OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/12/19更新

Vol.016 フリーアナウンサー 木佐彩子さん  後編

「夢」「成功」のかたちは人それぞれ
小さな自己実現の積み重ねが
大きな夢へとつながる

木佐 彩子 (きさ あやこ)
父親の転勤にともない小学2年から7年間を米国ロサンゼルスで過ごす。青山学院大学を卒業後、フジテレビにアナウンサーとして入社。2000年に東京ヤクルトスワローズ所属の石井一久投手(当時)と結婚。その後、石井投手のMLBロサンゼルス・ドジャースに移籍の際には家族で再渡米。現在はフリーアナウンサーとしてテレビ番組やCMを中心に活躍中。

アナウンサーとしてこれまで数多くの番組に関わりながら、いつも親しみやすい笑顔とポジティブなイメージで活躍を続ける木佐彩子さん。日本とアメリカ、ふたつの国で暮らしていたからこそ見えてきた、自分らしい生き方とは?

正しい知識の土台が、夢の実現を支えてくれる

フリーアナウンサー 木佐彩子さん

アナウンサーをめざすきっかけは、小4のときにアメリカのニュース番組でコニー・チャンさんという女性キャスターを見たことです。ニュースキャスターの安藤優子さんにもあこがれました。凛とした空気をまといながらニュースを伝える安藤さんは、キラキラととても輝いて見えました。それが同じアジア人として、日本人として誇らしかったです。

とはいえ、アナウンサーになりたいという思いはあっても、帰国子女ということもあり、日本語に対するコンプレックスがありました。中2のときに日本にもどってきてから、母に勧められて公文の教室に通っていたんですよ。小さい子たちといっしょに一所懸命、国語のプリントをやりました。たまにでしたが、「中学生なのにまだそんなとこやってんの?」という、小学生の男の子のちょっとトゲのあるカワイイ声援も受けながら(笑)。でも、そこで日本語の基礎をあらためて学んで本当に良かったと思っています。

考えてみると、アナウンサーとして入社できたことは奇跡的ですが、アナウンサーになってからも日本語へのコンプレックスは少なからずありました。ただ、日本語がほかのアナウンサーのレベルに達していないという自覚は、この職業を続けていくうえでは、良い方向にも働きました。言葉ひとつひとつの意味をつねに意識して、読んだり書いたりするようになりましたから。意味がよくわからない言葉を集めたノートを作って、言葉の意味や使い方や語源などをこまめに調べるようにもなりました。

言葉の意味を調べるときもなりふりかまわずでしたね。アナウンス用のたくさんの資料や原稿といっしょに、子ども向けの四字熟語の本や漢字ノートが並ぶ私の机は、当時の先輩方から「小学生の学習机」って呼ばれていたくらい(笑)。しかし、テレビのニュースでは、どんなにむずかしい内容や事象もわかりやすい言葉で伝える必要があります。その点では日本語を「わかったつもり」にならずに、いつも真正面から真摯に向き合えたことはとても良かったと思うんです。

いまの時代は何でもネットで調べられるし、それでわかったつもりになりがちなことが多いのかもしれません。さらに、そのなかには誤った情報もたくさんあるので、それを判断できる力が大切ですね。その判断力を支えるのは、正しい知識の土台だと思います。だからこそ、学びつづけることが必要なのだと思います。とくに子どもたちには、自分の夢の実現のためにも、そのことを知ってほしいと思っています。どんなに素敵な家も土台がしっかりしていなければ建てられないのですから。

木佐さんが考えるよいアナウンサーの役割とは?

関連記事

2014/12/12更新

Vol.016 フリーアナウンサー 木佐彩子さん

「夢」「成功」のかたちは人それぞれ小さな自己実現の積み重ねが大きな夢へとつながる

2013/12/06更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん

「学び」が「夢見る力」を創るそして、子どもが夢をもつには大人の在り方が大切

2013/12/13更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん

「学び」が「夢見る力」を創るそして、子どもが夢をもつには大人の在り方が大切

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
Vol.383
浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち
寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!