OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/12/08更新

Vol.050

株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん  後編

自分の信じた道を突き進むことで
「やっててよかった」がいつか訪れる

藤井 祐介 (ふじい ゆうすけ)

1980年岐阜県生まれ。公文国際学園中等部・高等部、京都大学理学部物理学科卒業後、東京大学大学院理学研究科修士課程修了。専門は素粒子物理学。大学院在学中の2003年にはスイスで行われた素粒子の実験「ATLAS(アトラス)」のチームメンバーとして、スイスにある実験施設の性能テストに赴いた。2006年より日立製作所に入社し、北海道大学と協力しながら動体追跡粒子線がん治療装置の開発に携わる。2017年には、公益社団法人発明協会が主催した「全国発明表彰」で、この動体追跡粒子線がん治療装置が恩賜発明賞を受賞。公文式は小2から教室に通い始め、算数・数学、英語、国語を学習。公文国際学園でも学習を続け、中2からは公文式フランス語も学習した。

日立製作所の研究員として、がん細胞に放射線を当てて壊す放射線治療を、治療の難しいがんでも可能にする技術の開発に携わっている藤井祐介さん。岐阜県の出身で、中学入学から親元を離れ、神奈川県にある公文国際学園に進学。同校の1期生という立場で個性的な級友たちとの交流を深めながら、のびのびと自分の強みを伸ばしていきました。藤井さんのモットーは、「ほかの人がやらないことをやること」。研究の第一線で活躍する藤井さんに、その道のりをうかがいました。

「人と違う道」を選んで勝負をしてきた

藤井祐介さん

京都大学理学部の物理学科に進学しようと思ったのは、特に何かを目指していたからというわけではありませんでした。数学と物理が得意だったので理系に進もうと思っていて、理系でレベルの高いところはどこかという理由で選びました。物理が好きなのは、世の中の現象がすべて数式で表現できることが楽しいなと感じたからです。学校や予備校の物理の授業も楽しかったですね。

一方で、文系科目は苦手でした。公文国際学園は帰国子女も多くて、英語ができる人が多かったんです。私はそんな同級生たちに対抗しようとは考えず、中2の頃から選択の授業で公文式フランス語を学び始めました。自分が身につけたフランス語の力をさらに伸ばしたいと、高校1年生の時にはフランスにホームステイにも行きました。これは学校のカリキュラムではなく、自分で勝手に行くことを決めたので、先生に頭を下げて回って期末試験を受けずに行ってきました。両親には「ホームステイに行きたい」と言うと、このときも何も反対せずに応援してくれました。

そして大学受験のときには、英語の代わりに外国語はフランス語を選択して受験しました。参考書も多少は使いましたが、ほとんど公文式フランス語教材で受験に対応できたと感じています。ただ、そうやって英語を避けてきたので、研究者の仕事をするようになってとても苦労しています。なにせ学会も論文も英語だらけですから……。

私の人生は、中学からフランス語を学んだり、大学から別の大学の大学院に移ったりと、人とは違った道を進んで勝負してきたところがあります。王道の道を進むと、すごい人は本当にすごいということに打ちのめされることがあります。たとえば、自分は子どもの頃算数が得意でしたが、いざ公文国際学園に進むと、数学オリンピックに出場できるレベルの生徒がいたりして、「どうがんばっても逆転できないな」と思うことがありました。

部活にラグビーを選んだのも、たとえばサッカーなら小学校からやっていて自分よりうまい人がたくさんいたのに対して、ラグビーならほとんどの生徒が中学からのスタートだったから。こういう「多くの人と違う道を進む」というポリシーは、研究者という仕事でも大切です。研究というのは何か人がやっていないことを探していかなければいけないですからね。

藤井さんが研究者ではなく企業の研究員になった経緯とは?

関連記事

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2017/01/13更新

Vol.040 森林政策学者 東南アジア地域研究
原田一宏先生

人生は一度で決めなくていい 回り道の経験は無駄にはならない 可能性が1%でもあれば挑戦しよう

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2016/08/05更新

Vol.035 経済学者 澤田康幸先生

学びの本質とは 「新しい発見」に行きつくこと 努力を怠らずにやり抜こう

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!