OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/01/14更新

Vol.017

リバネスCEO 丸幸弘さん  前編

興味があることはまずやってみる
早くやってみる、突きつめてやってみる

そのプロセスで夢は必ず現れてくる

丸 幸弘 (まる ゆきひろ)

1978年神奈川県生まれ。東京薬科大学生命科学部卒業、東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。2002年に大学院生15人でリバネスを設立、日本で初めて民間企業による先端科学の出前実験教室をスタート。理科教育に力を入れるとともに、地球規模の課題を解決することを目標に、現在までに30社以上のベンチャー企業立ち上げに携わるイノベーターとしても活躍。東京大学発のベンチャーとしては初めて東証一部に上場した株式会社ユーグレナの技術顧問も務める。

中学高校時代は「ヤンキーで、バスケとバイクにはまり、勉強はまったくしませんでした」と笑う丸さん。いまは、小中高生向けの理科教育から最先端科学技術研究まで、幅広い事業分野をもつ株式会社リバネスの代表です。これまでの道のりや夢との向き合い方についてうかがいました。

サイエンスとテクノロジーの力で地球規模の課題を解決する

リバネスCEO 丸幸弘さん

ぼくらの会社リバネス(Leave a Nest)は、「科学と技術をわかりやすく伝え、課題を解決する」がモットーであり仕事です。「何をしている会社なの?」と聞かれることも多いのですが、こう考えてみてください。ふつうの会社には「会社」という「囲い」があり、決められた入口から入社します。でも、ぼくらは「囲い」を作らず、誰でもが見えるところに「課題」を置きます。

すると、「この課題の解決には自分の力を活かせそうだ」と感じた研究者たちが集まってくる。この研究者の集まりがリバネスであり、挑みたくなるような「課題」を設定したりするのがぼくらの仕事です。その課題を解決することが世の中の役に立つので、リバネスは研究者の集団であり、アントレプレナーの集団でもあると思います。

私が関わるほかの会社、日本初の個人向け大規模遺伝子解析サービスのジーンクエスト、コミュニケーションロボットOriHimeのオリィ研究所、次世代風力発電のチャレナジーなども、みんな同じベクトルでのスタートです。世の中にある課題と、そこにつながる科学技術を具体的に抽出、解決に向けて仕組みを設計する。そのプロセスで自然と研究者が集まる。リバネスがこれまで約30のベンチャー企業を立ち上げたり支援したり、200以上のプロジェクトに取り組めているのは、そういう構造だからなんです。

たとえば、ぼくが技術顧問を務める、東証一部に上場したユーグレナというバイオテクノロジーの会社は、藻の一種であるミドリムシの力で地球規模の食糧・エネルギー・環境問題などに取り組んでいます。ミドリムシの光合成を利用しようという計画は20年ほど前にもありましたが、大量培養がむずかしく頓挫しました。でも、「今ならできるかも、やっちゃおう!」と人が集まったのが始まりです。

課題の種類と科学技術を伝える相手や方法によって、リバネスという会社は「ベンチャー立ち上げのコンサルティングの…」「技術移転の…」「理科教育の…」と、いろいろな冠を付けた呼ばれ方をします。でも結局、ぼくらがやっていることは、ひとつ。ぼくたちの大好きなサイエンスとテクノロジーがどう役立つのかを考え、それを必要とするところにわかりやすく届ける。それがリバネスの仕事です。

じつは、リバネスはぼくが大学院生のとき15人の仲間といっしょに立ち上げた、研究者だけのベンチャー企業なんですが、スタートした場所はある公文式教室だったんです。このことは、またあと(後編)でお話ししますね。

丸さんが肌で感じたシンガポールと日本の学校の違いとは?

関連記事

2015/01/16更新

Vol.017 リバネスCEO 丸幸弘さん

興味があることはまずやってみる 早くやってみる、突きつめてやってみる そのプロセスで夢は必ず現れてくる

2014/08/01更新

Vol.012 棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん

囲碁のおもしろさは考えても考えてもよくわからないところ

2014/11/07更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

難解なものを「正しく、楽しく」理解できる仕組みを作りたい

2014/11/24更新

Vol.015 サイエンスCGクリエイター 瀬尾拡史さん

難解なものを「正しく、楽しく」 理解できる仕組みを作りたい

2015/10/09更新

Vol.025 サイエンスコミュニケーター
内田麻理香さん

「科学」は人間の好奇心の結晶 科学の視点を知ることで 日常はもっと楽しくなる

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!