トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > オアシススタイルウェア代表取締役 中村有沙さん(後編)

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2021/09/24更新

Vol.081

オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん  後編

学びによって自分も世の中も変えていける
「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

中村 有沙 (なかむら ありさ)

神奈川県横浜市生まれ。東京大学経済学部卒業後、マンションの水道メンテナンス事業を手がける株式会社オアシスソリューションに入社。営業職として4年間活躍後、人事部を立ち上げる。採用難の解決と現場のイメージ改革を目指し、作業着のリニューアルプロジェクトを担当したことがきっかけで、スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」を考案。2017年12月株式会社オアシススタイルウェアの設立時に代表取締役に就任。3歳から公文式教室に通い、中学2年生まで算数・数学、国語、英語を学ぶ。

スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」を考案し、大ヒットに導いたオアシススタイルウェアの社長、中村有沙さん。意外なことに社会人になる前は内気で、「こんな自分に何ができるのか」悶々としていたといいます。そんな中村さんにとって、3歳から続けてきた公文式は「世界を広げてくれた存在」でした。知的好奇心を蓄えつつ、就職先に可能性を感じた水道工事会社を選び、自ら人事部をつくり、異業種のアパレル市場に進出し……と、活躍の幅を広げ、さらに前進中です。行動の原動力となったのは、自分や社会を「変えていきたい」という強い願いでした。

「内気な性格を変えたい」と
就職活動は営業職を希望

オアシススタイルウェア代表取締役中村有沙さん

中高は女子校で似たような環境の人が多かったのですが、入学した東京大学では女子はクラスに1割程度。地方から来た人、ずっと年上の人など、バックグラウンドの異なる人たちがたくさんいて刺激的でした。

当時印象に残っているのは、あるベンチャー企業の創業者の講演です。企業が利益を上げることの大切さを説いた上で、今はない事業を立ち上げることで多くの人が助かる可能性があり、既存の仕事を守っていくことも大事だけれど、そうではないところに目を向けるとおもしろくなる、というような内容でした。それを聞いて、ゼロから事業を立ち上げることに興味を持つようになりました。

そんなふうに感化される一方で、現実の私はやっぱり内気で友だちも少なく、何か持っているわけでもない。勉強が得意だったから受験はうまくいったけど、ただそれだけ。そんな自分に何ができるのか悶々とし、自分を変えたいという気持ちが大きくなりました。子どものときからずっと、積極的で友だちの多い同級生がうらやましく、「自分もあんなふうに社交的になれば人生が変わるかも」と思っていたのです。

就職活動も、「引っ込み思案な自分を少しでも変えたい」と思い、営業をやらせてくれる会社を探しました。でも面接に行っても、受け答えの印象から営業ではなく経理部を進められることもよくありました。そんな中、「営業をやりたいならがんばってみる?」と背中を押してくれたのが水道工事のオアシスグループでした。

自分でもできるのかどうかと思いながらも粘れたのは、40歳過ぎの先輩に、「今の時点での向き不向きは当てにならないから、やりたい気持ちを重視したほうがいい」と助言されたことが影響しています。

就活はベンチャー企業や中小企業に絞りました。大きな会社で今人気の事業をやるよりも、小さい会社を大きくする過程に携わるほうがおもしろいのではと考えたからです。ただ、当時の旬なベンチャー企業はゲームアプリ開発がほとんどでした。私はゲームには興味がなく、生活に密着した事業に関心がありました。そんな時、たまたま求職サイトで見つけたのが、入社を決めたオアシスグループでした。地味ではありますが、水道工事は生活に欠かせませんし、説明会で代表の話を聞き、おもしろそうな会社だなと興味を引かれたのです。そこに就職が決まると、両親は驚くと同時に、「大丈夫……?」と心配顔。説得に1ヵ月かかりましたが、最終的には「やりたいならがんばって」と応援してくれました。

入社後に経験した営業職と人事職

関連記事

2021/09/17更新

Vol.081 オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん

学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2021/05/07更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2018/10/19更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2022/02/25更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!