OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/02/16更新

Vol.052

サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん  後編

目に見える形にすることで
科学の面白さと正しさ

より多くの人に伝えられる

工藤 光子 (くどう みつこ)

1970年、神奈川県生まれ。名古屋大学大学院理学研究科生命科学専攻修了。1996年よりJT生命誌研究館に勤務。2004年に出産を機に退職し、2008年までアメリカとドイツで暮らす。帰国後、2010年より立教大学理学部にサイエンスコミュニケーションプロジェクトのプログラムコーディネーターとして採用され、2013年から特任准教授に。教鞭をとる傍ら、2011~2016年には新学術領域「細胞壁情報処理機能」広報担当として、ホームページ制作や移動展示作成を行う。2016年より国際生物学オリンピック日本委員会の運営委員も務める。

工藤先生は、科学分野の最新の研究を一般の人に向けてわかりやすく解説する「サイエンスコミュニケーター」という仕事に携わっています。その仕事の役に立っているのが、なんと子どもの頃からの趣味である手芸とのこと! 科学と手芸という一見関係なさそうな分野を組み合わせて、独自の方法で科学の魅力を一般の人に伝えている工藤先生。プライベートでは2児の母でもあります。出産・子育てを経てどのようにキャリアを積んできたのかなども含め、これまでの道のりをうかがいました。

妊娠を機に働き方を見直し、5年間専業主婦に

工藤光子さん

JT生命誌研究館では毎日午前様で帰宅するくらい、思いっきり仕事に没頭していました。若くして管理職になったので、さまざまな体験をさせてもらいました。そんなときに妊娠が判明。しかも、夫は研究のためアメリカに。夫についていくか悩みましたが、そろそろ働き方を変えないとだめだとも思っていました。というのも、当時は仕事が忙しく、インプットが足りないと感じていたからです。

もちろん、仕事としてアウトプットする前提のインプットはできたのですが、仕事とは直接関係のない、たとえば科学史や科学哲学について学びたくても、仕事が忙しすぎてそんな暇が全然なかった。それで一度現場を離れてみようと決心し、1人目の妊娠8ヵ月のときにアメリカに渡ったんです。

渡米後もできる範囲で仕事を続けていましたが、その後今度は夫がドイツへ行きたいとなりまして……。このときばかりは職場と働き方の条件面が折り合わず、結局退職することになりました。ドイツで2人目を出産し、下の子が幼稚園に入るまでは専業主婦として過ごしたというわけです。

子育てを通して、私自身さまざまな面で成長したと感じています。仕事をするうえで、自分に新しいチャンネルが増えたからです。仕事というのは、来たら処理するものですよね。でも、子育てはそうはいかない。子どもが成人するまでは20年と大変長いし、特に小さいうちは24時間365日関わらなければいけない。それに、仕事は成果を明確にイメージできることも多いですが、子育てはそれが難しい。子どもは別人格ですから、完璧にはコントロールできません。

「いったん受け入れる」「待つ」という部分の対応力は、子育てを通して徹底的に鍛えられました。そしてそれは仕事にも役立ちました。「あ、この案件はいったん受け入れておくけれど、あまり触らないほうがいいな」という判断ができるようになったり。私の仕事である“伝える”という観点でも、「お母さん」というくくりで、ずいぶん多くの方に伝えられることがあるなとも思います。

工藤先生から若者たちへのメッセージ

関連記事

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

子育て・家庭学習  2019/03/12更新

Vol.299 家庭学習調査2018(2)
わが子のこと、どれだけ把握していますか?

家庭学習調査から見える 「子どもの家での過ごし方」と 母親と父親の関わり方の違いとは? (2)

2020/05/29更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.393
家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!