OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/02/22更新

Vol.060

環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん  後編

遠回りしたとしても
「好き」な気持ちを大切に
一歩を踏み出せばは近づく

堺 真由子 (さかい まゆこ)

神奈川県生まれ。地元の小・中・高校を卒業後、東京農業大学農学部畜産学科(現・動物科学科)の畜産物利用学研究室で、乳酸菌などの研究に従事。卒業後、対馬野生生物保護センター(環境省対馬自然保護官事務所)の事務補佐員として勤務する。

朝鮮半島まで約50km。「国境の島」といわれる長崎県・対馬には、天然記念物のツシマヤマネコをはじめ、この土地のみに生息する生きものがたくさんいます。それらを保護する対馬野生生物保護センターで、普及啓発を担当している堺真由子さんは、大学は畜産学科で学び、食品会社に内定が決まっていました。しかし自分の内なる声に気づき、一から就職活動をやり直します。縁もゆかりもなかった対馬で働くことを決めたのには、どんな背景や思いがあったのでしょうか。ツシマヤマネコや対馬の生きものへの思い、対馬での生活についても、いきいきと語ってくれました。

日本固有の動物、身近な動物の魅力を広めていきたい

堺真由子さん

休みの日は、しいたけ農家さんの「菌打ち」を手伝ったり、野鳥観察をしたりと、やっぱり自然を満喫しています(笑)。対馬に来る前は「よそ者扱いされるかな」と不安でしたが、来てみると家族のようにやさしく接してくれる方ばかり。人と人との距離が近く、プライベートがないとも言えますが、「自分のことを覚えてくれてうれしい」という気持ちのほうが強く、私にとっては居心地がいいところです。

じつは、縁もゆかりもなかった対馬での就職を決めたのには、対馬の自然に興味が湧いたほか、「考える時間を持ちたい」と思ったことも理由でした。センターの事務補佐員は3年間という任期が決められているので、この間にしっかり自分の今後を考えたい、まったく知らない環境で一人で暮らしてみたいという、ある意味挑戦をしたくなったのです。任期は残すところあと1年。飼育現場にも関わることができる恵まれた環境で、改めて「動物と接する仕事をしていきたい」と、自分の方向性を再認識することができました。

動物園でヤマネコを見たときは、単に「かわいい」と思うだけでしたが、対馬に来て、いろいろな歴史や背景があり、多くの人が関わっていることを知りました。日本古来の動物は意外と地味で、動物園ではライオンやキリンなど花形の動物に目が行きがちです。しかし、せっかくなら自分たちと共にこの日本に住む生きもの、身近な生きものにも目を向けてもらいたいという思いが、一層強くなりました。

任期中は、もちろんツシマヤマネコをはじめとした対馬の自然の魅力を発信していきたいですし、今後、対馬を離れたとしても、自分が暮らす地域の、小さくて地味かもしれない生きものたちの魅力を、多くの人に知ってもらえるような仕事をしていきたいと思っています。

前編を読む

関連リンク
対馬野生生物保護センター
『ツシマヤマネコ飼育員物語』


 

堺真由子さん  

後編のインタビューから

-対馬での、対馬特有の生き物を守り、伝える活動
-堺さんの原点となった神奈川県茅ヶ崎での生活とは?
-公文との出会い、今に繋がる公文で得た習慣とは?

前編を読む

関連記事

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

2018/09/14更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2019/04/26更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2021/08/13更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!