OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん  前編

何ごとも続けることになる
その力が自信となって
チャレンジする勇気につながる

古瀬 里恵 (ふるせ りえ)
熊本県生まれ。3歳より姉の影響でエレクトーンを習い、7歳でピアノに転向、進学で上京する18歳まで続ける。獨協大学外国語学部フランス語学科に在学中、ジャズヴォーカリストとして活動を開始。卒業後、来日シンガーの通訳をしながらジャズクラブなどで歌い続け、ダンスミュージック・グループ “Chic(シック)” の元メンバー、ディーヴァ・グレイに師事。2009年より渡仏し、パリを拠点にグローバルな活動を開始。2010年、ベトナム・ホーチミン市で行われた48 Hour Film Projectにて、自身の楽曲を提供した短編映画が最優秀音楽賞を受賞。現在は、熊本民謡をジャズにアレンジするなどオリジナリティあふれる音楽スタイルを確立。

パリを拠点に、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東とグローバルに活躍するジャズヴォーカリストの古瀬里恵さん。幼少のころから歌とピアノが大好きでしたが、公文式の英語が楽しくて、将来は得意の語学を活かした仕事を、と考えていたそうです。ところが大学2年のとき、ジャズクラブを訪れたことで歌への情熱が再燃。目標に向かい、さまざまな決断と行動を重ね、ピンチを乗り越え、夢をかなえました。じつはその後押しとなったのは、公文式教室での学びだったそう。その「学び」とはどんなものだったのか、夢を実現するために大切にしてきたことなども含めてうかがいました。

熊本で生まれ育った「パリに住む日本人」として
「自分にしかできない音楽」を追求

古瀬里恵さん

私はパリを拠点に、日本を含むさまざまな国で活動しています。1年のうち、4ヵ月から6ヵ月は日本を含む海外で公演をし、それ以外はパリで演奏、創作活動をしています。

パリは、言わずと知れたアートの首都。世界中から集まる個性あふれるアーティストが挑戦している街で、コンサート、お芝居、絵画鑑賞などに行くたびに、インスピレーションを受け、創作活動に不可欠なインスピレーションの源となっています。

今年9月中旬までは2ヵ月半、ハイクラスホテルでの専属演奏契約のため、中東のアブダビに滞在しました。中東は初めての訪問で、行く前は文化の違いに不安もありましたが、現地に行くとその不安は解消されました。やはり音楽は世界共通語なのだと思いを新たにしました。

ほかにアメリカ、シンガポール、ベトナム、韓国など、これまで8ヵ国で音楽活動をしてきました。地域が違っても、似たような音楽や楽器があり、言語でも似通った表現があるなど、いろいろな文化を知れば知るほど共通点が見えてくるのがおもしろいですね。人も同じで、文化やバックグラウンドが異なっていても、共通点は必ず見つけられると感じています。

もちろん違いもあります。10年暮らすフランスでは、メンタリティが日本のものと異なります。そして、「自分のアイデンティティは何か」をものすごく問われます。パリに渡った日本人の一人として、音楽を通して何を提案できるかを考えていくと、おのずとルーツをたどることになります。故郷熊本で見た風景、色、思い出、幼少期に聞いた音楽……そんな自分の中にあるさまざまな記憶の引き出しと、現在住んでいるパリで受けるインスピレーションなどが相まって、「私にしかできない音楽」をつくり続けているところです。

古瀬さんの原点となった公文式での学びとは?

関連記事

2018/11/16更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2017/10/06更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」  

2014/03/07更新

Vol.007 ボーカリスト 河野マリナさん

歌うことは大切なコミュニケーションツール自分をあきらめない強さと自信が夢へと導く

2014/03/14更新

Vol.007 ボーカリスト 河野マリナさん

歌うことは大切なコミュニケーションツール自分をあきらめない強さと自信が夢へと導く

2017/10/13更新

Vol.048 行動科学者・パブリックヘルス専門家
林英恵さん

「何になりたいか」ではなく 「何をやりたいか」

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!