OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/02/15更新

Vol.060

環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん  前編

遠回りしたとしても
「好き」な気持ちを大切に
一歩を踏み出せばは近づく

堺 真由子 (さかい まゆこ)

神奈川県生まれ。地元の小・中・高校を卒業後、東京農業大学農学部畜産学科(現・動物科学科)の畜産物利用学研究室で、乳酸菌などの研究に従事。卒業後、対馬野生生物保護センター(環境省対馬自然保護官事務所)の事務補佐員として勤務する。

朝鮮半島まで約50km。「国境の島」といわれる長崎県・対馬には、天然記念物のツシマヤマネコをはじめ、この土地のみに生息する生きものがたくさんいます。それらを保護する対馬野生生物保護センターで、普及啓発を担当している堺真由子さんは、大学は畜産学科で学び、食品会社に内定が決まっていました。しかし自分の内なる声に気づき、一から就職活動をやり直します。縁もゆかりもなかった対馬で働くことを決めたのには、どんな背景や思いがあったのでしょうか。ツシマヤマネコや対馬の生きものへの思い、対馬での生活についても、いきいきと語ってくれました。

興味深い対馬特有の生きもの
子どもたちにわかりやすく伝えたい

堺真由子さん

対馬って、蛍がほんとうにきれいなんです。これが“残したい景色”というものなんだなと、身をもって感じました。私は生まれ育った神奈川県から対馬に来て、もうすぐ2年を迎えます。対馬には本州に生息する生きものだけでなく、対馬独自の自然があり、生きもの好きにとってはとてもおもしろい場所です。

対馬ではツシマヤマネコが生態系の頂点です。減農薬でお米を栽培することで、ヤマネコのえさとなる生きものを増やすことができます。減農薬で作られている“ヤマネコ米”はそんな取り組みのひとつです。ヤマネコが生息できるということは、豊かな環境があることの証で、ヤマネコを守ることは環境を守ることにつながります。

ツシマヤマネコ

福馬(対馬野生生物保護センター提供)

かつて300頭と推定されていたヤマネコは、減少の一途をたどり、1998年には絶滅危惧種に制定されました。保護活動で減少のスピードが緩やかになったものの、現在70~100頭。減少理由のひとつが交通事故です。対馬野生生物保護センターでは、事故などでケガをしたヤマネコを保護して治療し、野生で暮らせるか確認してから発見された場所の近くで放しています。センターでは「福馬」という名のオスを飼育し、来館者に公開しています。(※2019年1月現在、体調不良のため公開休止中)

ヤマネコを守るためには、何より「知ること」が大切。そのため、イベントの企画運営や季刊誌「とらやまの森」の発行、展示パネルの制作・掲示などをするのが私の仕事です。中でも力を入れているのが、対馬の子どもたちへの啓発活動で、小中学校で「ヤマネコ教室」を行い、ヤマネコの特徴や対馬特有の動植物についてお話したりしています。また、ケガをしたヤマネコを見つけたら必ずセンターに連絡するようにお願いすることもあわせて行っています。

日々の活動は故郷に誇りをもってもらいたいと思いながら、わかりやすく伝えることを心がけています。最近は、イトトンボの雄と雌の見分け方など、いろいろな生きものの質問を受けるようになりました。子どもたちの生きもの全体への関心が高まっていると感じ、うれしくなります。今後も学校の先生方と連携して、子どもの興味を広げるお手伝いができればと思います。

堺さんの原点となった神奈川県茅ヶ崎での生活とは?

関連記事

2019/02/22更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/09/14更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2015/11/06更新

Vol.026 全国カヤネズミ・ネットワーク代表
畠佐代子さん

自分のできることを 一つひとつ積み重ねることで 大きな答えが見えてくる

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!