スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/02/27更新

Vol.018 教育史学者 沖田行司先生  後編

成長個性的多様
子どもたちが伸びていくためにこそ
「自ら学ぶ力」を育てる

沖田 行司 (おきた ゆくじ)
1948年京都府生まれ。同志社大学卒業後、高校教師として2年間勤務後、同大大学院文学研究科へ。その後、文学部助手、専任講師・助教授を経て文学部教授(文学博士)に。改組により2004年より社会学部教授。ハワイ大学・中国人民大学の客員教授も務める。

「教育は時代を映しだす鏡」。そう話す沖田先生は、教育文化史・思想史の研究者として、江戸時代の寺子屋や藩校をはじめ、明治以降の近代教育についても研究を続けています。ご自身を「自由奔放な青春時代」「真の学びに目覚めたのは大学院に入ってから」と笑いますが、その実体験からも「人の成長は個性的で多様」「教育も多様であるべき」と、現代の画一的な教育に疑問を投げかけます。沖田先生のこれまでの研究から見えてきたもの、これからの日本の教育に必要なものとは…、をうかがいました。

高校教師を辞して大学院へ、そして「真の学び」に目覚める

高校時代、授業をさぼっては映画館に入りびたっていたわたしは、大学の講義もさぼり気味だったのですが、ある日、のちに「師匠」と呼ぶようになる日本教育史研究者の本山幸彦先生と出会います。本山先生は京都大学の教授でしたが、客員教授として同志社大学に来られていました。本山先生からは、先生の研究内容だけでなく、学びの姿勢や生き方など、ひとりの人間としても、とても大きな影響を受けました。

本山先生との出会いもあり、卒業後の進路はあれこれ考えていたのですが、いざ就職活動をするころになると、やはり教育映画を作りたくて映画会社を志望するのですが、「映画を作りたい!」という情熱だけではどこも雇ってくれませんでした。それでも高等学校の教員に採用され、世界史を教えることになりました。ところが、教壇に立って生徒たちを前にしたとき、ひとつの疑問がわいてきました。

若造の自分が「先生」と言われることへの疑問です。人生経験も少ない。教えるのが上手かといえば、そんなこともない。世界史の知識もまだまだ。自分自身がしっかり両足で立てていないのに、生徒たちに何が教えられるのだろうかと、自問自答の日がつづきました。考えに考えたすえ、こんな教師に教えられる生徒たちに申し訳ないと、2年間勤めた高校に辞表をだし、もう一度大学院で学ぶことにしたのです。

大学院では「自分をもっとしっかりした人間につくり直さなくては…」との想いから、専門は教育史ではなく儒学を選びました。そして、幕末から明治の人たちの覚悟のある生きざまやひたむきな学びの姿勢を知り、そこから連綿として深い思索と信念をつくりあげてきたことに驚嘆しました。ひるがえって、自分はどうか。それまでも、サルトル、マルクスなど、いろいろ読んで知った気になっていましたが、自分の信念を確立するまでの「学び」になっていなかったことにも気づかされました。

さらに、幕末から明治維新にかけての先駆者たちが、欧米をどのように受けとめていたのかということに関心が向き、日本思想史を学ぶようになりました。師匠である本山先生とともに、政治学者・思想史家である東京大学の丸山眞男先生が著した『日本政治思想史研究』を読んだりして、日本人はどう歩んできたのか、どういう背景からどんな思想が生まれてきたのかを研究しました。

こうした自分の拙い経験からですが、人は、本当に自分の実になることを学びたいと思ったとき、初めて真剣に学ぶ。それが「真の学び」であり「学問」だということです。わたしはずいぶんおそい「学びへの目覚め」でしたが、大学院での学びで、自分の信念となるようなものを構築していくことができました。

吉田松陰が弟子を叱るとき、その前に必ずしていたこととは?

関連記事

2015/02/20更新

Vol.018 教育史学者 沖田行司先生

人の成長は個性的で多様子どもたちが伸びていくためにこそ「自ら学ぶ力」を育てる

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

2015/06/19更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

調査・研究・アンケート  2015/07/21更新

Vol.096 グローバル人材に関する母親の意識調査

語学力は必要、加えてもっと大切なこともある「グローバル人材とわが子に関する母親の意識調査」結果

2018/12/07更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!