OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん  後編

自分の信じた道を突き進むことで
「やっててよかった」がいつか訪れる

藤井 祐介 (ふじい ゆうすけ)
1980年岐阜県生まれ。公文国際学園中等部・高等部、京都大学理学部物理学科卒業後、東京大学大学院理学研究科修士課程修了。専門は素粒子物理学。大学院在学中の2003年にはスイスで行われた素粒子の実験「ATLAS(アトラス)」のチームメンバーとして、スイスにある実験施設の性能テストに赴いた。2006年より日立製作所に入社し、北海道大学と協力しながら動体追跡粒子線がん治療装置の開発に携わる。2017年には、公益社団法人発明協会が主催した「全国発明表彰」で、この動体追跡粒子線がん治療装置が恩賜発明賞を受賞。公文式は小2から教室に通い始め、算数・数学、英語、国語を学習。公文国際学園でも学習を続け、中2からは公文式フランス語も学習した。

日立製作所の研究員として、がん細胞に放射線を当てて壊す放射線治療を、治療の難しいがんでも可能にする技術の開発に携わっている藤井祐介さん。岐阜県の出身で、中学入学から親元を離れ、神奈川県にある公文国際学園に進学。同校の1期生という立場で個性的な級友たちとの交流を深めながら、のびのびと自分の強みを伸ばしていきました。藤井さんのモットーは、「ほかの人がやらないことをやること」。研究の第一線で活躍する藤井さんに、その道のりをうかがいました。

「人と違う道」を選んで勝負をしてきた

京都大学理学部の物理学科に進学しようと思ったのは、特に何かを目指していたからというわけではありませんでした。数学と物理が得意だったので理系に進もうと思っていて、理系でレベルの高いところはどこかという理由で選びました。物理が好きなのは、世の中の現象がすべて数式で表現できることが楽しいなと感じたからです。学校や予備校の物理の授業も楽しかったですね。

一方で、文系科目は苦手でした。公文国際学園は帰国子女も多くて、英語ができる人が多かったんです。私はそんな同級生たちに対抗しようとは考えず、中2の頃から選択の授業で公文式フランス語を学び始めました。自分が身につけたフランス語の力をさらに伸ばしたいと、高校1年生の時にはフランスにホームステイにも行きました。これは学校のカリキュラムではなく、自分で勝手に行くことを決めたので、先生に頭を下げて回って期末試験を受けずに行ってきました。両親には「ホームステイに行きたい」と言うと、このときも何も反対せずに応援してくれました。

そして大学受験のときには、英語の代わりに外国語はフランス語を選択して受験しました。参考書も多少は使いましたが、ほとんど公文式フランス語教材で受験に対応できたと感じています。ただ、そうやって英語を避けてきたので、研究者の仕事をするようになってとても苦労しています。なにせ学会も論文も英語だらけですから……。

私の人生は、中学からフランス語を学んだり、大学から別の大学の大学院に移ったりと、人とは違った道を進んで勝負してきたところがあります。王道の道を進むと、すごい人は本当にすごいということに打ちのめされることがあります。たとえば、自分は子どもの頃算数が得意でしたが、いざ公文国際学園に進むと、数学オリンピックに出場できるレベルの生徒がいたりして、「どうがんばっても逆転できないな」と思うことがありました。

部活にラグビーを選んだのも、たとえばサッカーなら小学校からやっていて自分よりうまい人がたくさんいたのに対して、ラグビーならほとんどの生徒が中学からのスタートだったから。こういう「多くの人と違う道を進む」というポリシーは、研究者という仕事でも大切です。研究というのは何か人がやっていないことを探していかなければいけないですからね。

藤井さんが研究者ではなく企業の研究員になった経緯とは?

関連記事

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

調査・研究・アンケート  2015/01/27更新

Vol.072 大学生意識調査 -東京大学編

東大生がいまふり返る“心に残った教育”とは?「子どものころ、親にしてもらって感謝している教育とは?」現役東大生100人が回答

2014/07/04更新

Vol.011 数学者 河東泰之さん

未だ見ぬ世界を解き明かすための「数学」というコトバ

2014/07/11更新

Vol.011 数学者 河東泰之さん

未だ見ぬ世界を解き明かすための「数学」というコトバ

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

バックナンバー

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.361
くもんの「童謡カード」と「歌二百 読み聞かせ一万 賢い子」
「ことばを教えるには歌が一番よい」 -公文公の想い
Vol.360
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点③            <可能性の追求>
Vol.359
公文国際学園―模擬国連2020
生徒主体で運営する模擬国連 さまざまな国の現状を知り 国際問題の議論を通して視野の広がりを実感
Vol.358
KUMONの子ども文化研究
浮世絵などの貴重な文化史料から 子育てや子ども文化をあらためて学ぶ
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.062 後編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.062 前編
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
Vol.060
合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん
プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!