OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/02/07更新

Vol.006

プロ野球選手 和田一浩さん  前編

挫折ミスなことも
「夢」を叶えるための
大切なプロセス

和田一浩 (わだ かずひろ)

1972年生、岐阜県出身。中日ドラゴンズ所属。県立岐阜商業高校から東北福祉大学へ。社会人野球の神戸製鋼を経て西武ライオンズに入団。2008年よりFAで地元中日へ。首位打者・最多安打(2005年)ほか多数のタイトルを持つ球界を代表するスラッガー。

プロ野球、中日ドラゴンズの中心打者として主軸を担う、和田一浩選手。遅咲きの苦労人はいかにして一流バッターになったのか。超一流のプロ野球選手の指標である2000本安打を目前にして思う、夢を叶える力とは――

今の僕の原点となった“母とのキャッチボール”

プロ野球選手 和田一浩さん
© 中日ドラゴンズ

野球を本格的に始めたのは小学3年生の終わりごろでした。僕は地元の中日ドラゴンズファンで、当時捕手だった中尾孝義選手が好きで憧れていました。はっきりとプロを目指すようになったのは高校生のときですね。うちは4人きょうだいで、男は僕ひとり。そのためきょうだいで一緒に遊ぶことはあまりなかったんです。その代わり、母親とはよくキャッチボールをしました。母はソフトボールをやっていまして、よく叱られたものです。「そんなに力むんじゃない」とか(笑)。母親には野球をやらせてもらえる環境を作ってもらったと思っていますし、今の僕の原点のようなキャッチボールでしたね。

僕がプレーしていたのは、小学校のときも、中学・高校でも勝ちにこだわるチームばかりでした。それだけ練習も厳しかった。チームプレーの意識も、教えられたというよりは、厳しい練習を一緒にする中で自然と身についていきました。ただ自分はあんまりリーダーシップを取るタイプではなくて(笑)、当時はキャッチャーというまとめ役だったから、ずいぶんその指導は受けましたね。

挫折はたくさん味わいましたが、野球をやめようと思ったことは今まで一度もないんです。本当は高校からプロに進みたかったのにそれが叶わなかったり、自分のプレーしたいチームがある大学に行けなかったり、大学卒業後は今度こそプロにと思ったのにドラフトにかからなかったり。節目節目でうまくいかなくて……。だからといってやめようとは思わなかった。逆にいえば自分にやれることは野球しかなかったんですね。野球をしていないという人生が、僕のなかでは考えられないことでした。

「野球が好き」っていうのももちろんですが、野球しか取り柄が無いというか、野球以外何もできないんです、自信をもってできることが。思い込みですね、これしかないんだっていう。決して順風満帆な野球人生ではなかったとは思いますが、その思い込みがあったから、ここまで来れたような気がします。

和田選手が、公文式学習から学びとったこととは?

関連記事

2014/02/14更新

Vol.006 プロ野球選手 和田一浩さん

挫折もミスも嫌なことも「夢」を叶えるための大切なプロセス

2013/10/04更新

Vol.002 女優 貴田みどりさん

経験はすべてつながっていて、それが夢を支える力になる

2018/10/12更新

Vol.058 コピーライター
佐々木圭一さん

「伝え方」を学べば、  人の心を動かし行動を変えられる。  子どもたちの夢を後押しできる。

2015/09/04更新

Vol.024 元サッカー日本代表 宮本恒靖さん

好奇心は人生を切り拓く なりたい自分を思い描き 逆算していまを全力で取り組む

2017/02/03更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.393
家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!