OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2022/01/07更新

Vol.085

株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん  前編

可能性の芽が摘まれないよう
チャレンジできる機会
多くの人に提供したい

荒木 隆義 (あらき たかよし)

埼玉県生まれ。2013年慶應義塾大学総合政策学部卒業後、野村證券株式会社に入社。投資銀行部門にて、企業買収および資金調達の助言業務に従事。2017年5月クラウドファンディングの先駆企業CAMPFIREの関連会社、株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL取締役に就任。同社の融資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Owners」事業の立上げに携わり現在に至る(プロフィールはインタビュー時点)。

社会的意義のある中小企業などの新しい資金調達方法として注目されている「融資型クラウドファンディング」。CAMPFIRE SOCIAL CAPITALでその事業の責任者を務める荒木隆義さんは、大学時代に “機会の平等”の大切さに気づき、それを実現できる手段のひとつとしてクラウドファンディングの可能性にひかれました。ご自身は「機会は与えられていた」と振り返り、そのひとつに公文式教室に通っていたことをあげます。公文式学習で得たことや大学時代での学び、「融資型クラウドファンディング」の意義、今の日本における金融教育のあり方など、幅広くお話をうかがいました。

「共感」を「投資」という応援の形にする
融資型クラウドファンディング

荒木 隆義

CAMPFIREは件数でも資金調達金額でも国内トップを誇るクラウドファンディングサービス会社です。クラウドファンディングとは、「インターネットを介して不特定多数の人々から少額ずつ資金を調達する」こと。支援された事業者は、支援してくれた人にリターンとしてモノやサービスを提供するということは、ご存じの方も多いと思います。このスタイルは「購入型クラウドファンディング」といいます。

しかし、例えばモノやサービスではなく、「伝統を守っていきたい」といった事業については、リターンを何にすればいいのか難しいところです。そこで登場したのが、支援金で事業を成し遂げて利益を出し、その利益を支援者(投資家)に還元する「融資型クラウドファンディング」です。これは金融サービスであり法に準じた運営が必要なので、我々はCAMPFIRE SOCIAL CAPITALという別会社をつくり、「CAMPFIRE Owners」という融資型クラウドファンディングサービスを展開しています。

この事業は、今まで金融機関がほとんどやってこなかった、中小企業やスタートアップ企業の案件を扱っているのが特徴で、私はこの事業の責任者として、サービスの認知を高めることに日々注力しています。具体的にどんな案件があるかというと、例えば「カンボジアの農家支援」。この案件では投資家からの出資金は、大型農機の購入資金として、カンボジアのマイクロファイナンス機関からカンボジアの農家へ貸し出されます。予定利回りは6%で、予定運用期間は11ヵ月と設定しました。

この案件に限らず、支援してくださる方には安心して投資していただきたいですし、いろんな投資を楽しんでいただきたい。そのため、審査も金融機関並みに厳しいです。ただ、それでは金融機関と変わりないので、我々はクラウドファンディングで培ってきたノウハウを生かし、金融商品として数字はしっかり把握した上で、その案件が「信用できるか」「共感できるか」という観点を大事にして審査しています。

条件をクリアする案件を見つけるのは簡単ではありませんが、そのために意識していることは2点あります。ひとつは事業者(資金需要者)のことをよく知ってもらうこと。投資なのでもちろん利回りも重要ですが、その事業を「誰が何のために行うのか」を丁寧に聞き取り、ウェブで紹介しています。この部分が共感を多く呼ぶポイントになり、投資を考えている人の判断材料になりますし、事業者にとっては自社のPRにもなります。もうひとつは、我々自身の信頼を高めるサービス設計にすることです。そのために「どういうメンバーが、どういう案件を扱っているか」、投資家向けにウェブセミナーなどを開催し、告知に努めています。

世の中をよくするための投資実現のために協働

関連記事

2022/01/14更新

Vol.085 株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
荒木隆義さん

可能性の芽が摘まれないよう チャレンジできる機会を 多くの人に提供したい

2017/12/01更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

2018/06/01更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

2017/12/08更新

Vol.050 株式会社日立製作所 研究員 藤井祐介さん

自分の信じた道を突き進むことで 「やっててよかった」がいつか訪れる

バックナンバー

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.072 後編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.072 前編
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!