KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

調査・研究・アンケート  2015/07/21更新

Vol.096

グローバル人材に関する母親の意識調査  

語学力は必要、
加えてもっと大切なこともある
「グローバル人材とわが子に関する母親の意識調査」結果

2020年のオリンピックを控え、各方面で英語教育のあり方やグローバル人材育成についての議論が活発になっています。そのようななか、子育て中の母親たちはわが子の教育をどのように考えているのでしょうか。母親たちを対象に意識調査を行いました。

母親が考える「グローバル人材」とは?錦織圭に見るグローバルな活躍の形

【調査概要】

調査方法:インターネットアンケート
調査対象:全国の18歳以下の子どもがいる女性 1500人
調査期間
2015年3月17日(火)~20日(金)

母親たちが「グローバル人材」と聞いて思いつく有名人は、1位が「錦織圭」、2位が「関根麻里」、3位が「孫正義」でした。その後、イチロー、本田圭佑、池上彰と続きます。国際大会のあとのインタビューでよどみなく英語で答える錦織選手。好きな道を極めつつ英語力も身につけ、グローバルに活躍する姿は、まさに多くの母親たちの理想的なイメージなのかもしれません。伝えたいことがあるときに、言語が壁にならず、思いをそのまま英語で話せる彼らはたしかに魅力的ですね。

「グローバル人材」と聞いて思いつく有名人トップ10 (敬称略)

順位 人名 件数
1位 錦織圭 65件
2位 関根麻里 59件
3位 孫正義 54件
4位 イチロー 46件
5位 本田圭佑 23件
6位 池上彰 21件
7位 滝川クリステル 
柳井正
20件
8位 渡辺謙 19件
9位 中田英寿 17件
10位 緒方貞子 16件

語学力は必要ではあるが、他にも多くの身につけるべき力がある

では、母親たちは「グローバル人材になる上で身につけるべき能力」として何が必要だと考えているのでしょうか。

1位「自分の考えや思っていることを的確に相手に(日本語で)伝えられる能力」
2位「多少困難や誘惑があっても、コツコツと努力する持続力」
3位「異なる境遇・年齢の人とも仲良くなれるコミュニケーション能力」

という結果でした。「語学力」は90%の母親が必要と考えているものの、全10項目中最下位となりました。「グローバル人材になるために語学力は必要ではあるが、他にも多くの身につけるべき力がある」と、母親たちは認識しているようです。

グローバル人材になる上で身につけるべき能力

拡大する

グローバル人材の必要性の認識と思い描くわが子の将来とのギャップ

では、母親たちはグローバル人材の必要性をどのように感じているのでしょうか。「日本からグローバル人材を輩出する必要があるか」という問いに対しては、89.7%の母親が「必要だと思う」「やや必要だと思う」と回答しました。一方で、「わが子にグローバル人材になってほしいか」という問いに対しては、「なってほしいと思う」「ややなってほしいと思う」の合計は79.2%にとどまりました。この約10ポイントのギャップの裏には、母親のどのような想いがあるのでしょう。

拡大する

「自分の好きな道で可能性を広げてほしい」という親心

「わが子に望む進路」を聞いたところ、上位を占めたのは「安定した生活」、「自分の好きな道」、「豊かな生活」となりました。このことから、母親たちはわが子に「自分の好きな道で可能性を広げてほしい」ということを大切に考えていることがわかります。とはいえ、8割近くのお母さんが「わが子にグローバル人材になってほしい」とも答えており、わが子に自分らしく生きていってほしいという親心を持ちながらも、グローバル人材を意識している様子がうかがわれます。

KUMON now!では、先日グローバルな環境に身をおいたことのあるママたちの座談会を開催しました。ここでも、わが子に身につけさせたい力としてあがったのは、「問題解決能力」「環境適応能力」「自分のルーツを大切にする力」でした。グローバル人材育成の議論では、英語教育に注目が集まりがちですが、お母さん方は目の前のわが子に対し「語学力は必要だが、それよりも大切なことがあるのではないか」と考え、日々の子育てに奮闘されているといえそうです。

関連記事

調査・研究・アンケート  2015/08/04更新

Vol.098 0~3歳児の母親の意識調査

0~3歳の子がいる母親に聞きました 子どもとの時間、増やしたいのは 「読み聞かせ」の時間 「0〜3歳児と母親に関する意識と実態調査」結果

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

調査・研究・アンケート  2015/05/19更新

Vol.087 大学生意識調査-音楽編

「楽器が上達する秘訣」は? 楽器の演奏を楽しんでいる大学生791人に聞きました

2015/06/26更新

Vol.022 国際基督教大学教育研究所顧問
千葉杲弘先生

チャンスは夢があるところに舞い降りてくる異文化に接することで「自分」を理解して夢の実現のために学び続けよう

KUMONグループの活動  2020/03/27更新

Vol.347 家庭学習調査2019(1)
子どもの家庭での過ごし方

ゲーム、テレビ、外、学習・・・ 子どもは家で何をして過ごしているのか

バックナンバー

子育て・家庭学習  2021/03/02更新

Vol.393 家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?

KUMONグループの活動  2021/02/24更新

Vol.392 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>

KUMONグループの活動  2021/02/16更新

Vol.391 公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?

自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!

KUMONグループの活動  2021/02/09更新

Vol.390 タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出

ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい

子育て・家庭学習  2021/02/02更新

Vol.389 家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化

家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス
記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!