OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/02/07更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん  前編

「可能性の追求」を続けて
新しい扉を自分で開こう

武藤 十夢 (むとう とむ)
1994年東京都生まれ。2011年、16才のときにAKB48第12期研究生オーディションに合格。芸能活動と学業を両立しながら大学を卒業し、大学院に進学。AKB48のチームKメンバーとして活躍中で、3月18日にリリースされるAKB48の57thシングル表題曲選抜メンバー。2019年4月、8度目の挑戦で気象予報士に合格。2020年公開予定の映画『おかあさんの被爆ピアノ』では、俳優・佐野史郎さんと共にダブル主演を務める。雑誌では総合マネー情報誌『ZAi』(ダイヤモンド社)で連載中。

国民的アイドルグループAKB48のメンバーとして活躍されている武藤十夢さん。2018年の選抜総選挙では7位にランクインするなど、高い人気を集めています。芸能活動の一方で、大学卒業後に大学院に進学。さらに2019年には、平均合格率5.5%の難関として知られる気象予報士の資格試験に、8度目の挑戦で合格。現役アイドルの合格は異例のこととして話題となりました。小学校入学の頃に公文式を始めたという武藤さん。さまざまなことに挑み、常に一段上を目指す姿勢は、公文式で「やればできる」実体験があったからこそといいます。公文式の魅力やアイドルとして活動する日々のこと、今後のチャレンジなどについてうかがいました。

芸能活動と大学院生活を両立、違う毎日が楽しい!

じつは私、小さいころに、CMやカタログ撮影など少しだけ芸能活動をしていたことがあるんです。小学1年生くらいで辞めたのですが、中学生の終わりにもう1回やりたいなと思っていました。当時、AKB48がすごく注目されていて、「いいな」と憧れるようになり、16才のとき、第12期研究生オーディションに応募して合格し、今に至っています。

私の1日は、日によって違いますが、今日は朝からCM撮影とインタビュー、昨日は一日握手会でした。その前の日は、朝からお天気コーナーの生放送、そのあとに取材、レコーディングをして公演…と、本当に日によってさまざまですね。毎日が違うので楽しいです。

2019年は、2020年公開予定の映画『おかあさんの被爆ピアノ』の撮影もありました。この映画は広島の原爆から奇跡的に焼け残った“被爆ピアノ”と被爆2世である調律師・矢川光則さんの実話から着想を得て制作されたもので、佐野史郎さんとダブル主演という形で出演させていただいています。私が演じる菜々子が自分が被爆三世であることを知って、佐野史郎さん演じる調律師の加川勝則と被爆ピアノと共に、自分のルーツをたどっていくお話です。これから公開に向けてプロモーション活動も多くなっていくと思います。

私は大学院生でもあるので、帰宅後は大学院の課題をこなしたりしています。大学院では金融について学んでいます。雑誌の連載をきっかけに、株をやるようになったので、株についても調べたりしています。株はもともと、いつかはやってみたいと思っていました。最近はFXも始めて、Twitterを見て、Instagramを見て、FXを見る、ということも日常に組み込まれてきて、結構楽しくやっています。

なぜ大学院へ進もうと思ったかというと、じつは大学卒業を控えていたころ、自分はこれからどうしていこうかと、ちょっと思い悩んでいたんです。そのとき、いろんなことにチャレンジしてみよう、そのひとつとして、大学院という道があるのであれば挑戦してみようと思いました。

公文式で身についた力とは?

関連記事

2020/02/14更新

Vol.067 AKB48
武藤十夢さん

「可能性の追求」を続けて 新しい扉を自分で開こう

調査・研究・アンケート  2014/11/04更新

Vol.061 早稲田大学プロフェッショナルズ・ワークショップ2014

大学生のKUMON OB・OG向け 広報戦略を立案せよ早稲田大学プロフェッショナル・ワークショップ2014

2014/05/16更新

Vol.009 ピアニスト 河村尚子さん

世界中の人々と音楽の喜びを共有しながら自分自身も成長を続けていきたい

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

バックナンバー

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
Vol.377
特別対談 たかまつななさん×KUMON
お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!