トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > コピーライター 佐々木圭一さん(前編)|KUMON now!OBOGインタビュー

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん  前編

「伝え方」を学べば、
 人の心を動かし行動を変えられる。
 子どもたちの夢を後押しできる。

佐々木 圭一 (ささき けいいち)
1972年東京都生まれ。上智大学大学院を卒業後、1997年博報堂に入社、2014年クリエイティブブティック・株式会社ウゴカスを設立。日本人初、米国の広告賞「One Show Design」で金賞を獲得(Mr.Children)。カンヌ国際クリエイティブアワードにて、金賞を含む計6つのライオンを獲得するなど、合計55のアワードを入賞受賞。郷ひろみ・Chemistryの作詞家として、アルバムオリコン1位を2度獲得。著書『伝え方が9割』(ダイヤモンド社)シリーズは127万部を突破。

ベストセラー『伝え方が9割』シリーズの著者として知られるコピーライターの佐々木圭一さん。大学での講義や、企業での講演を通じて、日本のコミュニケーション能力のベースアップをめざして精力的に活動されています。そんな佐々木さんですが、じつは以前は人とコミュニケーションをとるのが苦手だったとのこと。佐々木さんがコトバの達人に至るまでの道のりや伝え方の大切さ、これからの夢などについてうかがいました。

伝え方は「センス」ではなく「技術」。
だから誰でも学ぶことができる

先日、こんなことがありました。ある店でランチを食べ終わったとき、店のスタッフから「広く使ってくださいね、このお皿片づけますから」と声をかけられたんです。そのコトバで私は、自然とお皿を重ねてテーブルの端に置きました。スタッフにとってはお皿が早く片づき、私も「ステキな言い方だな」と、気分がよくなりました。双方がハッピーになったのです。でも、もし「お皿、片づけます」とだけ言われるとどうでしょう。「早く帰ってほしいのかな……」と思ってしまったり、言い方によってはちょっとムッとしたりしますよね。

こんなふうに、伝え方ひとつで人の心は動き、行動が変わります。「伝え方」というのは、私は「センス」ではなく「技術」だと思っています。つまり、学べば誰でも獲得することができるのです。そのエッセンスをまとめたのが、『伝え方が9割』です。

たとえば本書では、「相手にイエスといってもらう」ための切り口を7つ紹介しています。冒頭の例は、そのうちの1つ、「相手の好きなこと」という切り口です。相手の好きなこと、相手にメリットになるようなことを伝えると、印象もよく、「イエス」と言ってもらえる可能性が高くなります。

私のメインの仕事は、企業のキャッチコピーや商品のネーミングをつくるコピーライターです。クリエイティブディレクターとして、企業CMの制作を手がけることもあります。
最近手がけた仕事のひとつをご紹介すると、福岡県のキャッチコピー「ご来福しよう」というのがあります。「福岡に来て」という意味ですが、「ご来福」という自分にも福が来そうな縁起の良い響きは、私自身も気に入っています。福岡には神社も多く、県のサイトでは、このコピーとともに県内各地のパワースポットを紹介しています。ただ単に「来てください」ではなく、言われた人もうれしくなる。そんなコピーづくりをめざしています。

『伝え方が9割』を書いてからは、企業の講演に招かれることも多く、年間80社ほどの企業にうかがっています。テレビのコメンテーターをすることもあります。「いろいろなことをしていますね」といわれますが、「コトバを扱う」という点ではすべて同じです。私としては、同じことを別の切り口でやっていると考えています。

公文式と『伝え方が9割』の関連性とは?

関連記事

2018/10/19更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

調査・研究・アンケート  2019/05/28更新

Vol.308 現役大学生が考える英語とは②

イマドキの大学生の 英語観の変化とは? 「関西学生Jazz Festival 2019 大学生アンケート」結果

KUMONグループの活動  2016/08/23更新

Vol.169 フィリピンでのKUMON

よりよい世界に向かって 未来を信じ、 可能性を広げていく子どもたち

子育て・家庭学習  2013/11/19更新

Vol.012 Baby Kumon

開発者に聞く! Baby Kumonのヒミツ

KUMONグループの活動  2017/06/13更新

Vol.213 Baby Kumon 5周年

毎日の子育てをみんなで楽しむ 「Baby Kumonやりとりひろば」が オープン!

バックナンバー

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.361
くもんの「童謡カード」と「歌二百 読み聞かせ一万 賢い子」
「ことばを教えるには歌が一番よい」 -公文公の想い
Vol.360
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点③            <可能性の追求>
Vol.359
公文国際学園―模擬国連2020
生徒主体で運営する模擬国連 さまざまな国の現状を知り 国際問題の議論を通して視野の広がりを実感
Vol.358
KUMONの子ども文化研究
浮世絵などの貴重な文化史料から 子育てや子ども文化をあらためて学ぶ
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!