OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/12/12更新

Vol.016

フリーアナウンサー 木佐彩子さん  前編

「夢」「成功」のかたちは人それぞれ
小さな自己実現の積み重ねが
大きな夢へとつながる

木佐 彩子 (きさ あやこ)

父親の転勤にともない小学2年から7年間を米国ロサンゼルスで過ごす。青山学院大学を卒業後、フジテレビにアナウンサーとして入社。2000年に東京ヤクルトスワローズ所属の石井一久投手(当時)と結婚。その後、石井投手のMLBロサンゼルス・ドジャースに移籍の際には家族で再渡米。現在はフリーアナウンサーとしてテレビ番組やCMを中心に活躍中。

アナウンサーとしてこれまで数多くの番組に関わりながら、いつも親しみやすい笑顔とポジティブなイメージで活躍を続ける木佐彩子さん。日本とアメリカ、ふたつの国で暮らしていたからこそ見えてきた、自分らしい生き方とは?

アルファベットも知らないまま小学2年で渡米

フリーアナウンサー 木佐彩子さん

私は父親の海外勤務で、小学2年から中学2年までアメリカで暮らしていました。いまでは小学生から英語を学ぶのはめずらしくありませんが、当時の私はアルファベットも知らない状態でいきなり渡米。「アメリカに行ったら金髪になっちゃう……」(笑)って親に泣いて訴えていたくらい、アメリカも含め、外国の知識なんてまるでありませんでした。

いまのお母さんたちならインターネットを駆使して、「ここの学校なら英語が分からない子でも入れるクラスがある」とか、事前にいろいろ情報を集めていると思いますが、そのころはそれを調べる術もなかったのでしょうね。あたり前のように会社の前任者のご家族が住んでいた家に住み、近所の公立の学校に入学して……。ところが、学校へ行ってみたら日本人なんてひとりもいない! それから、もうたいへんでした。

ふり返ってみれば、たいへんだったのは半年くらいでした。でも、その半年間はもっともっと長い期間に感じられました。毎週、水曜日くらいになるときまってお腹が痛くなり、学校にいきたくないなぁという気持ちが募っていました。それでも、子どもながらに「これではいけない」と木曜金曜は何とかがんばって、土日を迎え、ホッとして自分をとりもどすという日々でした。

いまは私自身も含め、親が手をかけすぎる傾向があるように感じます。けれど、子どもって基本的にたくましいものだと思います。当時の私も、学校で自分の気持ちが伝わらなかったりするのが重なると、泣きながら家に帰ったりしていましたが、いまはこうして元気にそのころのことが話せますし(笑)。それに、少々の失敗やトラブルがあっても、それさえも子どもなりに乗り越えようとするんですね。親は横で見ていて、必要なだけの手助けをすればいいと思っています。でも、実際には自分でもなかなかできないのですが(笑)。

アメリカに行ってしばらくは、カワイイ「心のよりどころ」がありましたね。私のすぐ下の学年に日系人の子がいたんです。その子が日本語をしゃべれるかどうかも知らないのに、学校で不安なことがあると、その子のクラスの前に行ってガラス越しに見る。何かあったらこの子に話せば、カタコトの日本語でも分かってもらえるんじゃないかなって。それが自分の「お守り」みたいになっていました。

木佐さんが子どもながらに感じたアメリカと日本の違いとは?

関連記事

2014/12/19更新

Vol.016 フリーアナウンサー 木佐彩子さん

「夢」「成功」のかたちは人それぞれ 小さな自己実現の積み重ねが 大きな夢へとつながる

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2013/12/06更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん

「学び」が「夢見る力」を創るそして、子どもが夢をもつには大人の在り方が大切

2013/12/13更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん

「学び」が「夢見る力」を創るそして、子どもが夢をもつには大人の在り方が大切

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!