スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/02/27更新

Vol.018 教育史学者 沖田行司先生  後編

成長個性的多様
子どもたちが伸びていくためにこそ
「自ら学ぶ力」を育てる

沖田 行司 (おきた ゆくじ)
1948年京都府生まれ。同志社大学卒業後、高校教師として2年間勤務後、同大大学院文学研究科へ。その後、文学部助手、専任講師・助教授を経て文学部教授(文学博士)に。改組により2004年より社会学部教授。ハワイ大学・中国人民大学の客員教授も務める。

「教育は時代を映しだす鏡」。そう話す沖田先生は、教育文化史・思想史の研究者として、江戸時代の寺子屋や藩校をはじめ、明治以降の近代教育についても研究を続けています。ご自身を「自由奔放な青春時代」「真の学びに目覚めたのは大学院に入ってから」と笑いますが、その実体験からも「人の成長は個性的で多様」「教育も多様であるべき」と、現代の画一的な教育に疑問を投げかけます。沖田先生のこれまでの研究から見えてきたもの、これからの日本の教育に必要なものとは…、をうかがいました。

高校教師を辞して大学院へ、そして「真の学び」に目覚める

高校時代、授業をさぼっては映画館に入りびたっていたわたしは、大学の講義もさぼり気味だったのですが、ある日、のちに「師匠」と呼ぶようになる日本教育史研究者の本山幸彦先生と出会います。本山先生は京都大学の教授でしたが、客員教授として同志社大学に来られていました。本山先生からは、先生の研究内容だけでなく、学びの姿勢や生き方など、ひとりの人間としても、とても大きな影響を受けました。

本山先生との出会いもあり、卒業後の進路はあれこれ考えていたのですが、いざ就職活動をするころになると、やはり教育映画を作りたくて映画会社を志望するのですが、「映画を作りたい!」という情熱だけではどこも雇ってくれませんでした。それでも高等学校の教員に採用され、世界史を教えることになりました。ところが、教壇に立って生徒たちを前にしたとき、ひとつの疑問がわいてきました。

若造の自分が「先生」と言われることへの疑問です。人生経験も少ない。教えるのが上手かといえば、そんなこともない。世界史の知識もまだまだ。自分自身がしっかり両足で立てていないのに、生徒たちに何が教えられるのだろうかと、自問自答の日がつづきました。考えに考えたすえ、こんな教師に教えられる生徒たちに申し訳ないと、2年間勤めた高校に辞表をだし、もう一度大学院で学ぶことにしたのです。

大学院では「自分をもっとしっかりした人間につくり直さなくては…」との想いから、専門は教育史ではなく儒学を選びました。そして、幕末から明治の人たちの覚悟のある生きざまやひたむきな学びの姿勢を知り、そこから連綿として深い思索と信念をつくりあげてきたことに驚嘆しました。ひるがえって、自分はどうか。それまでも、サルトル、マルクスなど、いろいろ読んで知った気になっていましたが、自分の信念を確立するまでの「学び」になっていなかったことにも気づかされました。

さらに、幕末から明治維新にかけての先駆者たちが、欧米をどのように受けとめていたのかということに関心が向き、日本思想史を学ぶようになりました。師匠である本山先生とともに、政治学者・思想史家である東京大学の丸山眞男先生が著した『日本政治思想史研究』を読んだりして、日本人はどう歩んできたのか、どういう背景からどんな思想が生まれてきたのかを研究しました。

こうした自分の拙い経験からですが、人は、本当に自分の実になることを学びたいと思ったとき、初めて真剣に学ぶ。それが「真の学び」であり「学問」だということです。わたしはずいぶんおそい「学びへの目覚め」でしたが、大学院での学びで、自分の信念となるようなものを構築していくことができました。

吉田松陰が弟子を叱るとき、その前に必ずしていたこととは?

関連記事

2015/02/20更新

Vol.018 教育史学者 沖田行司先生

人の成長は個性的で多様子どもたちが伸びていくためにこそ「自ら学ぶ力」を育てる

バックナンバー

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

2019/05/17更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!