OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん  前編

自分の信じた道を突き進むことで
「やっててよかった」がいつか訪れる

藤井 祐介 (ふじい ゆうすけ)
1980年岐阜県生まれ。公文国際学園中等部・高等部、京都大学理学部物理学科卒業後、東京大学大学院理学研究科修士課程修了。専門は素粒子物理学。大学院在学中の2003年にはスイスで行われた素粒子の実験「ATLAS(アトラス)」のチームメンバーとして、スイスにある実験施設の性能テストに赴いた。2006年より日立製作所に入社し、北海道大学と協力しながら動体追跡粒子線がん治療装置の開発に携わる。2017年には、公益社団法人発明協会が主催した「全国発明表彰」で、この動体追跡粒子線がん治療装置が恩賜発明賞を受賞。公文式は小2から教室に通い始め、算数・数学、英語、国語を学習。公文国際学園でも学習を続け、中2からは公文式フランス語も学習した。

日立製作所の研究員として、がん細胞に放射線を当てて壊す放射線治療を、治療の難しいがんでも可能にする技術の開発に携わっている藤井祐介さん。岐阜県の出身で、中学入学から親元を離れ、神奈川県にある公文国際学園に進学。同校の1期生という立場で個性的な級友たちとの交流を深めながら、のびのびと自分の強みを伸ばしていきました。藤井さんのモットーは、「ほかの人がやらないことをやること」。研究の第一線で活躍する藤井さんに、その道のりをうかがいました。

呼吸で動くがん細胞を、粒子線で狙い撃ち


  治療室

現在私は、日立製作所で「粒子線がん治療装置」の開発に携わっています。がんの治療法には、大きく分けて3種類あります。1つ目は、外科の手術によって腫瘍を取り除く外科療法。2つ目は抗がん剤を使う化学療法。そして、3つ目が放射線療法で、放射線を腫瘍に当てて壊す治療法です。

この放射線療法で使う放射線は大きく分けてX線と粒子線の2種類があります。X線は波長の短い電磁波のことで、レントゲン写真を撮る際などに使います。そして粒子線とは、高エネルギー粒子の流れのことをいいます。高エネルギー粒子というのは、物質のもととなる原子を構成する原子核(陽子と中性子で構成されているもの)のことです。

X線での治療と粒子線での治療には違いがあります。体の中にある腫瘍を狙って放射線を当てたときに、X線の場合は体の表面近くに最も強いダメージを与えて、体の深いところへ行けば行くほど与えられるダメージが弱くなっていくという特徴があります。

一方で、粒子線は腫瘍の位置(身体の内部)でもっとも強いダメージを与えることができます。ですから、粒子線治療は、体力に不安のある子どもや高齢者の患者さんの治療手段として注目されています。

ただ、粒子線治療は、すい臓がん、肝臓がん、肺がんなどの10年生存率の低いがんでは行うのが難しい場合があります。というのも、これらのがんは呼吸をすると臓器と一緒に腫瘍が動くため、効率よく粒子線を照射する技術がないと思うような治療が叶わないからです。従来の粒子線治療では、動く範囲全体に放射線を当てていたのですが、そうすると腫瘍のない正常なところにまでダメージを与えてしまいます。そこで、動く腫瘍のみを狙って照射すること、そしてその動きに合わせて短時間で効率よく照射することを目指して試行錯誤してきました。

具体的には、X線で透視して正確な腫瘍の位置をリアルタイムに計測する技術と、粒子線の照射のタイミングを制御できる技術の2つを高度に融合させたものを作ろうとしました(※)。研究は、正確に腫瘍の位置を計測する技術を持った北海道大学と共同で行いました。人間の呼吸というものは予想以上に複雑かつ不規則です。一方で、粒子線は一度照射すると次に照射するまでに新しい粒子線を作るための時間が必要です。粒子線を照射できるタイミングと、腫瘍の移動のタイミングがなかなか合わないのがこの研究のネックでした。

また、患者さんごとに呼吸のタイミングは違うので、多くの人に効率よく粒子線を照射できるタイミングを決めるのにも苦労しました。しかし、それらをクリアした技術を開発したことが評価されて、2017年の全国発明表彰で恩賜発明賞を受賞することができました。

※総合化学技術会議により制度設計された最先端研究開発プログラムを通じて実施。

藤井さんが中学から親元を離れることになった理由とは?

関連記事

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

バックナンバー

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.333
教室で学ぶフランス語・ドイツ語
フランス語・ドイツ語学習を通じて 外国語学習の楽しさを知り、 新しい世界を広げる
Vol.332
子どもたちが「できた」を体感
「見て、ふれて、体感できる」が KUMON PARKのコンセプト 保護者の方のご質問にもお答えします
Vol.331
単位制高校(通信制)ミニフォーラム
学校と企業の協働 すべては生徒を伸ばしたい思いから ~公文式導入校の先生方の学びの活動~
Vol.330
English Immersion Day
学んだ英語を使ってみよう ~新たな夢や目標に向かって~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.058 後編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.058 前編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!