スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2015/02/20更新

Vol.018 教育史学者 沖田行司先生  前編

成長個性的多様
子どもたちが伸びていくためにこそ
「自ら学ぶ力」を育てる

沖田 行司 (おきた ゆくじ)
1948年京都府生まれ。同志社大学卒業後、高校教師として2年間勤務後、同大大学院文学研究科へ。その後、文学部助手、専任講師・助教授を経て文学部教授(文学博士)に。改組により2004年より社会学部教授。ハワイ大学・中国人民大学の客員教授も務める。

「教育は時代を映しだす鏡」。そう話す沖田先生は、教育文化史・思想史の研究者として、江戸時代の寺子屋や藩校をはじめ、明治以降の近代教育についても研究を続けています。ご自身を「自由奔放な青春時代」「真の学びに目覚めたのは大学院に入ってから」と笑いますが、その実体験からも「人の成長は個性的で多様」「教育も多様であるべき」と、現代の画一的な教育に疑問を投げかけます。沖田先生のこれまでの研究から見えてきたもの、これからの日本の教育に必要なものとは…、をうかがいました。

子どもの成長は個性的で多様、だから「落ちこぼれ」はいない

長年、学生たちと接していて、ここ数年、とくに強く感じることがあります。それは、大学入学と同時に燃え尽きた状態になって、学ぶ意欲が見られない学生が増えたことです。ほかの大学の先生と話すと、このことはうちの大学だけではなく、多くの大学に共通しているようです。大学生ですから、「学びたい」という気持ちがあるのが自然なのですが、そういう気持ちではない学生もいる。なぜか…。

大学も含めた、いまの学校教育のシステムに問題があるのではと思っています。端的に言えば、教育現場には「教える仕掛け」はたくさんあっても、学生や子どもたちの「もっと知りたい」「不思議だな?なぜ?」という、本来の学びにつながる気持ちを育てていないように思います。つまり、皆、先回りして教えてしまっているのです。その意味で、私は教育というのは、「待つ教育」(後述)であるべきだと考えています。

そもそも子どもの成長は個性的で、多様な発達を見せてくれます。しかし、明治以降の近代教育以降、一斉授業が行われるようになりました。一定の時間で一定の量を教えねばならないので、どうしてもついていけない子たちがでてきます。さらに、子どもを「一人ひとり」ではなく、「1年生」「2年生」という「群」としてとらえるので、ついていけない子を「2年生の修了レベルに達していない」と、「落ちこぼれ」という眼で見てしまう。

ですが、個性的で多様な子どもの成長からすれば、それがその子の発達レベルなのですから、「達していない」「おくれている」というのはありえません。私の研究領域である「江戸時代の教育」からすると、寺子屋は一斉授業ではなく、それぞれに合った内容を学んでいます。江戸時代の人たちは「子どもはそれぞれ異なる個性と能力をもっている」ということを知っていたのですね。

「この子は落ちこぼれ」という先入観で接すると、子どもはそれを肌で感じ、学ぶ意欲をなくしてしまいます。子どもが秘めた能力を発揮できるように、その子の個性を理解して接することが大事です。そのためには手間暇かけねばなりませんが、現代は、教育も経済法則と同じになってしまい、手間暇をかけず効率優先になってしまっているような気がします。

学校の成績が芳しくなかった息子さんに沖田先生がかけた言葉とは?

関連記事

2015/02/27更新

Vol.018 教育史学者 沖田行司先生

人の成長は個性的で多様子どもたちが伸びていくためにこそ「自ら学ぶ力」を育てる

バックナンバー

2019/03/08更新

Vol.053 教育実践「響の会」会長
角田明先生

愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう

2019/02/01更新

Vol.052 國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生

江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

2018/09/28更新

Vol.050 大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生

「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう

2018/05/11更新

Vol.049 広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生

日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.303
公文式の学校導入―村上学園高等学校
<全日制スタイルの通学型・通信制高校>
「できる」喜びを重ねることで 関心を持てなかった学習に 感じ始めた「楽しさ」と「意義」
Vol.302
TOEFLを英語学習のよき伴走者に
-スピーキングテスト編
自分の意見を発信する力を ~若年層向けTOEFLに スピーキングテストができました!~
Vol.301
家庭学習調査2018(3)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?
家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは?(3)
Vol.300
ヨーロッパの指導者
仲間とともに「子どもから学ぶ」 ~子どもたちの可能性を発見し、伸ばしたい~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.061 前編
イラストレーター
ながおかえつこさん
迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる
Vol.060
環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん
遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく
Vol.059
ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん
何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる
Vol.058
コピーライター
佐々木圭一さん
「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。