OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/06/13更新

Vol.010

化学者 北野政明さん  後編

にぶち当たったときは
自分が変わるチャンス
その経験が、また自分のになる

北野政明 (きたの まさあき)

1979年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部卒業、同大工学研究科応用化学分野博士課程修了。2013年より東京工業大学元素戦略研究センター准教授に。

若くして東京工業大学の准教授となり、国家プロジェクト「元素戦略プロジェクト」の拠点の1つである同大・元素戦略研究センターで活躍する北野政明さん。意外にも高校では理系科目が苦手だったとのこと。研究者を志す原点や研究に注ぐ思いをうかがいました。

英語は特に苦手で、ローマ字で名前を書くことすらできなかった中1のころ

化学者 北野政明さん

小さいころは「昆虫博士になるぞ」と思っていたのですが、中学生になっても全然勉強しなかったんです。毎日虫を捕るか、友だちとスポーツしたり遊んでばかり。そもそも勉強の仕方がわかっていなかったと思います。全教科の成績がよくなかったのですが、英語は本当にひどかった。今でも中学1年、初めての英語の定期試験を鮮明に覚えています。「ローマ字で自分の名前を書きなさい」という問題ができなかったんです……。さすがに三者面談で、先生に「そんなのはお前くらいだ」と言われました。両親はいつも僕の意志を尊重してくれ、「勉強しろ」とは言いませんでしたが、さすがにこのときは母も必死になって、なんとかしなくてはと塾を探したようです。

そうしていろいろ調べた結果、たぶん「この子はふつうの塾ではついていけない」と思ったようで、公文の教室に通うことになります。でも、低学年の小学生がスラスラ英語の教材を解いている横で、体のでかい中学生の僕が、ローマ字の練習から始めたんですね。めちゃくちゃ恥ずかしかったですよ。毎日、山のような宿題が出て、それを必死でやりました。同じ学年の子に「そんなことやってんの?」とからかわれたときは、何も答えず、心のなかで「絶対に見返してやる」と思いましたね(笑)。負けず嫌いな性格は父親ゆずりのようです。

公文の学習で、自分の理解に合わせて勉強を進められたことで、勉強の仕方がわかったと感じました。自分で時間を作って、自宅で勉強する習慣もできました。英語はもちろん、公文で学習していない教科の成績も良くなり、やがて全教科が好きになった結果、高校は進学校に進むことができました。

ところが、高校の授業は情報量とスピードがすごくて、勉強が急にきつくなりました。僕は、理解するペースは速くないタイプなので、理系科目はすべてイヤになって、大学は文系に行こうと考えるようになっていました。でも、高校3年になって真剣に将来を考え、自分で大学のことを調べるようになって、漠然とですが、理系のほうがおもしろそうだな、環境問題の解決に関わるような仕事をしたいな、と思うようになったんです。

小さなころから夏休みは、山に囲まれた両親の実家で、虫を捕ったり、魚を釣ったり、自然のなかで遊ぶのが大好きでした。それを守りたいという思いが、おぼろげながらあったのでしょうね。それで理系に進路を決め、真剣に勉強するようになったんです。

北野さんが「苦労した人が好き」な理由とは?

関連記事

2014/06/06更新

Vol.010 化学者 北野政明さん

壁にぶち当たったときは自分が変わるチャンスその経験が、また自分の力になる

2014/09/19更新

Vol.013 年間ハイライト

迷い、壁、あきらめない挑戦、そして夢の実現

2018/06/29更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2019/04/26更新

Vol.061 イラストレーター
ながおかえつこさん

迷ったときにはまず自ら動こう 周囲の空気が対流し 先につながる流れができてくる

2020/09/18更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!