KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

学習者・OBOG  2016/06/21更新

Vol.157 未来を創る仕事-グンゼ  

楽しみながら根気よく
くり返しやることで新たな力が生まれる

グンゼ株式会社 西堀公人さん

現在、日本国内における公文式学習者OB・OGは1,000万人以上。多くの方々が、さまざまな企業・団体の一員として「未来を創る仕事」に関わっています。今回お話をうかがうのは、繊維メーカー・グンゼで新製品の製造装置の開発にたずさわる公文式OB。研究開発の現場でも必要な「根気よく続けることの大切さ」は、公文式学習で気づかされたと振り返ります。

―― 今のお仕事についてきかせてください。

グンゼ株式会社
研究開発部 第一研究室
西堀 公人(にしぼり きみと)さん

グンゼの注力商品のひとつである、快適性を追求した肌着を作る装置開発と省力化に取り組んでいます。当社の商品でも最近は、縫い目がない完全無縫製のインナーが人気になっていて、とくに敏感肌の方に喜ばれています。

このほか私が所属している研究開発部 第一研究室では、繊維加工に関する研究と生理学的研究を通じて、よりよい心地よさやさらなる快適性を追求した、新たな製品開発と医療用具の研究を行っています。

―― どのような経緯で現在の道に進んでこられたのですか?

じつは小さいころはプロ野球選手を目指して、とにかく毎日野球に夢中でした。小学校のスポーツ少年団に始まって、大学までずっと野球一筋。私は投手だったのですが、大学時代に肘を故障してしまったことで、野球の道をあきらめざるをえなくなりました。このときは絶望の底に落ち込んだのですが、何とか気持ちを切り替えて、大学で専攻していた機械工学に向き合い、前を向いて将来を考えるようになりました。

そんななか、スポーツにも密接に関連するインナーウェアの製品開発に興味がわいたことや、チームワークを大事にする会社の雰囲気が自分に合っていると感じて、グンゼに就職しました。

―― 公文式学習の思い出についてきかせてください。

算数がずっと苦手で、それこそ問題を解くのに人の5倍も時間がかかり、しかも答えを間違えているような子どもでした(苦笑)。そんな私を見かねて、母親のすすめで小学5年生のころから公文の教室に通うことになりました。

初めは小学1年生くらいのたし算やひき算のプリントをひたすら解くところからスタートしました。これには正直なところ、恥ずかしいという思いもあったのですが、「やらなあかん、必要なことだから!」と自分自身を納得させて取り組んできました。算数の力がついてきているのを明らかに感じるようになり、英語と国語の学習も開始しました。公文以外の時間は野球漬けの毎日でしたが、最終的には中学2年生まで公文の教室でお世話になりました。数学は高校生レベルの内容まで学んでいたと記憶しています。

公文の学習で集中してくり返しやること、基礎的なところから根気よく取り組むことの大切さはこのときに身についたと思います。この点は、現在の装置開発における、「設計→試作→導入→改善」という仕事のサイクルにも通じているのではないかと思います。

西堀さんが仕事を通じて実現したい夢とは?

関連記事

学習者・OBOG  2014/09/02更新

Vol.052 未来を創る仕事-サントリー

「やってみなはれ」の精神で 理念や思いを形にする サントリー酒類株式会社 澤田美穂さん

学習者・OBOG  2015/09/15更新

Vol.103 未来を創る仕事-JAL

積み重ねた経験は 自分を助ける道具になる 達成感こそパイロットの醍醐味 日本航空株式会社 櫻井聡史さん

学習者・OBOG  2016/02/08更新

Vol.135 未来を創る仕事-オムロン

自分の可能性に自信を持つことで さらなる成長にチャレンジできる オムロン株式会社 井垣勉さん

学習者・OBOG  2015/01/20更新

Vol.071 未来を創る仕事-日本ユネスコ協会連盟

小さなことの積み重ねが 大きなことを成し遂げる力になる公益社団法人日本ユネスコ協会連盟宍戸亮子さん

学習者・OBOG  2014/08/05更新

Vol.048 未来を創る仕事-富士通

考え抜いたイメージを 設計図に描いて形にする喜び 富士通株式会社 吉田利雄さん

バックナンバー

KUMONグループの活動  2021/01/19更新

Vol.387 特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)

子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生

KUMONグループの活動  2021/01/12更新

Vol.386 公文書写-家族で学習

どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~

KUMONグループの活動  2021/01/05更新

Vol.385 浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」

新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~

KUMONグループの活動  2020/12/22更新

Vol.384 ~創始者公文公の言葉より~

    公文式の原点⑨            <100点主義>

KUMONグループの活動  2020/12/15更新

Vol.383 浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち

寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.074 後編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.074 前編
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
Vol.073
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!