OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/10/09更新

Vol.025

サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん  前編

「科学」は人間の好奇心の結晶
科学の視点を知ることで
日常はもっと楽しくなる

内田 麻理香 (うちだ まりか)

千葉県生まれ。渋谷教育学園幕張高校から東京大学工学部応用化学科へ。2009年に東京大学大学院工学系研究科広報室の特任研究員に。 現在は執筆業及びサイエンスコミュニケーターとして活動するかたわら、 東京大学大学院学際情報学府博士課程(専門:サイエンスコミュニケーション)に在籍。 主な著作に『カソウケンへようこそ』(講談社)、最新刊は『もっと!おうちの科学』(丸善出版)。

一般の人々と科学の専門知識の橋渡しをする「サイエンスコミュニケーター」。東日本大震災以降とくにその役割が注目されるこの仕事で、執筆や講演を通じて科学のおもしろさを伝える活動を続ける内田麻理香さん。小さい頃から実験好きだったという内田さんの学びの原点、そして「科学」に寄せる思いについてうかがいました。

主婦として家の中で再会した「科学」

サイエンスコミュニケーター 内田麻理香さん 私の仕事は、多くの人に科学というものを知っていただくことです。科学に関する執筆のほかに、子ども向けの実験教室や、大人向けの講演会も開催しています。さらにもうひとつ現在力を入れているのは、理系に進む女子の支援です。女子高生が進路に迷ったときにだいたいの子が文系を選んでしまう。しかもその原因が親や先生の勧めだったりする研究結果もあります。理系に進むことを躊躇している女子に、研究者・技術者以外にも面白い職業があるということを伝えたい。私のようなサイエンスコミュニケーターもいますし、科学の知識を活かしてイラストレーターや編集者をしている方もいます。

 とはいうものの、かつての私は自分の理系の才能に限界を感じていました。だからといって文系で何かできるわけでもない。それでちょうど中間にある弁理士の仕事をやりたいと思っていたんです。ただ家庭の事情もあって資格の取得を断念。それで専業主婦になったわけですが、なにせ勉強しかしてこなかったので、何より家事が苦手で……(苦笑)。自分でもあきれるんですけど、たとえばあんかけを作れば、片栗粉と小麦粉を間違える。お菓子づくりではいくら卵白を泡立ててもメレンゲにならない。それで卵を1パック使い切ってしまったことすらあります。

ではなぜ、卵白が泡立たなかったのか? それは、容器に油がついていたからなんです。空気に触れると卵白のタンパク質に変性が起きて骨格を作り、その中に空気を含んでカサが増えるのでフワフワになるのです。だけど油はその構造を壊してしまう。卵白を泡立てるとき、「きれいなボウルを使いましょう」とたいていのレシピに書かれているのはそういうことです。 

そして、片栗粉と小麦粉で固まり方が違うのにも理由があります。でんぷんは水と熱を加えると“糊化”を起こしますが、その糊化するときの温度と粘度が小麦粉と片栗粉では異なります。片栗粉は小麦粉より低い温度で糊化するのです。

こうした事柄を私は「見えない科学」と呼んでいます。学校で教わる科学は「見える科学」で、いかにも科学という顔で存在しています。ただ家の中にも、このような「普段着の科学」が存在するんです。私は専業主婦になって科学から離れていたと思っていましたが、家の中でまた科学と出会うことができました。科学との再会を果たした気分でうれしくなったのがきっかけで、家庭科学総合研究所=「カソウケン」という、家庭の日常を科学するサイトを立ち上げました。

※「カソウケン」のサイトは、記事末尾の関連リンクをご参照ください。

「確認したがり」でいろいろな実験をした幼少期

 

関連記事

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2018/02/16更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2016/12/09更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」をイメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.393
家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!