OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/11/16更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん  後編

何ごとも続けることになる
その力が自信となって
チャレンジする勇気につながる

古瀬 里恵 (ふるせ りえ)
熊本県生まれ。3歳より姉の影響でエレクトーンを習い、7歳でピアノに転向、進学で上京する18歳まで続ける。獨協大学外国語学部フランス語学科に在学中、ジャズヴォーカリストとして活動を開始。卒業後、来日シンガーの通訳をしながらジャズクラブなどで歌い続け、ダンスミュージック・グループ “Chic(シック)” の元メンバー、ディーヴァ・グレイに師事。2009年より渡仏し、パリを拠点にグローバルな活動を開始。2010年、ベトナム・ホーチミン市で行われた48 Hour Film Projectにて、自身の楽曲を提供した短編映画が最優秀音楽賞を受賞。現在は、熊本民謡をジャズにアレンジするなどオリジナリティあふれる音楽スタイルを確立。

パリを拠点に、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東とグローバルに活躍するジャズヴォーカリストの古瀬里恵さん。幼少のころから歌とピアノが大好きでしたが、公文式の英語が楽しくて、将来は得意の語学を活かした仕事を、と考えていたそうです。ところが大学2年のとき、ジャズクラブを訪れたことで歌への情熱が再燃。目標に向かい、さまざまな決断と行動を重ね、ピンチを乗り越え、夢をかなえました。じつはその後押しとなったのは、公文式教室での学びだったそう。その「学び」とはどんなものだったのか、夢を実現するために大切にしてきたことなども含めてうかがいました。

渡仏するもビザ延長が困難に
アクションを起こせば解決策は必ず見つかる

古瀬里恵さん

「歌で生きていこう」と決めて大学を卒業した私は、外資系企業で派遣として働きながら歌い続けていました。2度目の転機は25歳のとき。知り合いに誘われ、アメリカのダンスミュージック・グループ“Chic(シック)”の元メンバー、ディーヴァ・グレイの通訳をフルタイムでする機会をいただいたことです。

シンガーとして経験豊富な彼女から、歌をはじめ、さまざまなことを教わりました。この経験が自信につながっただけでなく、彼女の友人でロバータ・フラック、マーカス・ミラーなどの世界的な一流アーティストが来日するとコンサートや楽屋に連れて行ってくれて。普通なら会えない一流の方々の演奏を間近で聞き、彼らと身近に接することで、自分の掲げた夢に少しずつ近づいている気がしました。

そんなあるとき、会員制クラブでの弾き語りのオファーをいただきました。最初は「弾き語りはやったことがないし……」と尻込みしていたのですが、「Yes」と言いなさい、とディーヴァから言われ、とりあえず「Yes」と言い、2週間後に迫った本番まで必死に練習し、なんとかこなしました。当時、そのクラブの専属シンガー/ピアニスト4人のうち私以外は経験豊富なネイティブの外国人、私はすぐクビになると思っていたのですが、結果的に1年以上続けることができて、これもうれしかったですね。

その後、新しい環境でチャレンジしたいと思うようになり、フランスに行くことに。ジャズの本場といえばニューヨークを連想すると思いますが、たくさんの日本人がすでに拠点にしているし、私は学生時代にせっかくフランス語を勉強したからということで、パリを選んだのです。1年間だけ、と思っていましたが、「もっとここで学びたい。まだチャレンジしたいことがたくさんある」と、結局今日までパリに住んでいます。

じつはその間、ビザの延長が難しくて、あきらめて帰国しようと思ったこともあります。するとパリの友人に「簡単にあきらめて帰るの?」といわれ、ハッとしました。それからどうやったらビザが取れるか必死で考え、行動しました。仕事を通じてご縁ができたフランス関係者の方々に連絡をとり、これまでの活動内容などを説明した書類を沢山提出した結果、無事にビザが発給されました。

ここから得た学びは「アクションを起こすことで何らかの解決策は必ず見つかる」ということ、「一人ではできないことは、周りに助けを求めることも大事」ということです。ビザ取得に限らず、ピンチのときにさまざまな方に助けられてきたのは、「何としてでも実現したい」というパッションが伝わったからかもしれません。感謝の気持ちでいっぱいです。

世界で活躍する古瀬さんの原動力とは?

関連記事

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2016/03/11更新

Vol.030 貼り絵作家 岡森 陽子さん

学びや経験の積み重ねは 貼り絵のように重なり合い その人自身の色として輝きを放つ

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

2017/07/14更新

Vol.045 国連UNHCR協会 島田祐子さん

どんなに難しい問題でも プロセスを踏めば解決できる 自分は何ができるのかを考えてみよう

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!