OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/12/19更新

Vol.016

フリーアナウンサー 木佐彩子さん  後編

「夢」「成功」のかたちは人それぞれ
小さな自己実現の積み重ねが
大きな夢へとつながる

木佐 彩子 (きさ あやこ)

父親の転勤にともない小学2年から7年間を米国ロサンゼルスで過ごす。青山学院大学を卒業後、フジテレビにアナウンサーとして入社。2000年に東京ヤクルトスワローズ所属の石井一久投手(当時)と結婚。その後、石井投手のMLBロサンゼルス・ドジャースに移籍の際には家族で再渡米。現在はフリーアナウンサーとしてテレビ番組やCMを中心に活躍中。

アナウンサーとしてこれまで数多くの番組に関わりながら、いつも親しみやすい笑顔とポジティブなイメージで活躍を続ける木佐彩子さん。日本とアメリカ、ふたつの国で暮らしていたからこそ見えてきた、自分らしい生き方とは?

「今の自分が好き」と言えるようになりたい

フリーアナウンサー 木佐彩子さん

アナウンサーへのあこがれは小学生くらいからありましたが、「将来、絶対アナウンサーになる!」と強く思っていたわけではなく、目の前のことをひとつずつ乗り越えていったら今の職業があった……という感じでしょうか。もちろん、なってよかったと思っていますし、自分の人生をかけるにふさわしい仕事だと思っています。

夢というレベルではないかもしれませんし、まだ漠然としていますが、いま考えているのは、日本のことを世界の人たちにきちんと知ってほしいということ。日本とアメリカ、その両方で暮らしてきたからこそ余計そう思うのかもしれませんが、日本や日本的なものに対して、とても強く愛おしさを感じるようになっています。

そう思いはじめた最初のきっかけは、中学2年で帰国するとき、アメリカの友人から言われた一言。「彩、日本に帰ったらテレビあるの?」「ちょっと待って! あなたが見ているテレビはメイド・イン・ジャパンでしょ」(笑)と思わず返しました。アメリカの人たちは、「We are No.1!」で、いいものはぜんぶアメリカ製と考える人が多いと思います。

それまでは自分もアメリカ人になったような気持ちでいましたが、「正しく日本を伝えたい!」と、そこで初めて日本人としてのアイデンティティに気づかされました。どういう形になるかはわかりませんが、日本のいいところを海外にたくさん発信していく仕事をしたいと思い続けています。これが、夢といえば夢なのでしょうか。

日本人はがんばりやで謙虚という気質がある一方、周囲と比べすぎるという面も合わせもっています。ほかの人と比べて「私の夢なんか…」と落ち込んでしまうことも少なくないように思います。けれども、「夢」や「成功」のレベルや大きさっていうのは、本当は人それぞれなんですよね。

人生は一度きり。誰かと比べて落ち込んでいるより、自分の物差しで生きていくほうが絶対に人生は楽しいと思うんです。「自分に自信をもつ」のもいいですが、「今の自分が好き」と思えるような。小さな自己実現の積み重ねが、大きな夢、あるいは大きな成果へとつながるのではないでしょうか。


 

フリーアナウンサー 木佐彩子さん   

前編のインタビューから

– 小2で渡米。日本人がひとりもいない、会話もできないという学校に通うことになり…
– 木佐さんが子どもながらに感じたアメリカと日本の違いとは?
– 「祖母のようなやさしさや奥ゆかしさを忘れないでいたい」

 

 
関連記事

2014/12/12更新

Vol.016 フリーアナウンサー 木佐彩子さん

「夢」「成功」のかたちは人それぞれ小さな自己実現の積み重ねが大きな夢へとつながる

2013/12/06更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん

「学び」が「夢見る力」を創るそして、子どもが夢をもつには大人の在り方が大切

2013/12/13更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん

「学び」が「夢見る力」を創るそして、子どもが夢をもつには大人の在り方が大切

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

バックナンバー

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

2022/03/25更新

Vol.087 ピアニスト
中川優芽花さん

「まずは行動して、失敗して、学ぶ」 プロセスは 音楽にも勉強にも大切なもの 失敗しても、すべての経験は力になる

2022/02/18更新

Vol.086 ライゾマティクス 主宰
真鍋 大度さん

子ども時代の「好き」を大切に 専門家にはなれなくても そこに近い未来が開ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.450
子どもの自立を促すために生まれた「くもん さっぷりん」
KUMONが家庭での学習を応援します! ~「くもん さっぷりん」のヒミツ~
Vol.449
スマート・エイジングを支える公文式学習経験者
一人ひとりに向き合い 楽しく、その人に合った ちょうどの支援を
Vol.448
療育で活用される公文式
障害児・障害者支援施設から学ぶ 社会生活で必要な力をつけるためのヒント
Vol.447
放課後等デイサービスでの公文式学習①
(後編)
「ほめる」「待つ」「見守る」ことで 関わるみんなの笑顔と喜びを増やす
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.071 後編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.071 前編
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
Vol.069
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!