OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/12/02更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん  前編

「どんな自分でいたいか」
イメージして文字に書き起こす
夢の実現に向けた努力ができる

藤澤 潔 (ふじさわ きよし)
長野県生まれ。中学生で車椅子バスケットボールに出会い、高校1年から地元のクラブチームに所属。現在は株式会社ソーゴーに勤務しながら埼玉ライオンズに所属。2014年「北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会」優勝、2016年リオデジャネイロパラリンピックに日本代表として出場。公文では年長から中学生まで、算数と国語を、途中から英語も学習。

会社員として働くかたわら、車椅子バスケットボールのプレーヤーとして活躍し、今年リオデジャネイロパラリンピックに出場した藤澤潔さん。中学生で車椅子バスケに出会い、高校の時に観た世界選手権である選手に憧れてから、一歩一歩夢に近づき、ついにパラリンピックという大舞台を経験しました。しかし、その道のりに至る間には、思ったようには進めない時期もあったそうです。「悔しさでいっぱいの時期」を、藤澤さんはどう乗り越えてきたのか、そして東京の舞台へ向けた抱負についても伺いました。

苦しく、悔しい体験だったリオ・パラリンピック

今年の夏に出場したリオデジャネイロパラリンピックは、ひとことで言うと、「苦しい、悔しい」ものでした。今回、僕らは海外の強豪たちと対戦するにあたって、“負けながら勝ち上がる”ことを目標にしようとしていました。

つまり、相手が強くてもなんとか善戦して、6位以上に食い込むんだ、そのためにいろいろと対策を立てていました。例えば初戦を落としたらメンタルをこういうふうに持っていこう、とメンタルトレーナーと話をしたりもしていました。しかし、現地では初戦からいきなり3連敗。試合後は落ち込んでいる暇などなく、しっかりご飯を食べて休み、ミーティングで改善点を整理してまたすぐ翌日が試合、というようなスケジュールで、苦しかったですね。結局、結果としては悔しさを抱えた中での帰国となりました。

車椅子バスケットボールといっても、一般的なバスケットボールとどう違うのか、あまりイメージの湧かない方もいらっしゃるかもしれません。簡単に説明しますと、使用するコートやルールは一般的なバスケとほぼ同じで、大きく異なるのは“ダブル・ドリブル”(ドリブルが一度終わってから、再びドリブルを始めること)がないということ。あとは、障害の程度によってクラス分けがあり、それに応じて選手一人ひとりに持ち点が決められる点です。

ポイントは1.0から4.5まであって、例えば4.5ポイントだと股関節や下肢障害など比較的軽度の人で、ポイントが少なくなるにつれて障害が重くなります。僕は脊髄損傷ですから2.0ポイント。下半身に力が入らないとバランスも崩しやすいので、ポイントが少ないのです。コートに立つ5人の選手の合計ポイントは14.0ポイント以内と定められています。障害が軽い人だけでなく、重い人の活躍も重要なのがこの競技の特色だと言えます。

藤澤さんにとって、公文の思い出とは?

関連記事

2016/12/09更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」をイメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

バックナンバー

2019/11/29更新

Vol.065 弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん

一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.333
教室で学ぶフランス語・ドイツ語
フランス語・ドイツ語学習を通じて 外国語学習の楽しさを知り、 新しい世界を広げる
Vol.332
子どもたちが「できた」を体感
「見て、ふれて、体感できる」が KUMON PARKのコンセプト 保護者の方のご質問にもお答えします
Vol.331
単位制高校(通信制)ミニフォーラム
学校と企業の協働 すべては生徒を伸ばしたい思いから ~公文式導入校の先生方の学びの活動~
Vol.330
English Immersion Day
学んだ英語を使ってみよう ~新たな夢や目標に向かって~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.058 後編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.058 前編
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生
言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう
Vol.057
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!