OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2013/12/06更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん  前編

「学び」「夢見る力」を創る
そして、子どもが夢をもつには
大人の在り方が大切

久保純子 (くぼ じゅんこ)
東京都生まれ。1994年にNHKへ入局。2004年にフリーアナウンサーとなり、テレビ、ラジオ等に
出演する傍ら、著書や絵本の翻訳なども手がける。米国にて、モンテッソーリ教育を学ぶなど、
「子ども」と「言葉」に関わる仕事に情熱を傾ける。二児の母でもある。

NHK勤務中は報道から紅白歌合戦の司会まで、さまざまな番組で活躍した久保純子さん。フリーアナウンサーとして独立後は、ライフワークの「教育」にも積極的に関わり、日本ユネスコ協会連盟の「世界寺子屋運動」を広める“まなびゲーター”も務めています。現在は幼児教育の資格取得に向けて研修中でもある彼女に、そのエネルギッシュな活動の原点をうかがいました。

日本ユネスコ協会連盟の「世界寺子屋運動」まなびゲーターとして

 
フリーアナウンサー 久保純子さん
久保さんよりKUMONへ、書きそんじハガキ回収ポストが贈呈されました(弊社取締役・江崎と)

日本ユネスコ協会連盟では、教育を受けられないために貧困の負の連鎖から抜けられない人々の支援のため「世界寺子屋運動」(以下「寺子屋」と表記)を展開しています。一過性の援助で終わらないよう、寺子屋を建てるというところから地元の人々が関わり、寺子屋の先生もその国の人々が務めます。ただお金を寄付するのではなく、現地の人々が意義や必要性を感じ、永続的に運営していける仕組みを作っているのがとても素敵だなあと思い、私は2008年から広報特使“まなびゲーター”をさせていただいています。

初めは「寺子屋」については分からないことだらけでしたので、「まずは現場に行ってみなければ! 見に行けるものは全部見よう!」という思いで、これまでカンボジアとネパールでの「寺子屋」を視察してきました。私は東南アジアが大好きで、それまで何度もこれらの国を訪れたことがありまして、子どもたちが無邪気に、目をキラキラさせながら遊んでいる印象があったんです。ところがカンボジアでは、奥地の、人里離れたところに行きますと、子どもたちがどんよりした表情で、キラキラした印象がありませんでした。なぜだろうと考えますと、生きること、食べること、お父さんお母さんの手伝いで毎日が精いっぱい。自分の夢をもつという余裕も気持ちもなかったからなんですね。

ところが「寺子屋」を訪れましたら、子どもたちが水を得た魚のように生き生きとして、黒板に書いてあることはすべて学び取ろう!という意欲が、ドーンと伝わってきました。勉強というと、日本では「イヤだな」「ツラいな」が先立つことが多いのかもしれませんが、ここで出会った子どもたちは本当に学ぶことが楽しくて、その時間が何よりの喜びなんだということを感じました。子どもたちに「何が今一番欲しい?」と聞くと、「学校に行くための道」「自転車」「鉛筆」……と、すべて学ぶことに通じるものをあげていたことは忘れられません。

ネパールでは、大人の女性たちも通う「寺子屋」にうかがうことができました。現地の暮らしぶりは、まだ石から火を起こし、お水も井戸から汲んでこなければいけない状況でした。けれど、10代から50代後半までさまざまな年代の、多くは主婦の方々が、一日のうちのほんの数時間だけ、時間を一所懸命作って来ているんです。学ぶことが本当に楽しそうで、どのクラスに行ってもみなさん教わった内容を、先生のあとに続いて大声でくり返していました。

それまでは露店を営んでいても、お釣りが合っているかどうかも分からなかったり、お薬の名前が読めないことで、お子さんに間違って与えてしまう危険性があった女性たち。そんな彼女たちの生活が、読み書きができるようになることで大きく変わっていく。さらには「子どもたちにも教えよう」「もっと大きな店を持とう」と、夢を持ち始めていく過程が素晴らしいと思いました。日本では義務教育があって、学ぶことが当たり前のようにできるのですが、世界では決してそれが当たり前ではないということを痛感しました。

つぎの視察先はまだ決まってないのですが、今は「南三陸の森 希望のポストプロジェクト」の告知に取り組んでいます。具体的には、書きそんじハガキの回収ポスト設置運動で、ポストは被災地・南三陸の間伐材を使って作られています。書きそんじハガキは「寺子屋」の募金となるので、特に年賀状を書く今の時期はみなさんに知っていただきたいんです。ハガキでなくてもコーヒー一杯くらいのお金でも、世界の子どもたちが学ぶ大きな一歩になると、ぜひ知っていただければと思います。

好奇心の塊だった子ども時代

関連記事

2013/12/13更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん

「学び」が「夢見る力」を創るそして、子どもが夢をもつには大人の在り方が大切

2014/12/12更新

Vol.016 フリーアナウンサー 木佐彩子さん

「夢」「成功」のかたちは人それぞれ小さな自己実現の積み重ねが大きな夢へとつながる

2014/12/19更新

Vol.016 フリーアナウンサー 木佐彩子さん

「夢」「成功」のかたちは人それぞれ 小さな自己実現の積み重ねが 大きな夢へとつながる

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/03/10更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
Vol.383
浮世絵に見る江戸時代の年の瀬と子どもたち
寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち ~江戸時代の人々の暮らし~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!