OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/02/16更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん  後編

目に見える形にすることで
科学の面白さと正しさ

より多くの人に伝えられる

工藤 光子 (くどう みつこ)
1970年、神奈川県生まれ。名古屋大学大学院理学研究科生命科学専攻修了。1996年よりJT生命誌研究館に勤務。2004年に出産を機に退職し、2008年までアメリカとドイツで暮らす。帰国後、2010年より立教大学理学部にサイエンスコミュニケーションプロジェクトのプログラムコーディネーターとして採用され、2013年から特任准教授に。教鞭をとる傍ら、2011~2016年には新学術領域「細胞壁情報処理機能」広報担当として、ホームページ制作や移動展示作成を行う。2016年より国際生物学オリンピック日本委員会の運営委員も務める。

工藤先生は、科学分野の最新の研究を一般の人に向けてわかりやすく解説する「サイエンスコミュニケーター」という仕事に携わっています。その仕事の役に立っているのが、なんと子どもの頃からの趣味である手芸とのこと! 科学と手芸という一見関係なさそうな分野を組み合わせて、独自の方法で科学の魅力を一般の人に伝えている工藤先生。プライベートでは2児の母でもあります。出産・子育てを経てどのようにキャリアを積んできたのかなども含め、これまでの道のりをうかがいました。

進路変更が幸いし、天職に出会った

大学は理学部に進学しましたが、実は大学に入る前から、「研究者になるよりも科学の面白さを伝える人になりたい」と思っていました。それは、浪人生のときに予備校の生物の先生から研究のお話を聞いて、「私は新しいことを発見することには興味がないな。それよりも、研究で明らかになったことを、友だちや家族にそれがどれだけ面白いことなのかを伝えたい」と気づいたんです。研究でわかったことをどんな順番で話せばいいか、どんな例を出して説明すれば興味を持ってもらえるか。そういうのを工夫するほうが楽しいと思ったんですよね。

といっても、当時はそんなことができる仕事は、新聞記者くらいしかなかった。科学専門の記者になるには、とりあえず博士号が必要だと思い、大学院に進学しました。ですが、修士論文の発表会の時に博士課程への進学をやめ、実家のある神奈川県に戻って就職しようと決めました。それは、当時いろいろな要因が重なって精神的に落ち込んでいる状態だったことも原因のひとつです。

幸いなことに実家近くの大学で、技術員の仕事が内定したのですが、そのときに私の尊敬する研究室の先生から、「君がかつて希望していた進路とは違うんじゃないか? お友だちを作りに行くのが君の就職なのか?」と言われまして……。しかも折よくその先生から、「JT生命誌研究館に知り合いがいるから、話を聞きにいったらどうか?」と言われたので、大阪にまで出かけて面接に行ったんです。すると、「ちょうど花の展示ができる人を探している」と言われて、1年の契約で雇っていただけることになりました。

そんな経緯からJT生命誌研究館で働くうちに、「これって私の天職じゃない?」と思うようになりました。それからは、夢中で働きましたね。もともと契約が1年以上になることはないと断言されて採用されたのですが、なんとか残れるように実績を残し、アピールしました。結局、8年も雇ってもらって、サイエンスコミュニケーション部門を任されるまでになりました。この時役に立ったのが小さい頃から好きだった「ものづくり」なんです。模型を作るのはとても高価ですから、得意な手芸を生かして紙粘土などで自作したりしたのですが、これを研究館のトップが喜んでくれました。これは大きかったと思います。

工藤先生が子育てで身につけた力とは?

関連記事

2018/02/09更新

Vol.052 サイエンスコミュニケーター
工藤光子さん

目に見える形にすることで 科学の面白さと正しさは より多くの人に伝えられる

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

2015/10/16更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!