トップ > KUMON now! > OB・OGインタビュー > コピーライター 佐々木圭一さん(前編)|KUMON now!OBOGインタビュー

OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん  前編

「伝え方」を学べば、
 人の心を動かし行動を変えられる。
 子どもたちの夢を後押しできる。

佐々木 圭一 (ささき けいいち)
1972年東京都生まれ。上智大学大学院を卒業後、1997年博報堂に入社、2014年クリエイティブブティック・株式会社ウゴカスを設立。日本人初、米国の広告賞「One Show Design」で金賞を獲得(Mr.Children)。カンヌ国際クリエイティブアワードにて、金賞を含む計6つのライオンを獲得するなど、合計55のアワードを入賞受賞。郷ひろみ・Chemistryの作詞家として、アルバムオリコン1位を2度獲得。著書『伝え方が9割』(ダイヤモンド社)シリーズは127万部を突破。

ベストセラー『伝え方が9割』シリーズの著者として知られるコピーライターの佐々木圭一さん。大学での講義や、企業での講演を通じて、日本のコミュニケーション能力のベースアップをめざして精力的に活動されています。そんな佐々木さんですが、じつは以前は人とコミュニケーションをとるのが苦手だったとのこと。佐々木さんがコトバの達人に至るまでの道のりや伝え方の大切さ、これからの夢などについてうかがいました。

伝え方は「センス」ではなく「技術」。
だから誰でも学ぶことができる

佐々木圭一さん

先日、こんなことがありました。ある店でランチを食べ終わったとき、店のスタッフから「広く使ってくださいね、このお皿片づけますから」と声をかけられたんです。そのコトバで私は、自然とお皿を重ねてテーブルの端に置きました。スタッフにとってはお皿が早く片づき、私も「ステキな言い方だな」と、気分がよくなりました。双方がハッピーになったのです。でも、もし「お皿、片づけます」とだけ言われるとどうでしょう。「早く帰ってほしいのかな……」と思ってしまったり、言い方によってはちょっとムッとしたりしますよね。

こんなふうに、伝え方ひとつで人の心は動き、行動が変わります。「伝え方」というのは、私は「センス」ではなく「技術」だと思っています。つまり、学べば誰でも獲得することができるのです。そのエッセンスをまとめたのが、『伝え方が9割』です。

たとえば本書では、「相手にイエスといってもらう」ための切り口を7つ紹介しています。冒頭の例は、そのうちの1つ、「相手の好きなこと」という切り口です。相手の好きなこと、相手にメリットになるようなことを伝えると、印象もよく、「イエス」と言ってもらえる可能性が高くなります。

私のメインの仕事は、企業のキャッチコピーや商品のネーミングをつくるコピーライターです。クリエイティブディレクターとして、企業CMの制作を手がけることもあります。
最近手がけた仕事のひとつをご紹介すると、福岡県のキャッチコピー「ご来福しよう」というのがあります。「福岡に来て」という意味ですが、「ご来福」という自分にも福が来そうな縁起の良い響きは、私自身も気に入っています。福岡には神社も多く、県のサイトでは、このコピーとともに県内各地のパワースポットを紹介しています。ただ単に「来てください」ではなく、言われた人もうれしくなる。そんなコピーづくりをめざしています。

『伝え方が9割』を書いてからは、企業の講演に招かれることも多く、年間80社ほどの企業にうかがっています。テレビのコメンテーターをすることもあります。「いろいろなことをしていますね」といわれますが、「コトバを扱う」という点ではすべて同じです。私としては、同じことを別の切り口でやっていると考えています。

公文式と『伝え方が9割』の関連性とは?

関連記事

2018/10/19更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

調査・研究・アンケート  2019/05/28更新

Vol.308 現役大学生が考える英語とは②

イマドキの大学生の 英語観の変化とは? 「関西学生Jazz Festival 2019 大学生アンケート」結果

KUMONグループの活動  2016/08/23更新

Vol.169 フィリピンでのKUMON

よりよい世界に向かって 未来を信じ、 可能性を広げていく子どもたち

2018/11/30更新

Vol.051 跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生

心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!