OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2015/07/10更新

Vol.021 天文学者 布施哲治さん  後編

10年後目標を思い描いて
たくさんの”引き出し”を持とう

布施哲治 (ふせ てつはる)
1970年神奈川県生まれ。総合研究大学院大学博士課程修了、博士(理学)。国立天文台ハワイ観測所広報担当研究員を経て、現在は情報通信研究機構鹿島宇宙技術センター主任研究員。研究テーマは太陽系天文学、とくに衛星や彗星、小惑星、太陽系外縁天体、準惑星など。日本の「はやぶさ・はやぶさ2」ミッションやアメリカNASAの「ニュー・ホライズンズ」ミッションに携わり、最近では地球の周りを回る人工衛星を研究開発している。著書に『なぜ、めい王星は惑星じゃないの?』(くもん出版)ほか。

情報通信研究機構鹿島宇宙技術センターで天文学や人工衛星の研究開発を重ねる天文学者の布施哲治さん。書籍の出版や講演会など“天文のスポークスマン”としても広く活躍されています。そんな布施さんを天文の世界へと導いた最初のきっかけは、幼きころに両親から買ってもらった一冊の図鑑でした。

10年後の自分のために、いま何をやるべきか

先日、私の研究室で修士課程の研究をしたいという大学生が私のところにきました。彼は、「宇宙という言葉がつく職業に就職したい」と言っていました。でも多くの学生は、宇宙飛行士とか、人工衛星を作るメーカーとか、それくらいの職種しか思いつかないようです。例えば、科学館や博物館で宇宙のことを伝えたり、中学や高校の理科の先生になって授業で宇宙を教えたりする仕事も考えれば、結構あるんですよ。現役の大学生たちも、気づかないことが多いと言えます。

いまの世の中は、“先に知った者勝ち・情報を持っている者の勝ち”というところがあると思います。どこに辿り着くかは分からないけれど、色々な引き出しを持って、広くアンテナを張って行動し続けることが大事だと思います。“得意技”をたくさん持っていれば、いざというときに使えるものです。たくさんの引き出しを持つことは、回り道のようで回り道ではないと言えます。

子どもたちに対しては、「大きくなったら何になるの?」という問いかけもとても大切だと感じています。しかも、それを継続的に聞く。まだ子どもなのだから、なりたいものがどんどん変わってもいいわけです。実際、うちの上の子はずっと宇宙飛行士になりたいと言っていて小学4年のいまも変わっていませんが、小学2年の下の子はハワイに住んでいたころはパイロット、日本に帰ってきて自転車に乗れるようになったら自転車屋、その次は大工で、いまは建築士です。

ただ、なりたいものが変わるたびに、親として「ヒント」を与えてあげるといいと思います。たとえば、いまなら下の子の「どうしたら建築士になれるのか?」という問いに対して、すべての答えではないけれど、インターネットで建築士の試験問題を見せたり(まったくわからないと無視されましたが・笑)、私の友人の建築士の話をしたりしています。親として、子どもの夢に制限をしないで、将来につながるきっかけと、それを考え続けるための情報を与えていきたいと思います。

「将来」という言葉の範囲が広すぎるなら、「10年後」で考えてみるといいでしょう。それは大人も同じです。「10年後の夢・目標」と考えるとイメージが具体的になります。「10年後にこうなっていたいな、こうしていたいな」と思い描くことで、そのときまでに何をやればよいのか、何をやるべきなのかが自動的に見えてくると思うのです。

布施さんが思い描く「10年後」のゴールとは?

関連記事

2015/07/03更新

Vol.021 天文学者 布施哲治さん

10年後の夢や目標を思い描いて たくさんの”引き出し”を持とう

2016/10/14更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

2016/10/07更新

Vol.037 宇宙ベンチャー・株式会社ALE代表
岡島 礼奈さん

可能性に限界はない 目標を大きな山と考えれば、 登り方はいくらでもある

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

バックナンバー

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

2020/03/06更新

Vol.068 バレエダンサー
ニコライ・ヴィユウジャーニンさん

「石の上にも三年」の気持ちで 一歩一歩進んでいけば 山も登れる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.063 後編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.063 前編
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
Vol.062
筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生
「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する
Vol.061
臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生
「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!