OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/12/19更新

Vol.016 フリーアナウンサー 木佐彩子さん  後編

「夢」「成功」のかたちは人それぞれ
小さな自己実現の積み重ねが
大きな夢へとつながる

木佐 彩子 (きさ あやこ)
父親の転勤にともない小学2年から7年間を米国ロサンゼルスで過ごす。青山学院大学を卒業後、フジテレビにアナウンサーとして入社。2000年に東京ヤクルトスワローズ所属の石井一久投手(当時)と結婚。その後、石井投手のMLBロサンゼルス・ドジャースに移籍の際には家族で再渡米。現在はフリーアナウンサーとしてテレビ番組やCMを中心に活躍中。

アナウンサーとしてこれまで数多くの番組に関わりながら、いつも親しみやすい笑顔とポジティブなイメージで活躍を続ける木佐彩子さん。日本とアメリカ、ふたつの国で暮らしていたからこそ見えてきた、自分らしい生き方とは?

「今の自分が好き」と言えるようになりたい

アナウンサーへのあこがれは小学生くらいからありましたが、「将来、絶対アナウンサーになる!」と強く思っていたわけではなく、目の前のことをひとつずつ乗り越えていったら今の職業があった……という感じでしょうか。もちろん、なってよかったと思っていますし、自分の人生をかけるにふさわしい仕事だと思っています。

夢というレベルではないかもしれませんし、まだ漠然としていますが、いま考えているのは、日本のことを世界の人たちにきちんと知ってほしいということ。日本とアメリカ、その両方で暮らしてきたからこそ余計そう思うのかもしれませんが、日本や日本的なものに対して、とても強く愛おしさを感じるようになっています。

そう思いはじめた最初のきっかけは、中学2年で帰国するとき、アメリカの友人から言われた一言。「彩、日本に帰ったらテレビあるの?」「ちょっと待って! あなたが見ているテレビはメイド・イン・ジャパンでしょ」(笑)と思わず返しました。アメリカの人たちは、「We are No.1!」で、いいものはぜんぶアメリカ製と考える人が多いと思います。

それまでは自分もアメリカ人になったような気持ちでいましたが、「正しく日本を伝えたい!」と、そこで初めて日本人としてのアイデンティティに気づかされました。どういう形になるかはわかりませんが、日本のいいところを海外にたくさん発信していく仕事をしたいと思い続けています。これが、夢といえば夢なのでしょうか。

日本人はがんばりやで謙虚という気質がある一方、周囲と比べすぎるという面も合わせもっています。ほかの人と比べて「私の夢なんか…」と落ち込んでしまうことも少なくないように思います。けれども、「夢」や「成功」のレベルや大きさっていうのは、本当は人それぞれなんですよね。

人生は一度きり。誰かと比べて落ち込んでいるより、自分の物差しで生きていくほうが絶対に人生は楽しいと思うんです。「自分に自信をもつ」のもいいですが、「今の自分が好き」と思えるような。小さな自己実現の積み重ねが、大きな夢、あるいは大きな成果へとつながるのではないでしょうか。


 

   

前編のインタビューから

– 小2で渡米。日本人がひとりもいない、会話もできないという学校に通うことになり…
– 木佐さんが子どもながらに感じたアメリカと日本の違いとは?
– 「祖母のようなやさしさや奥ゆかしさを忘れないでいたい」

 

 

関連記事

2014/12/12更新

Vol.016 フリーアナウンサー 木佐彩子さん

「夢」「成功」のかたちは人それぞれ小さな自己実現の積み重ねが大きな夢へとつながる

2013/12/06更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん

「学び」が「夢見る力」を創るそして、子どもが夢をもつには大人の在り方が大切

2013/12/13更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん

「学び」が「夢見る力」を創るそして、子どもが夢をもつには大人の在り方が大切

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

バックナンバー

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

2020/05/22更新

Vol.069 米ベンチャー投資家/京都大学特任准教授(DNX Ventures インダストリーパートナー)
山本康正さん

「見晴らしの良い場所」から 学ぶことで未来はよりよく見える

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.381
おもちゃで楽しく英語が学べる
KUMON TOY Englishシリーズの2商品 英語で伝え合う力を養う
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!