OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/10/19更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん  後編

「伝え方」を学べば、
 人の心を動かし行動を変えられる。
 子どもたちの夢を後押しできる。

佐々木 圭一 (ささき けいいち)
1972年東京都生まれ。上智大学大学院を卒業後、1997年博報堂に入社、2014年クリエイティブブティック・株式会社ウゴカスを設立。日本人初、米国の広告賞「One Show Design」で金賞を獲得(Mr.Children)。カンヌ国際クリエイティブアワードにて、金賞を含む計6つのライオンを獲得するなど、合計55のアワードを入賞受賞。郷ひろみ・Chemistryの作詞家として、アルバムオリコン1位を2度獲得。著書『伝え方が9割』(ダイヤモンド社)シリーズは127万部を突破。

ベストセラー『伝え方が9割』シリーズの著者として知られるコピーライターの佐々木圭一さん。大学での講義や、企業での講演を通じて、日本のコミュニケーション能力のベースアップをめざして精力的に活動されています。そんな佐々木さんですが、じつは以前は人とコミュニケーションをとるのが苦手だったとのこと。佐々木さんがコトバの達人に至るまでの道のりや伝え方の大切さ、これからの夢などについてうかがいました。

3年間、コトバを書き写して気づいた法則とは

たとえば、映画『燃えよドラゴン』の「考えるな、感じろ」や、ドラマ『踊る大捜査線』シリーズの「事件は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きているんだ!」という名セリフ、アサヒビールのCMのコピー「コクがあるのに、キレがある」といったものがあります。これらは単語そのものは違いますが、正反対のコトバを使っています。正反対のコトバを使うと、印象的になることに気づいたんです。この「法則」は、『伝え方は9割』で「ギャップ法」として紹介しています。

このとき気づいたのは「ギャップ法」でしたが、これだけではなく、ほかにも法則があるはずだと思うようになりました。そうして意識してコトバに向き合うようにすると、いろいろな「法則」があることを発見しました。それらの法則については『伝え方が9割(2)』で、「強いコトバをつくる8つの技術」として紹介しています。

それまでは印象的なコトバは「ひらめき」や「センス」でつくるものと思っていました。しかし、ひらめかなくてもつくれるんだ、数学に公式があるようにコトバにも公式があるんだと気づきました。その法則に基づいてコピーを書くようになってから、私の人生は激変しました。数々の広告賞をいただくようになったのです。この気づきを、自分だけのものにしておくのはもったいない。伝えるのが苦手な人たちの助けになれば!と思って書いたのが『伝え方が9割』です。

じつはこのタイトル自体が「ナンバー法」という技術を使っています。この本は「伝え方が大切」という内容ですが、それをタイトルにしてしまっては、誰も手にとらないでしょう。「大切」を「9割」と、あえて数字にすることで、印象に残りますし、理解されやすくなります。

佐々木さんが家庭で実践されている伝え方とは?

関連記事

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

バックナンバー

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.333
教室で学ぶフランス語・ドイツ語
フランス語・ドイツ語学習を通じて 外国語学習の楽しさを知り、 新しい世界を広げる
Vol.332
子どもたちが「できた」を体感
「見て、ふれて、体感できる」が KUMON PARKのコンセプト 保護者の方のご質問にもお答えします
Vol.331
単位制高校(通信制)ミニフォーラム
学校と企業の協働 すべては生徒を伸ばしたい思いから ~公文式導入校の先生方の学びの活動~
Vol.330
English Immersion Day
学んだ英語を使ってみよう ~新たな夢や目標に向かって~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.058 後編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.058 前編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!