OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/06/06更新

Vol.010

化学者 北野政明さん  前編

にぶち当たったときは
自分が変わるチャンス
その経験が、また自分のになる

北野 政明 (きたの まさあき)

1979年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部卒業、同大工学研究科応用化学分野博士課程修了。2013年より東京工業大学元素戦略研究センター准教授に。

若くして東京工業大学の准教授となり、国家プロジェクト「元素戦略プロジェクト」の拠点の1つである同大・元素戦略研究センターで活躍する北野政明さん。意外にも高校では理系科目が苦手だったとのこと。研究者を志す原点や研究に注ぐ思いをうかがいました。

社会に役立つ物質を、ありふれた元素や素材から作りたい

化学者 北野政明さん

僕の研究は、レアメタルなどの希少な元素をできるだけ使わず、地球上のありふれた元素や素材を使って、「触媒」という物質を作り出すことです。触媒とは、ある特定の化学反応を速めることができ、なおかつ、それ自体は変化しないという物質。生活のなかで目にすることは少ないのですが、身近なのは、自動車の排気ガスが通る部分に入っている触媒。排気ガスに含まれる有害物質などを比較的無害なものに変えています。いま僕がおもに研究しているのは、そういった触媒とはやや異なる働きをする、アンモニアの合成を促進する触媒です。

アンモニアは、農作物の肥料を作るための原料として世界中で生産されている物質で、作物の成長に不可欠な「窒素」という元素を含んでいます。人工的にアンモニアを合成する技術は、約100年前にドイツで確立されましたが、それ以前は、家畜の糞を集めたり、南米のチリなどでとれる硝石(硝酸塩)を集めたり、そういう方法でしか肥料を作れませんでした。アンモニアを合成できたことで、世界中の農業生産が大きく伸びたことでもわかるように、とても重要な技術なのです。ただし、その合成にはかなり大きなエネルギーが必要です。僕らの研究は、触媒によってアンモニアの合成を促進し、大きく省エネ化しようというわけです。

また、この触媒を使っての合成は、肥料作りのほかにも有用な点があります。いま、新しいエネルギーとして水素が注目されています。例えば、石油を燃やすと二酸化炭素がたくさん出ますが、水素は燃やすと水になるクリーンなエネルギーです。そのため水素を生産する研究が盛んですが、実は生産したその水素を、蓄えて運ぶ方法がきちんと確立されていないのです。気体での水素はかさばるし、液体にするにはマイナス253℃まで冷やすことになり、大きなエネルギーが必要です。ところが、水素に窒素を反応させてアンモニアにしておくと、圧力をかければ常温でも液体になるので、ずっと楽に運べるのです。

ですから、この触媒によるアンモニア合成の低エネルギー化は、農業生産とエネルギー問題の両面で大きな効果が期待できます。僕らの目標は、現在の半分かそれ以下のエネルギーでアンモニアを合成できるようにして、しかも、その触媒を作る材料は、セメントのようにありふれた素材で構成しようとしています。

研究の支えになる2つの思いとは?

関連記事

2014/06/13更新

Vol.010 化学者 北野政明さん

壁にぶち当たったときは 自分が変わるチャンス その経験が、また自分の力になる

2021/08/13更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

バックナンバー

2023/01/20更新

Vol.092 丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん

経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう

2022/10/14更新

Vol.091 千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん

「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう

2022/08/05更新

Vol.090 スキージャンパー
渡邉陽さん

「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう

2022/07/08更新

Vol.089 モデル・インフルエンサー
山口厚子さん

悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう

2022/05/13更新

Vol.088 絵本作家
きもとももこさん

人にはそれぞれ“すわる場所”がある やりたいことを見つけて続けていけば きっとそこへたどり着ける

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.073 前編
特別対談 棋士 藤井 聡太さん
終わりのない将棋の極みへ 可能性のある限り 一歩ずつ上を目指していきたい
Vol.072
名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生
さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう
Vol.071
メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん
多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう
Vol.070
特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!