OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん  前編

遠回りしたとしても
「好き」な気持ちを大切に
一歩を踏み出せばは近づく

堺 真由子 (さかい まゆこ)
神奈川県生まれ。地元の小・中・高校を卒業後、東京農業大学農学部畜産学科(現・動物科学科)の畜産物利用学研究室で、乳酸菌などの研究に従事。卒業後、対馬野生生物保護センター(環境省対馬自然保護官事務所)の事務補佐員として勤務する。

朝鮮半島まで約50km。「国境の島」といわれる長崎県・対馬には、天然記念物のツシマヤマネコをはじめ、この土地のみに生息する生きものがたくさんいます。それらを保護する対馬野生生物保護センターで、普及啓発を担当している堺真由子さんは、大学は畜産学科で学び、食品会社に内定が決まっていました。しかし自分の内なる声に気づき、一から就職活動をやり直します。縁もゆかりもなかった対馬で働くことを決めたのには、どんな背景や思いがあったのでしょうか。ツシマヤマネコや対馬の生きものへの思い、対馬での生活についても、いきいきと語ってくれました。

興味深い対馬特有の生きもの
子どもたちにわかりやすく伝えたい

対馬って、蛍がほんとうにきれいなんです。これが“残したい景色”というものなんだなと、身をもって感じました。私は生まれ育った神奈川県から対馬に来て、もうすぐ2年を迎えます。対馬には本州に生息する生きものだけでなく、対馬独自の自然があり、生きもの好きにとってはとてもおもしろい場所です。

対馬ではツシマヤマネコが生態系の頂点です。減農薬でお米を栽培することで、ヤマネコのえさとなる生きものを増やすことができます。減農薬で作られている“ヤマネコ米”はそんな取り組みのひとつです。ヤマネコが生息できるということは、豊かな環境があることの証で、ヤマネコを守ることは環境を守ることにつながります。

福馬(対馬野生生物保護センター提供)

かつて300頭と推定されていたヤマネコは、減少の一途をたどり、1998年には絶滅危惧種に制定されました。保護活動で減少のスピードが緩やかになったものの、現在70~100頭。減少理由のひとつが交通事故です。対馬野生生物保護センターでは、事故などでケガをしたヤマネコを保護して治療し、野生で暮らせるか確認してから発見された場所の近くで放しています。センターでは「福馬」という名のオスを飼育し、来館者に公開しています。(※2019年1月現在、体調不良のため公開休止中)

ヤマネコを守るためには、何より「知ること」が大切。そのため、イベントの企画運営や季刊誌「とらやまの森」の発行、展示パネルの制作・掲示などをするのが私の仕事です。中でも力を入れているのが、対馬の子どもたちへの啓発活動で、小中学校で「ヤマネコ教室」を行い、ヤマネコの特徴や対馬特有の動植物についてお話したりしています。また、ケガをしたヤマネコを見つけたら必ずセンターに連絡するようにお願いすることもあわせて行っています。

日々の活動は故郷に誇りをもってもらいたいと思いながら、わかりやすく伝えることを心がけています。最近は、イトトンボの雄と雌の見分け方など、いろいろな生きものの質問を受けるようになりました。子どもたちの生きもの全体への関心が高まっていると感じ、うれしくなります。今後も学校の先生方と連携して、子どもの興味を広げるお手伝いができればと思います。

堺さんの原点となった神奈川県茅ヶ崎での生活とは?

関連記事

2019/02/22更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

バックナンバー

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.307
英語を使ってコミュニケーションに挑戦
グローバルな視野を持って、 未来へ羽ばたこう ~「第1回 Global Network Initiatives」開催~
Vol.306
KUMONの新入社員
学び続け、 自己成長し続ける社員でありたい ~共に成長できる環境づくりを大切に~
Vol.305
47都道府県「ご当地くろくま」コンテストのグランプリ授賞式
受賞者の将来の夢は 「絵を描く仕事がしたい!」
Vol.304
公文国際学園中等部・高等部
―模擬国連2019
国連大使になって英語で議論! 生徒主体で作り上げる模擬国連は グローバルな成長の場
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.054 後編
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
Vol.054 前編
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
Vol.053
教育実践「響の会」会長
角田明先生
愛情に満ちた厳しい目を注ぐことが 子どもを成長させる 「個」をみて教え導こう
Vol.052
國學院大學文学部哲学科教授
藤澤紫先生
江戸文化に「遊び心」があふれていたように 学びの中にも「遊び心」を見つけていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには
「夢」があります。
教育を通じて
世界平和に
貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。