OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/04/26更新

Vol.061

イラストレーター
ながおかえつこさん  後編

迷ったときにはまず自ら動こう
周囲の空気が対流し
先につながる流れができてくる

ながおか えつこ (ながおか えつこ)

大阪府生まれ。地元の小・中・高校を卒業後、金沢美術工芸大学産業美術学科にて商業デザインを学ぶ。卒業後は旧・松下電工株式会社に入社。1998年に退社後、夫とデザイン事務所グラフィオ設立。解散後、イラストレーターとして独立。現在、夫が経営する珈琲豆焙煎所の中に事務所を設け、イラストレーターとして活動中。絵を担当した書籍に『知ってびっくり!歯のひみつがわかる絵本 』シリーズ(くもん出版)、『凸凹あいうえおの手紙』(くもん出版)、『コーヒー豆を追いかけて』(くもん出版)など。

小さいころから絵を描くのが好きだったというイラストレーターのながおかえつこさん。美大卒業後は一般企業に就職し、広告やマーケティング業務に従事していましたが、「絵を描く仕事」への思いが募り、退職してイラストレーターとして独立することに。とはいえ仕事のあてがあっての退職ではなく、一歩一歩、努力と信頼を積み重ねて夢をかなえてきました。現在、絵本や小説・雑誌の挿絵を中心に、キャラクターデザインや広告イラストなど幅広く活躍されています。夢を実現するまでの道のりや、心がけてきたことなどについてうかがいました。

会社を辞めて立場が逆転。
発注側の気持ちがわかることが強み

ながおかえつこさん

美大で学んでいたのはグラフィックやマーケティングなど、商業デザインです。企業に入って活躍するデザイナーを育てるカリキュラムが中心で、当時の私の将来の夢は、「企業に入ってデザインの仕事をするのかなあ」という、いたって漠然なものでした。

その筋書き通り、卒業後はメーカーに就職し、広告部門で制作物を担当しました。自分で手を動かすのではなく、デザイン会社につくってもらう、つまり口で仕事をしていた感じです。その後マーケティング部に異動し、会社案内やCIを担当しました。こうした会社での業務は、自分では実際につくらないものの、企業内で制作物をつくる際の一連の制作工程を知ることができたという点で、とてもよい経験をしたと思います。

ただ、社内でベテランになってくると管理職に向けての研修が始まります。もともとものをつくるのが好きな私は、そこに労力を費やすなら好きなことに時間を注ぎたいと思い、7年目に思い切って辞めました。とはいえ、仕事のあてがあったわけではなく、退職後は3ヵ月間ヨーロッパへ。スケッチブックを手に心に残る風景をスケッチしての旅でした。語学もたいしできなかったのですが、この旅ですべてをひとりで対処できたことは自信につながりましたね。

帰国後は友人から仕事を紹介してもらったり、作品をファイリングしたものをデザイン事務所に見てもらったりして、少しずつ仕事を増やしていきました。このころ心がけていたのは、自分の希望や意向にかかわらず、声がかかった仕事はしっかり引き受けるようにしていたことです。そうするうちに知り合いが増えますし、一生懸命やっていると必ず見ていてくれる人がいて、お声がかかることも増えてきます。

仕事をしつつ、自分のタッチを探っていた時期でもありました。やがて作品がたまったら自分の好きな作品だけをファイリングして、好きなタッチの依頼が来るように工夫する余裕も生まれてきました。早い人であれば2~3年でできることかもしれませんが、私は余裕ができるまで10年くらいかかりました。遅々としていましたが、積み重ねの結果、今があると思っています。

ここまでやってこられたのは、やはり相手が喜んでくれるものをつくろう、と心がけてきたからでしょうか。会社員時代はデザイン事務所に発注する側でしたが、独立後の今はその逆の立場。だから「納期は1日でも早く」など、発注側の気持ちがわかるので、その気持ちに応えるようにしています。

絵を描くときに大切にしていることとは?

関連記事

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2018/09/14更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2021/08/13更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
Vol.465
初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!