OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/09/08更新

Vol.047

女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん  前編

の実現は楽しく、そして根気強く
つらくなったら初心を思い出し
もう一度がんばろう

カロリーナ・ステチェンスカ (かろりーな・すてちぇんすか)

1991年、ポーランドの首都ワルシャワ生まれ。外国人女性として初めて研修会に入会し、女流棋士資格を取得。師匠は片上大輔六段。16歳のときに将棋に興味をもち、ワルシャワの大学で情報工学を学んでいた20歳のとき、プロ棋士に招待され初来日。2013年に山梨学院大学経営情報学部に編入、現在プロ棋士として活動しながら同大学大学院に在学中。公文式日本語プログラムの学習経験者。

2017年2月20日、外国人初の女流プロ棋士が誕生しました。ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカさんです。外国人棋士の誕生は男女を通じて史上初。この4月には女流1級に昇級し、次の目標に向かって進んでいます。日本語はほぼ話せない状態で来日したカロリーナさん。「日本でプロ棋士になりたい」という夢を実現させるために、どのような努力をされてきたのでしょうか。今に至るまでのあゆみや将棋の魅力、異文化で生活するうえでの心構えなどについて、流暢な日本語で話してくださいました。

「将棋の国際化」をテーマに論文を執筆中

カロリーナ・ステチェンスカさん

わたしは女流棋士として今年4月に1級に昇級し、仕事のある東京と大学院のある山梨を往復する生活をしています。東京では将棋イベントに参加したり、指導将棋や対局をしたり、記録係も務めます。

山梨学院大学大学院では社会科学を専攻しています。2年生なので修士論文を執筆中です。テーマは「将棋の国際化」。最近、ヨーロッパでも将棋が人気ですが、そんな状況を日本人はあまり知らないと思います。ですから、ヨーロッパから来たわたしが紹介したいと思っています。

たとえば将棋の「教え方」は、ヨーロッパと日本では違います。将棋は漢字を使っていますよね。日本人は漢字が読めますが、ヨーロッパの人はもちろん読めません。ヨーロッパの人にとっては難しく、それをどう乗り越えるか、どんな教え方があるのか、それを調べたらおもしろいかな、と思っています。

わたしが生まれ育ったのはポーランドの首都ワルシャワです。都市なので、東京と同じような感じですよ。子どものころはあまり人と話せないおとなしい子でしたが、広場で友だちとかけっこをしたりして遊んでいました。わたしはゲームや考えることが得意だったので、数学やコンピューター、チェスが好きでしたね。チェスは父やおじいさんから教わりました。

母はIT系の仕事、父はコンピューター部品の販売をしていたこともあり、ワルシャワではまだコンピューターが珍しかった時代に、自宅にコンピューターがありました。いま思えば、それを小さいころから見ていたので、コンピューターに興味をもったのかもしれません。きょうだいは双子の妹がいます。見た目はそっくりですが、性格も趣味も全然違います。彼女は読書が好きな文学少女で、とても繊細。わたしは冷静でロジカルに考えるタイプですからね。

カロリーナさんが将棋を始めたきっかけとは?

関連記事

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

学習者・OBOG  2017/09/19更新

Vol.226 未来を創る仕事-EF

「自分で考えて課題を 解決し、進んでいく力」は 目標を実現する力となる イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社  上山美那さん

KUMONグループの活動  2017/10/24更新

Vol.232 日本語学習で夢をかなえる
-公文式日本語プログラム動画レポート

日本語力の向上が競技人生を支える

2013/09/06更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、 人は物事を判断する 「ものさし」を身につける

2013/09/13更新

Vol.001 棋士 羽生善治さん

「迷い」の経験によって、人は物事を判断する「ものさし」を身につける

バックナンバー

2021/01/08更新

Vol.074 女子レスリング選手
登坂絵莉さん

「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける

2020/11/06更新

Vol.073 講談師
旭堂南湖さん

最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる

2020/09/11更新

Vol.072 読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん

行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう

2020/08/07更新

Vol.071 アート・トランスレーター
田村 かのこさん

今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる

2020/07/10更新

Vol.070 文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん

「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.392
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑪            <高校でできるようにする>
Vol.391
公文式日本語最終教材修了生が語る自学自習の魅力とは?
自学自習でコツコツ学習することで、 「やればできる」経験を積み、 その先の挑戦へ!
Vol.390
タイム誌による初めての「Kid of the Year(キッド・オブ・ザ・イヤー)」に選出
ギタンジャリ・ラオ(Gitanjali Rao)さん 得意な科学と技術を使って 人を笑顔にしたい
Vol.389
家庭学習調査2020(1)
子どもの家庭での過ごし時間の変化
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.065 後編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.065 前編
もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生
「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる
Vol.064
神田外語大学 特任講師
上原雅子先生
言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう
Vol.063
往来物研究家
小泉吉永先生
江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!