OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2016/12/02更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん  前編

「どんな自分でいたいか」
イメージして文字に書き起こす
夢の実現に向けた努力ができる

藤澤 潔 (ふじさわ きよし)
長野県生まれ。中学生で車椅子バスケットボールに出会い、高校1年から地元のクラブチームに所属。現在は株式会社ソーゴーに勤務しながら埼玉ライオンズに所属。2014年「北九州チャンピオンズカップ国際車椅子バスケットボール大会」優勝、2016年リオデジャネイロパラリンピックに日本代表として出場。公文では年長から中学生まで、算数と国語を、途中から英語も学習。

会社員として働くかたわら、車椅子バスケットボールのプレーヤーとして活躍し、今年リオデジャネイロパラリンピックに出場した藤澤潔さん。中学生で車椅子バスケに出会い、高校の時に観た世界選手権である選手に憧れてから、一歩一歩夢に近づき、ついにパラリンピックという大舞台を経験しました。しかし、その道のりに至る間には、思ったようには進めない時期もあったそうです。「悔しさでいっぱいの時期」を、藤澤さんはどう乗り越えてきたのか、そして東京の舞台へ向けた抱負についても伺いました。

苦しく、悔しい体験だったリオ・パラリンピック

今年の夏に出場したリオデジャネイロパラリンピックは、ひとことで言うと、「苦しい、悔しい」ものでした。今回、僕らは海外の強豪たちと対戦するにあたって、“負けながら勝ち上がる”ことを目標にしようとしていました。

つまり、相手が強くてもなんとか善戦して、6位以上に食い込むんだ、そのためにいろいろと対策を立てていました。例えば初戦を落としたらメンタルをこういうふうに持っていこう、とメンタルトレーナーと話をしたりもしていました。しかし、現地では初戦からいきなり3連敗。試合後は落ち込んでいる暇などなく、しっかりご飯を食べて休み、ミーティングで改善点を整理してまたすぐ翌日が試合、というようなスケジュールで、苦しかったですね。結局、結果としては悔しさを抱えた中での帰国となりました。

車椅子バスケットボールといっても、一般的なバスケットボールとどう違うのか、あまりイメージの湧かない方もいらっしゃるかもしれません。簡単に説明しますと、使用するコートやルールは一般的なバスケとほぼ同じで、大きく異なるのは“ダブル・ドリブル”(ドリブルが一度終わってから、再びドリブルを始めること)がないということ。あとは、障害の程度によってクラス分けがあり、それに応じて選手一人ひとりに持ち点が決められる点です。

ポイントは1.0から4.5まであって、例えば4.5ポイントだと股関節や下肢障害など比較的軽度の人で、ポイントが少なくなるにつれて障害が重くなります。僕は脊髄損傷ですから2.0ポイント。下半身に力が入らないとバランスも崩しやすいので、ポイントが少ないのです。コートに立つ5人の選手の合計ポイントは14.0ポイント以内と定められています。障害が軽い人だけでなく、重い人の活躍も重要なのがこの競技の特色だと言えます。

藤澤さんにとって、公文の思い出とは?

関連記事

2016/12/09更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」をイメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

バックナンバー

2018/11/09更新

Vol.059 ジャズヴォーカリスト
古瀬里恵さん

何ごとも続けることが力になる その力が自信となって チャレンジする勇気につながる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2018/09/07更新

Vol.057 イラストレーター ももろさん

成長していこうと思う限り 学びに終わりはなく、 人生を拓くきっかけになる

2018/07/13更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.293
持続可能な教育支援と国際貢献
バングラデシュでの取り組みが 首相官邸国際広報映像として 世界各地のCNNで放送!
Vol.292
公文書写―公文書写教室編
あらゆる世代の方々が それぞれの目標に向かって
Vol.291
仲間たちとともに60周年
~Honda TV出演~
60周年コラボレーション HondaTV × 公文式
Vol.290
浮世絵に描かれた読み聞かせ
歴史から見えてくる 読み聞かせの大切さ
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.051 後編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.051 前編
跡見学園女子大学 学長
笠原 清志先生
心を開き、異質なものへの 素直な興味を持ち続けよう
Vol.050
大阪市立大学大学院 経営学研究科 教授
山田 仁一郎先生
「学問」は先人から受け取った 人類の「知恵の蓄積」 未来につなぐため、学び続けよう
Vol.049
広島大学 教育開発国際協力研究センター長
吉田 和浩先生
日本は「教育」で世界に貢献できる 持続可能で平和な社会を築くことが 「教育の国際協力」のゴール
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!

What’s
KUMON?

これまでも。これからも。
KUMONはずっと
「学ぶ集団」であり続けます。

KUMONは、50を超える国と地域に、「学び」を提供しています。

乳幼児から高齢者まで。
生涯を通じて学ぶ喜びをお届けします。

Baby Kumon / 書籍・知育玩具 / 学校・施設・企業への導入 /
認知症の予防と維持・改善 / 書写 /
日本語/ フランス語/ ドイツ語

公文教育研究会
代表取締役社長
池上 秀徳

指導者も社員も
「子どもから学ぶ」。
KUMONはいつも
学び続ける集団です。

私たちが大切にしている、創始者の
ことばがあります。

学ぶ力は、やがて生きる力へ。
KUMONは一組の親子の
絆から生まれました。

KUMONは、公文式学習を通して、
「生きる道を自らの力で切り拓いて
いける健全で有能な人材」の育成を
目指しています。

公文式教材のひみつを
わかりやすくご紹介。

公文式になくてはならない
指導者の役割とは。

私たちには「夢」があります。教育を通じて世界平和に貢献することです。

時を越えて。国境を越えて。
すべては、一人ひとりのために。

日本の子どもたちから
世界中の人たちへ。

    • KUMONグループ会社一覧
    • さまざまな場で「個人別・
      ちょうどの学習」を実践。
      世界各地に広がっています。
    • お問い合わせ・資料請求
      KUMONへのご意見、ご質問などを
      お寄せください。
    • お問い合わせ
    • ロゴに込められた想い
    • この、KUMONのロゴ。どこかで見かけたことありませんか?
      このロゴには私たちの想いがたくさんつまっています。