スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/02/27更新

Vol.018

教育史学者 沖田行司先生  後編

成長個性的多様
子どもたちが伸びていくためにこそ
「自ら学ぶ力」を育てる

沖田 行司 (おきた ゆくじ)

1948年京都府生まれ。同志社大学卒業後、高校教師として2年間勤務後、同大大学院文学研究科へ。その後、文学部助手、専任講師・助教授を経て文学部教授(文学博士)に。改組により2004年より社会学部教授。ハワイ大学・中国人民大学の客員教授も務める。

「教育は時代を映しだす鏡」。そう話す沖田先生は、教育文化史・思想史の研究者として、江戸時代の寺子屋や藩校をはじめ、明治以降の近代教育についても研究を続けています。ご自身を「自由奔放な青春時代」「真の学びに目覚めたのは大学院に入ってから」と笑いますが、その実体験からも「人の成長は個性的で多様」「教育も多様であるべき」と、現代の画一的な教育に疑問を投げかけます。沖田先生のこれまでの研究から見えてきたもの、これからの日本の教育に必要なものとは…、をうかがいました。

教育の本質とは「人をつくる」こと

教育史学者 沖田行司先生

日本の学びの特徴は、寺子屋に見られるような「一人ひとり異なる子どもたちの個性や能力に合わせた学び」であり、「からだにしみ込むような学び」ともいえます。ですから、「個人別」「ちょうどの学習」を掲げる公文式の根底には、日本人の「学びのDNA」が流れているような気がします。基本的に「学び」「学問」とは自学自習で、自分が学んだ結果を伝えることが「教え」なのです。ほんとうに子どもたちに伸びてほしいと思ったら、まず「自ら学ぶ力」を育てるべきです。

私は教育の本質とは「人をつくる」ことだと考えています。人は、人として生きるためにさまざまな知識が必要なので、それを教えるのが教育と思いがちですが、じつは、土台となる「人づくり」が教育のいちばん大きな役割だと思っています。そう考えたとき、現代の教育は、はたして「日本人をつくっている」と言えるのでしょうか。

その意味で気になるのは、ここ数年、教育現場でも「グローバル」という言葉が多用されるようになったことです。一部の人は外国で働くことがあっても、多くの人はこの日本という地で、日本語を使って働き生活しています。しかし、学校でも社会でも「グローバル人材」と声高に言う人が増えている。では、「グローバル人材」あるいは「国際人」とはどんな人なのでしょうか。

私はこう考えます。日本のなかで日本の文化や歴史を学ぶ、自分が生まれ育った地域の文化や歴史を学ぶ。その学びがあって、初めて国際人としての素地ができるのだと思います。国際人というのは、外国語が話せて、外国で働く人のことではなく、日本人として、日本が世界にどう貢献できるかを考えることができ、それを実践できる人ではないでしょうか。

そういったこともふまえ、真の「人づくり」のためには、「学ぶことが楽しい」という気持ちを育て、その気持ちを醸成する環境をととのえることが重要です。たとえば、親が子どもとともに学ぶ時間をつくる、地域や周りの大人が子どもの学びを大切にするコミュニティーをつくる、子どもが自ら学んだことを高く評価する。実行に移すには手間暇がかかりますが、やる意義はとても大きいと思います。

反対に「いい学校に入り、いい会社に就職する」。そのための「学び」というロジックで説明してしまうのなら、子どもの学びは消滅してしまいます。そうではなく、学ぶことを通して、つねに前進してきた人類の長い歴史に照らして、学ぶことの大切さを子どもたちとともに考えることが必要だと考えています。

そのためには、わたしも含め、親御さんたち自身が、先生方自身が、多様な関心や好奇心をもつことです。そうすれば、われわれ大人が、子どもたちに「いろいろなことに興味をもとう」「世の中はおもしろいことがいっぱいだぞ」と伝えられる。そして、子どもたちが「これ、おもしろい!」、「学ぶのは楽しい!」と日々体感できるようになっていけば、学校教育という枠を大きく越え、自らどんどん学ぶようになっていくはずです。

 


 

教育史学者 沖田行司先生     前編のインタビューから

– 江戸時代の寺子屋に「落ちこぼれ」の子がいなかった理由
– 家族で米国から帰国、学校の成績が芳しくなかった息子さんに沖田先生がかけた言葉
– 高校生時代、親戚のお寺の本堂でビートルズを大音量で流す!なぜ…?

 
関連記事

2015/02/20更新

Vol.018 教育史学者 沖田行司先生

人の成長は個性的で多様子どもたちが伸びていくためにこそ「自ら学ぶ力」を育てる

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

2015/06/19更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

調査・研究・アンケート  2015/07/21更新

Vol.096 グローバル人材に関する母親の意識調査

語学力は必要、加えてもっと大切なこともある「グローバル人材とわが子に関する母親の意識調査」結果

2018/12/07更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

バックナンバー

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.090 前編
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
Vol.088
絵本作家
きもとももこさん
人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける
Vol.087
ピアニスト
中川優芽花さん
「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!