OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2018/06/29更新

Vol.055

小児外科医 吉岡 秀人さん  後編

「いまの自分」を信じ、
「心の声」を聞いて生きていこう

吉岡 秀人 (よしおか ひでと)

1965年大阪府吹田市生まれ。大分大学医学部を卒業後、大阪、神奈川の救急病院に勤務。1995年から2年間ミャンマーにて医療活動に従事。1997年に帰国し、国立岡山病院、川崎医科大学(倉敷市)で小児外科医として勤務。2003年に再びミャンマーに渡り医療活動に従事。2004年4月、国際医療ボランティア団体ジャパンハートを設立。2017年6月特定非営利活動法人ジャパンハート最高顧問就任。著書に『救う力』(廣済堂出版)、『命を燃やせ ~いま、世界はあなたの勇気を待っている~』(講談社)ほか。

ミャンマーやカンボジア、ラオスなどで無償の医療活動を続ける吉岡秀人さん。2004年に「医療の届かないところに医療を届ける」ことをミッションに、NPO法人ジャパンハートを立ち上げました。いまでは海外のみならず、国内の僻地や離島、大規模災害を受けた被災地の支援のほか、医療人材育成、子どもたちの養育施設の運営など活動の場を広げていますが、そもそもは1995年に吉岡さんがたった一人で始めた活動でした。その力強い行動の源泉は何なのでしょうか。生い立ちを含め、思いを実現するために大切なことについてもうかがいました。

行動をしないと自分の才能のありかが見えてこない

吉岡秀人さん

こうして私は、文系から理系に進路を変更し、2浪することになりました。医師を目指すというと、周囲からは「ムリだ」と言われました。小さい頃、大人から「君たちには無限の可能性がある」と言われていたはずなのに、その可能性に挑戦しようという私をみんなが否定する……。だからせめて、「自分だけでも自分の可能性を信じよう」と思いました。そうでないと、この先50歳、60歳になっても自分が何かやろうとしたとき「ムリかな」と自分で線を引いてしまうのではないかと思ったんです。懸命に勉強して、大分大学医学部に合格することができました。

理解されにくいかもしれませんが、もしかしたら私は、自分で自分の未来を知っていたのかもしれません。きっと多くの人は「自分の才能のありか」をわかっているはずなんです。でもそれを見つけるには、行動してアウトプットしていかない限りわからないんです。

ですから私は、若い人たちに「行動しろ」とよく言います。自分で思っている間はイメージだけでしかありませんが、行動すればそれが自分の前に現われます。それで客観視できて、自分は何が得意で何がしたいのか、自分の姿がわかるようになるのです。

医師になって、ミャンマーに行ったのはたまたまです。ミャンマーでは第二次世界大戦の時、ビルマ戦線で多くの日本人が亡くなっていて、その遺族会から「現地で働く医師を探している」との打診があり、ミャンマーとはどんな国かよく知らないまま、とりあえず行きました。

吉岡秀人さん

朝から晩まで毎日働き、たくさん患者たちを治療しました。一方、難病を抱えた子どもたちが毎日死んでいく。当時の私には子どもの手術の経験などありませんでした。ただ、目の前でこの光景を見続けることはできないと思い、一旦帰国して小児外科を学ぶことにしました。

6年後の2003年に再びミャンマーに渡り、翌年にはジャパンハートを立ち上げました。現地の方と日本人合わせて6人が手伝ってくれましたが、収入もなく、寄付が集まる見通しもなかった。私の貯金が尽きたら終わりだと思っていたら、時代が味方してくれました。それはインターネットです。衛星回線を立てて日本へ向けて活動の情報発信を続けてきたら、ある企業の社長さんが寄付をしてくれました。次第に支援者も増え、ミャンマー以外での活動も広がっていきました。

人生はスーパーボールのようなもの!?

関連記事

2018/06/22更新

Vol.055 小児外科医 吉岡 秀人さん

「いまの自分」を信じ、 「心の声」を聞いて生きていこう

2016/07/15更新

Vol.034 米国農務省 農務スペシャリスト
倉井 友寛さん

目標に向かって 惜しまず努力をすれば 自分の可能性は広げられる

2018/06/08更新

Vol.054 「輪島キリモト」8代目 ブランドディレクター
桐本滉平さん

過去の自分を超えていく 実感をもとに伝えていきたい 輪島塗と漆の魅力

2017/03/17更新

Vol.042 フリーアナウンサー
山本ミッシェールのぞみさん

与えられたチャンスには 心を開いて応えることで 世界はもっと広がっていく

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!