OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/10/16更新

Vol.025

サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん  後編

「科学」は人間の好奇心の結晶
科学の視点を知ることで
日常はもっと楽しくなる

内田 麻理香 (うちだ まりか)

千葉県生まれ。渋谷教育学園幕張高校から東京大学工学部応用化学科へ。2009年に東京大学大学院工学系研究科広報室の特任研究員に。 現在は執筆業及びサイエンスコミュニケーターとして活動するかたわら、 東京大学大学院学際情報学府博士課程(専門:サイエンスコミュニケーション)に在籍。 主な著作に『カソウケンへようこそ』(講談社)、最新刊は『もっと!おうちの科学』(丸善出版)。

一般の人々と科学の専門知識の橋渡しをする「サイエンスコミュニケーター」。東日本大震災以降とくにその役割が注目されるこの仕事で、執筆や講演を通じて科学のおもしろさを伝える活動を続ける内田麻理香さん。小さい頃から実験好きだったという内田さんの学びの原点、そして「科学」に寄せる思いについてうかがいました。

東大で初めて知った「わからない」という感覚と「わかる」喜び

サイエンスコミュニケーター 内田麻理香さん幸い勉強は得意なほうで、ゲーム感覚で取り組んでいました。今考えるとすごくイヤな生徒だと思うんですけど、先生の傾向と対策を考えて、同級生に「あの先生だったらこれを出すと思う」というようなことを言ったりしていました。ですから、本当の意味で勉強に苦労したのは大学に入ってからかもしれません。私はどちらかというと文系科目が得意だったのに、無理して理系に入った口。「わからない」という感覚が初めてわかり、そのぶん「わかる」ことの喜びも初めて知りました。

「スペースコロニーを作りたい」という夢(前編参照)からは当然、専攻は航空宇宙工学科に進むはずだったのですが、おそらくそこでの勉強に私はついていけないだろうと思っていました。当時一番好きだったのが「化学」でしたので、私の場合はその分野から宇宙方面の仕事ができたらいいなと思っていました。

それにしても東大の理系の方は「わからない」への追究がすごかった。一方の私は、浅いところで納得してしまう。とはいえ、今さら文系の人たちの頭の回転の速さや事務処理能力で勝負できない。そんな感じで、私は文系と理系の間をずっと探っている、いわばモラトリアムだったと思います。でもそのモラトリアムがあったからこそ、今サイエンスコミュニケーターという仕事をしているんだろうなとも思うのです。思わぬところに宝は転がっていたと。

もし子どもを理系に、科学好きにさせたいと願うなら、まずはお父さんとお母さんが科学に興味を持ってほしいです。「理系は苦手」というのは思い込んでいるだけの場合が多い。「カソウケン(*)」の掲示板で感じたことですが、理系が苦手だという人ほど鋭い質問をされるんです。「卵を使った後の容器に水をジャーっと注ぐと泡立つのですが、これは界面活性剤と関係ありますか?」とか。これは実際にそうで、卵黄の中にはレシチンという界面活性剤が入っているんです。じつは「理系は苦手なんですけど……」とおっしゃる方にそういう素晴らしい見立てをされる方が多いので、まずは「苦手」という鎧を取り払って科学と向き合ってみてはいかがでしょうか。

*カソウケン…内田さんが運営する“家庭総合研究所”サイト。記事末尾の関連リンク参照

東日本大震災で知った自分の無力さとは?

 

関連記事

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2018/02/16更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2014/11/07更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

難解なものを「正しく、楽しく」理解できる仕組みを作りたい

2014/11/24更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

難解なものを「正しく、楽しく」 理解できる仕組みを作りたい

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
Vol.465
初夢を運ぶ 子ども宝船
 ~くもん子ども浮世絵コレクションより~
縁起をかついで 幸せを願う よい初夢は 宝船が運んでくる
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!