OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2013/12/13更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん  後編

「学び」「夢見る力」を創る
そして、子どもが夢をもつには
大人の在り方が大切

久保純子 (くぼ じゅんこ)
東京都生まれ。1994年にNHKへ入局。2004年にフリーアナウンサーとなり、テレビ、ラジオ等に
出演する傍ら、著書や絵本の翻訳なども手がける。米国にて、モンテッソーリ教育を学ぶなど、
「子ども」と「言葉」に関わる仕事に情熱を傾ける。二児の母でもある。

NHK勤務中は報道から紅白歌合戦の司会まで、さまざまな番組で活躍した久保純子さん。フリーアナウンサーとして独立後は、ライフワークの「教育」にも積極的に関わり、日本ユネスコ協会連盟の「世界寺子屋運動」を広める“まなびゲーター”も務めています。現在は幼児教育の資格取得に向けて研修中でもある彼女に、そのエネルギッシュな活動の原点をうかがいました。

勉強の積み重ねだったNHK時代

私は昔から、小さい子たちのお世話をするのが好きでした。また海外では言葉を通して、いろいろな人たちや新しい世界と出会えたことが大きかったので、子ども番組を作って日本の子どもたちにもそういう機会を持ってもらえたらと思い、NHKのアナウンサーを志望しました。NHKならアナウンサーも自分で企画を書き、番組作りに携わることができると聞いていたのです。

入ってみると何もかもが「初めて」で勉強の連続でした。まずは、ニュースの読み方が分からない。例えば「世界平和の夢を追い続けて」という一節があったとして、その中のどの部分が一番“立てる”べき言葉なのか、「世界平和」なのか「夢」なのか「追い続けて」という部分なのか。ニュースというものは、そのことを初めて見聞きする視聴者の方々に分かりやすく伝えなくてはいけないので、どんな内容でも的確に読み上げられるよう、日々、新聞のあらゆる欄を読んで学びました。

資料だけでなく、現場からも多くを学びました。スポーツの担当になったときは、日本の野球チームが何球団あるかも知らなかったので、まずは球場通いから。相撲なら朝稽古、サッカーならスタジアムに通って勉強しました。朝のスポーツニュースを担当していたころは、夜中の2時に起きて、2時半には家を出て、5時から8時までニュースをやり、ご飯を食べてから局内でちょっとだけ仮眠をして、昼過ぎから野球の練習があるので現場に行き、夜6時からは試合を見ながらスコアをつけ……と、本当に体力勝負でした。20代で頑張れる時期だからこそできたことで、今はさすがにもう無理かなと思います(笑)。

念願だった子ども番組を制作しての新鮮な驚きとは?

関連記事

2013/12/06更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん

「学び」が「夢見る力」を創るそして、子どもが夢をもつには大人の在り方が大切

2014/12/12更新

Vol.016 フリーアナウンサー 木佐彩子さん

「夢」「成功」のかたちは人それぞれ小さな自己実現の積み重ねが大きな夢へとつながる

2014/12/19更新

Vol.016 フリーアナウンサー 木佐彩子さん

「夢」「成功」のかたちは人それぞれ 小さな自己実現の積み重ねが 大きな夢へとつながる

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

バックナンバー

2019/09/27更新

Vol.064 小説家
伊与原新さん

自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく

2019/06/19更新

Vol.063 JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん

柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう

2019/05/31更新

Vol.062 国連広報センター所長
根本かおるさん

「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう

2019/04/17更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2019/02/15更新

Vol.060 環境省対馬自然保護官事務所
堺真由子さん

遠回りしたとしても 「好き」な気持ちを大切に 一歩を踏み出せば夢は近づく

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.326
メキシコの教室の “Big Man”
数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び
Vol.325
English Immersion Camp 2019
英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~
Vol.324
公文式の英語教材
子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に
Vol.323
親子のきずなづくり
「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 後編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!