OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん  前編

「科学」は人間の好奇心の結晶
科学の視点を知ることで
日常はもっと楽しくなる

内田 麻理香 (うちだ まりか)
千葉県生まれ。渋谷教育学園幕張高校から東京大学工学部応用化学科へ。2009年に東京大学大学院工学系研究科広報室の特任研究員に。 現在は執筆業及びサイエンスコミュニケーターとして活動するかたわら、 東京大学大学院学際情報学府博士課程(専門:サイエンスコミュニケーション)に在籍。 主な著作に『カソウケンへようこそ』(講談社)、最新刊は『もっと!おうちの科学』(丸善出版)。

一般の人々と科学の専門知識の橋渡しをする「サイエンスコミュニケーター」。東日本大震災以降とくにその役割が注目されるこの仕事で、執筆や講演を通じて科学のおもしろさを伝える活動を続ける内田麻理香さん。小さい頃から実験好きだったという内田さんの学びの原点、そして「科学」に寄せる思いについてうかがいました。

主婦として家の中で再会した「科学」

ob_vol025_1_img_01 私の仕事は、多くの人に科学というものを知っていただくことです。科学に関する執筆のほかに、子ども向けの実験教室や、大人向けの講演会も開催しています。さらにもうひとつ現在力を入れているのは、理系に進む女子の支援です。女子高生が進路に迷ったときにだいたいの子が文系を選んでしまう。しかもその原因が親や先生の勧めだったりする研究結果もあります。理系に進むことを躊躇している女子に、研究者・技術者以外にも面白い職業があるということを伝えたい。私のようなサイエンスコミュニケーターもいますし、科学の知識を活かしてイラストレーターや編集者をしている方もいます。

 とはいうものの、かつての私は自分の理系の才能に限界を感じていました。だからといって文系で何かできるわけでもない。それでちょうど中間にある弁理士の仕事をやりたいと思っていたんです。ただ家庭の事情もあって資格の取得を断念。それで専業主婦になったわけですが、なにせ勉強しかしてこなかったので、何より家事が苦手で……(苦笑)。自分でもあきれるんですけど、たとえばあんかけを作れば、片栗粉と小麦粉を間違える。お菓子づくりではいくら卵白を泡立ててもメレンゲにならない。それで卵を1パック使い切ってしまったことすらあります。

ではなぜ、卵白が泡立たなかったのか? それは、容器に油がついていたからなんです。空気に触れると卵白のタンパク質に変性が起きて骨格を作り、その中に空気を含んでカサが増えるのでフワフワになるのです。だけど油はその構造を壊してしまう。卵白を泡立てるとき、「きれいなボウルを使いましょう」とたいていのレシピに書かれているのはそういうことです。 

そして、片栗粉と小麦粉で固まり方が違うのにも理由があります。でんぷんは水と熱を加えると“糊化”を起こしますが、その糊化するときの温度と粘度が小麦粉と片栗粉では異なります。片栗粉は小麦粉より低い温度で糊化するのです。

こうした事柄を私は「見えない科学」と呼んでいます。学校で教わる科学は「見える科学」で、いかにも科学という顔で存在しています。ただ家の中にも、このような「普段着の科学」が存在するんです。私は専業主婦になって科学から離れていたと思っていましたが、家の中でまた科学と出会うことができました。科学との再会を果たした気分でうれしくなったのがきっかけで、家庭科学総合研究所=「カソウケン」という、家庭の日常を科学するサイトを立ち上げました。

※「カソウケン」のサイトは、記事末尾の関連リンクをご参照ください。

「確認したがり」でいろいろな実験をした幼少期

 

関連記事

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2018/02/16更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.327
横須賀学院小学校の取り組み
教員と児童の双方に波及効果をもたらす TOEFL Primary®
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!