OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2014/04/11更新

Vol.008

フォトジャーナリスト 渡部陽一さん  後編

戦火のなかの子どもたちの声を
世界に届けて
彼らの笑顔を取り戻したい

渡部陽一 (わたなべ よういち)

1972年静岡県生まれ。大学在学中のアフリカ旅行をきっかけにフォトジャーナリストを志し、世界に飛び出す。これまで130ヵ国以上を訪れ、戦火のなかで人々に寄り添いながら取材を行う。写真展、著書、雑誌掲載等を通して作品を発表するかたわら、テレビやラジオへの出演、講演も数多い。静岡県富士市の観光親善大使も務める。

ゆったりとしながらも真摯な語り口が印象的な、フォトジャーナリスト、渡部陽一さん。死と隣り合わせの戦場に、何度も渡部さんを駆り立てるものとは、いったいなんなのでしょうか。 渡部さんが世界各地で体験し、挑戦することで学んできたことについてうかがいました。

日本の若者には大きな可能性がある

フォトジャーナリスト 渡部陽一さん

日本の子どもたちは勉強に部活、テレビゲームと忙しさに追われている毎日を送っていると思いますが、機会があればぜひ試してほしいことがあります。それは、どんどん外国に飛び出してみること。世界中の人たちの声を聞き、たくさんの人に出会ってほしいです。驚きもあれば、さまざまなことが降りかかってもくるでしょう。大人になってそういったことが、必ず、勉強、仕事、スポーツなどの大きな支えや力になってくれると思います。外国に行くチャンスがなくても、もし街中で外国の人に出会ったり、ふれあえる機会があれば、どんどん世界の声を聞いてみてください。

若者のなかには、ネットやテレビで映像が見られるから、わざわざ外国に行く必要性を感じない、という人もいるかもしれません。けれど、人間はネットというバーチャルな世界に満足しているようでいて、やっぱりお腹がすくとごはんを食べて、冷たさや熱さや美味しさを感じたがる。実は人間は究極のアナログ的存在で、デジタル文化を使ってアナログしたいという本音があると思います。そのアナログの究極が、旅行に出ること。誰しも、旅に出ると最初にそこの特産グルメを食べて大満足し、それをネットにアップしています。聞いた、触れた、食べたことを、ネットという媒体を利用して、よりリアルにアナログに感じたいのではないでしょうか。若者たちはこのネットのスピード感を吸収できているので、それをもって究極のアナログを感じることができると思います。

ネットの力を理解している若者たちは、世界中で必要とされています。そこでは国籍や民族は一切関係ありません。シリコンバレーでもインドのバンガロールでも、ネットの技術をもっていれば誰でも歓迎されます。部屋をなかなか出られない引きこもりの若者でも、ネットの力を極限まで高めれば、世界に出ることは十分できる。世界が日本の若者たちを必要としていると思います。僕は日本の若者たち、「いける!」と思います。心の底から応援していますね。

関連リンク
渡部陽一オフィシャルサイト

関連記事

2014/04/04更新

Vol.008 フォトジャーナリスト 渡部陽一さん

戦火のなかの子どもたちの声を世界に届けて彼らの笑顔を取り戻したい

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2015/07/17更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2013/12/06更新

Vol.004 フリーアナウンサー 久保純子さん

「学び」が「夢見る力」を創るそして、子どもが夢をもつには大人の在り方が大切

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!