OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/02/07更新

Vol.006 プロ野球選手 和田一浩さん  前編

挫折ミスなことも
「夢」を叶えるための
大切なプロセス

和田一浩 (わだ かずひろ)
1972年生、岐阜県出身。中日ドラゴンズ所属。県立岐阜商業高校から東北福祉大学へ。社会人野球の神戸製鋼を経て西武ライオンズに入団。2008年よりFAで地元中日へ。首位打者・最多安打(2005年)ほか多数のタイトルを持つ球界を代表するスラッガー。

プロ野球、中日ドラゴンズの中心打者として主軸を担う、和田一浩選手。遅咲きの苦労人はいかにして一流バッターになったのか。超一流のプロ野球選手の指標である2000本安打を目前にして思う、夢を叶える力とは――

今の僕の原点となった“母とのキャッチボール”

© 中日ドラゴンズ

野球を本格的に始めたのは小学3年生の終わりごろでした。僕は地元の中日ドラゴンズファンで、当時捕手だった中尾孝義選手が好きで憧れていました。はっきりとプロを目指すようになったのは高校生のときですね。うちは4人きょうだいで、男は僕ひとり。そのためきょうだいで一緒に遊ぶことはあまりなかったんです。その代わり、母親とはよくキャッチボールをしました。母はソフトボールをやっていまして、よく叱られたものです。「そんなに力むんじゃない」とか(笑)。母親には野球をやらせてもらえる環境を作ってもらったと思っていますし、今の僕の原点のようなキャッチボールでしたね。

僕がプレーしていたのは、小学校のときも、中学・高校でも勝ちにこだわるチームばかりでした。それだけ練習も厳しかった。チームプレーの意識も、教えられたというよりは、厳しい練習を一緒にする中で自然と身についていきました。ただ自分はあんまりリーダーシップを取るタイプではなくて(笑)、当時はキャッチャーというまとめ役だったから、ずいぶんその指導は受けましたね。

挫折はたくさん味わいましたが、野球をやめようと思ったことは今まで一度もないんです。本当は高校からプロに進みたかったのにそれが叶わなかったり、自分のプレーしたいチームがある大学に行けなかったり、大学卒業後は今度こそプロにと思ったのにドラフトにかからなかったり。節目節目でうまくいかなくて……。だからといってやめようとは思わなかった。逆にいえば自分にやれることは野球しかなかったんですね。野球をしていないという人生が、僕のなかでは考えられないことでした。

「野球が好き」っていうのももちろんですが、野球しか取り柄が無いというか、野球以外何もできないんです、自信をもってできることが。思い込みですね、これしかないんだっていう。決して順風満帆な野球人生ではなかったとは思いますが、その思い込みがあったから、ここまで来れたような気がします。

和田選手が、公文式学習から学びとったこととは?

関連記事

2014/02/14更新

Vol.006 プロ野球選手 和田一浩さん

挫折もミスも嫌なことも「夢」を叶えるための大切なプロセス

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!