OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2020/09/18更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん  後編

行き詰まっても逃げないで
あきらめずにぶつかって
答えは自分で見つけよう

矢貫 俊之 (やぬき としゆき)
福島県生まれ。5歳から小学校3年生までフィリピン・マニラで過ごす。帰国後は、中学まで福島県で暮らし、野球部で投手として活躍。高校は、野球の名門、仙台育英高校に進学。常磐大学を経て、三菱ふそう川崎に入社。2008年に都市対抗野球大会に出場し、同年ドラフト3位で北海道日本ハムファイターズに入団。2015年途中に読売ジャイアンツにトレード移籍。2016年末に現役引退し、球団職員となる。営業企画部を経て、2019年から広報部、2020年8月からは編成本部にて活躍中。

元プロ野球選手としての経験を活かしながら、現在は読売巨人軍の球団職員として活躍される矢貫俊之さん。この8月からは選手育成も行う編成本部へ異動となり、選手目線での仕事ぶりにますます期待がかかります。矢貫さんは野球を始めたのと同時期に公文式教室にも通い始め、「野球と公文に育てられた少年時代だった」と懐かしそうに語ります。好きで続けてきた野球ですが、「うまくいかないことも多かった」とも。そんなときはどう乗り越えたのでしょうか。現役選手当時も振り返っていただきつつ、困難に打ち勝つ秘けつ、目標に近づくための心がけなどについて、力強いメッセージをいただきました。

「自分で気づいてスイッチを入れること」が、夢に近づく第一歩

矢貫俊之さん

地元の中学はとくに野球の強豪校ではなく、「おれがなんとかするぞ」と意気込んだものの、地区大会2回戦負けで終わっていました。ただ、中学時代の私の活躍を知る方々のご縁もあり、高校は野球の名門、仙台育英高校へ進学しました。当然、レベルが高いので、入部時には「レギュラーになれないかもしれない」と言われました。そう言われても、「自分が頑張ればいい」という気持ちで取り組みましたが、結局ずっと補欠……。当時は「プロになりたい」と思う反面、野球をやめるきっかけも欲しかったというのが正直な気持です。

ただ、3年間補欠で試合に出ていなかったので、「やり切って終わりたい」と考え、試合に出られるチャンスが高そうということもあって、常磐大学に進学しました。大学で野球はひと区切り……と思ったのに、大学の野球部にはのちにプロ野球選手として活躍される小野寺力さん、久保田智之さんという素晴らしい投手が在籍されていて刺激を受け、「やっぱりプロに行きたい!」と夢が再燃。ただ大学ではかなわずに、社会人野球の強豪、三菱ふそう川崎に入社して、硬式野球部で野球を続けました。

ところが社会人野球2年目に、「来年は休部になる」と告げられて……。そのとき監督に「プロに行きます」と宣言しました。それまでは「プロに行けたらいいな」という程度で、自分で断言することはありませんでしたが、休部になると聞いた瞬間に、「プロになる!」という気持ちが固まったんですね。中2のとき、親に「野球をやりたいので公文をやめる」と宣言したのと同じような感覚です。そう宣言してから腹をくくり、行動が変わりました。

夢に近づくには、こうして自分で気づいてスイッチが入り、一歩踏み出せることが一番よいと思います。もちろん、周囲の人が「大丈夫、進んでみなよ」と、背中を押してあげることも大事だと思います。念願叶い、2008年のプロ野球ドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズに投手としてドラフト3位で指名され、6シーズン在籍した後、トレードで読売ジャイアンツへ移りました。

矢貫さんが日ごろから心がけていることとは?

関連記事

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2017/02/10更新

Vol.041 プロゴルファー 武尾咲希さん

一打一打の積み重ねが 高みにつながるから 「結果」に至る「内容」を大切に

2016/05/13更新

Vol.032 整形外科医 山口 奈美さん

好きなことをあきらめない気持ちが 自分の道を切り拓く

2016/12/09更新

Vol.039 車椅子バスケットボール選手
藤澤 潔さん

「どんな自分でいたいか」をイメージして文字に書き起こすと 夢の実現に向けた努力ができる

2020/11/13更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.387
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(4)
子どもの自立をのぞむなら まずは大人が主体的な姿勢を見せよう お話:岡山大学准教授 中山芳一先生
Vol.386
公文書写-家族で学習
どんな時代でも 家族で楽しく、学び続ける ~公文エルアイエル~
Vol.385
浮世絵から見える江戸時代の人々「書初め」
新しい一年の目標や抱負を胸に ~江戸時代の人々のお正月~
Vol.384
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑨            <100点主義>
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!