

ひとつは、1989年8月にポーランドで連帯運動が勝利して社会主義体制が崩壊し、東欧の社会主義国が市場経済を導入しなければならなくなったことです。社会主義の研究者は数多くいます。また経営や組織の研究者も多くいます。しかし、両方の分野を研究している人は限られており、私のキャリアや研究が生きる可能性が生まれてきました。

もうひとつのきっかけは、1995年頃だったと思いますが、アメリカのフォード財団や日本の財団などが中心となり、中部ヨーロッパの国々(ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー)が再び社会主義に戻らないように、草の根のNGOやNPOをサポートする国際的な動きがあり、私は日本サイドの委員会の責任者に就任することになりました。このことがきっかけで、中部ヨーロッパの国々のNGOの支援事業に関わるようになりました。

あるとき、少数民族であるロマの女性たちの自立支援のプロジェクトの仕事で、ハンガリーに行きました。ハンガリーのNGOでは、無担保で少額のお金を女性たちに貸し、それを元手に小さな事業を始めさせるという「マイクロクレジット」による経済的自立の支援プロジェクトを行っていました。ロマの女性たちの家にも行きましたが、彼女たちから、「最近、夫に殴られなくなった」という言葉を聞きました。その意味はわかっていましたが、あえて私は「それはなぜですか」と聞きました。そのときに、「私たちが経済的な力を持ったからではないでしょうか」という答えを聞き、私は改めて大きな衝撃を受けました。どんな素晴らしい法律や憲法が男女平等を宣言しても、インドやバングラデシュ、そしてハンガリーのロマの女性たちの現実は変わらないのに、女性が自立してお金を稼ぐようになると、こんなにも短期間で状況は変わるのだ、ということがわかった瞬間でした。

「マイクロクレジット」は、NGOから女性たちが5人で連帯保証することによって無担保でお金を借り、そのお金を使ってスモールビジネスを組織して自立を目指すというシステムです。金融システムの外にある人たちが、お互いに助け合うシステムとして、頼母子講などを発展させてきているケースはわが国にもあります。「マイクロクレジット」の場合では、NGOが貧困対策と女性の自立支援の分野においてこの手法を用いて、一定の成果を上げているということに気がつきました。

フォード財団のスタッフから、グラミン銀行のユヌス博士やBRACのアベド総裁が提唱しているシステムであると教えていただきました。双方の方と交流のあるバングラデシュ人研究者を通じて連絡がとれたことが、今日までの交流につながりました。当時勤務していた立教大学で講演してくれるようお願いしておりましたが、2006年にユヌス博士がノーベル平和賞を受賞して脚光を浴びた翌年の2007年に約束通り来てくださり、名誉博士号の授与式も執り行いました。翌年にはBRACのアベド総裁も立教大学に来てくださり、同じく名誉博士号の授与式も執り行うことができました。そういう経緯でお二人と接点ができたことが、今の私の活動、とりわけKUMONとBRACとのソーシャルビジネスの締結の際の橋渡しのような仕事ににつながっていったものと思います。

 

関連リンク
跡見学園女子大学 貧困層の子どもたちへ持続的な教育支援を目指して|KUMON now!


 

 

後編のインタビューから

-「型」から入ることの大切さとは?
-今の大学生に抱く危機感
-笠原先生から保護者の方へのメッセージ

 

関連記事

2018/12/07更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

KUMONグループの活動  2019/06/04更新

Vol.309 KUMONの海外展開~ルーマニア~

ルーマニアに公文式教室開設

KUMONグループの活動  2016/08/23更新

Vol.169 フィリピンでのKUMON

よりよい世界に向かって 未来を信じ、 可能性を広げていく子どもたち

KUMONグループの活動  2016/10/27更新

Vol.092 くもん出版‐外国語版ドリル「Kumon Workbook」

くもんのドリル 「Kumon Workbook」が 海外でも大好評! 累計売上1500万部のヒットの秘密 9つの言語に翻訳され世界57か国・地域で販売

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

バックナンバー

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!