OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2013/09/06更新

Vol.001

棋士 羽生善治さん  前編

「迷い」の経験によって、
人は物事を判断する
「ものさし」を身につける

羽生 善治 (はぶ よしはる)

1970年埼玉県生まれ。15歳で四段に昇段して史上3人目の中学生棋士に。
1996年には、7大タイトルを同時に獲得する史上初の七冠となる。2017年には永世竜王を獲得し、史上初となる「永世七冠」を達成。
公文学習歴:小2から算数・数学を学習し、奨励会に合格し忙しくなっても中3まで継続。

稀代の天才棋士と言われ、長く将棋界を牽引している羽生善治さん。羽生さんは何を思いながらその一手を指すのでしょうか。羽生さんの半生と将棋哲学から、夢や目標を実現するためのヒントを探ってみたいと思います。

勝負の厳しさを教えてくれた奨励会

棋士 羽生善治さん

小学4年生になって、段を取れるようになり、子どもの大会に出場し入賞できるようになってきました。何となく成果が出始めてきたころです。師匠のところに弟子入りをしたのは小5の秋。なんせまだ11歳ですから、将来を決めるというよりは、漠然と将棋を続けていけたらいいなっていう感じでした。

深くは考えていなかったですね。たとえば野球の世界だったらプロのイメージは誰でも分かりますよね。しかし将棋の世界はどうやったらプロになれるのか、プロになったらどういう暮らしをするのか、全然分からなかったんですよ。だからまったく何も知らないまま入ったのがこの世界です。分かるのは1年に1回試験があるということだけ。

そんな状態で12歳のとき奨励会に入会し、プロの世界に飛び込みました。何も考えないで入ってはみたんですけど、入ってみたら年齢制限という厳しい掟がありまして、20歳の誕生日までに初段、25歳の誕生日までに四段にならないと自動的に退会になってしまうんです。

お世話になった先輩や仲の良かった同期がどんどん辞めていきました。誰に何を言われるわけじゃないですけど、そういう厳しい状況を目の当たりにしたら自然と一生懸命になりますよ。道場で和気あいあいと将棋を指しているのとは雰囲気がまったく違うので。

奨励会では1年で1つは上がらなきゃいけない計算ですが、同じくらいのレベルの子たちが同じような環境でやっているので、そんな簡単には勝てないんです。当たり前ですよね。私はそこで勝負の世界の厳しさを知りました。

よくない状態からの抜け出し方のコツとは?

関連記事

2013/09/13更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、人は物事を判断する「ものさし」を身につける

2017/09/08更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

2014/08/01更新

Vol.012 棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん

囲碁のおもしろさは考えても考えてもよくわからないところ

2014/08/08更新

Vol.012 棋士(囲碁九段) 山下敬吾さん

囲碁のおもしろさは考えても考えてもよくわからないところ

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.393
家庭学習調査2020(2)学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価は?
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!