OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん  前編

目に見える形にすることで
科学の面白さと正しさ

より多くの人に伝えられる

工藤 光子 (くどう みつこ)
1970年、神奈川県生まれ。名古屋大学大学院理学研究科生命科学専攻修了。1996年よりJT生命誌研究館に勤務。2004年に出産を機に退職し、2008年までアメリカとドイツで暮らす。帰国後、2010年より立教大学理学部にサイエンスコミュニケーションプロジェクトのプログラムコーディネーターとして採用され、2013年から特任准教授に。教鞭をとる傍ら、2011~2016年には新学術領域「細胞壁情報処理機能」広報担当として、ホームページ制作や移動展示作成を行う。2016年より国際生物学オリンピック日本委員会の運営委員も務める。

工藤光子さんは、科学分野の最新の研究を一般の人に向けてわかりやすく解説する「サイエンスコミュニケーター」という仕事に携わっています。その仕事の役に立っているのが、なんと子どもの頃からの趣味である手芸とのこと! 科学と手芸という一見関係なさそうな分野を組み合わせて、独自の方法で科学の魅力を一般の人に伝えている工藤さん。プライベートでは2児の母でもあります。出産・子育てを経てどのようにキャリアを積んできたのかなども含め、これまでの道のりをうかがいました。

サイエンスコミュニケーターのパイオニアとして


工藤先生は着物が好きで、スーツを着るような
シチュエーションには着物を着ているとのこと。

私は日本でおそらく一番初めに「サイエンスコミュニケーター」という職業を名乗った人物だという自負があります。サイエンスコミュニケーターとは、「科学に関する情報を伝える人」のこと。ですから、科学雑誌を作っている人、理科の教科書を作っている人、理科の先生、科学館の職員も、広い意味ではサイエンスコミュニケーターといえますね。

私自身は生物・自然・医学などのライフサイエンスの分野で、科学の成果をビジュアル化することを得意としています。もちろん文章も書きますが、言葉で書かれたものを理解できる人は、放っておいても自分で勉強できます。一方で、専門的な知識を持たない人はビジュアルからのほうが理解しやすいものです。そこで私は一般の方々に向けて、科学に対する興味を持ってもらうために、ビジュアル化に力を入れているというわけです。

アウトプットの場は、映像や科学館での展示、ホームページなど、さまざまなジャンルです。特に私の専門とするライフサイエンスの分野というのは、DNAや細胞、タンパク質など、顕微鏡で見えるか見えないかの小さいものが多い。ですから、それらを目に見える形にしてあげることが、わかりやすく解説するための第一歩ですね。

たとえば、植物の細胞壁についての展示を行ったときには、ビーズを使って細胞壁の構造を表現しました。細胞壁は、さまざまな種類の糖が鎖のようにつながってできています。なので、糖の種類によってビーズの色を変えて、結合の違いによって、ワイヤーの通し方を変えて、それを実際の細胞壁の構造のように再現しました。

たいていの方は作り手のそういう細かいこだわりまではなかなかわからないと思うのですが、専門家は「ほお~、こんなふうに再現しているのか」と驚いてくれます。そうやって、科学の知識を正しく、でも一般の皆さんにもわかりやすく伝えるというのが私の仕事です。

サイエンスコミュニケ―ターとして「論文を演奏する」とは?

関連記事

2018/02/16更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

バックナンバー

2019/12/13更新

Vol.066 ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん

楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.059 後編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.059 前編
慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生
「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう
Vol.058
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!