OB・OGインタビュー
Catch the Dream - 夢をかなえる力

2017/09/08更新

Vol.047

女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん  前編

の実現は楽しく、そして根気強く
つらくなったら初心を思い出し
もう一度がんばろう

カロリーナ・ステチェンスカ (かろりーな・すてちぇんすか)

1991年、ポーランドの首都ワルシャワ生まれ。外国人女性として初めて研修会に入会し、女流棋士資格を取得。師匠は片上大輔六段。16歳のときに将棋に興味をもち、ワルシャワの大学で情報工学を学んでいた20歳のとき、プロ棋士に招待され初来日。2013年に山梨学院大学経営情報学部に編入、現在プロ棋士として活動しながら同大学大学院に在学中。公文式日本語プログラムの学習経験者。

2017年2月20日、外国人初の女流プロ棋士が誕生しました。ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカさんです。外国人棋士の誕生は男女を通じて史上初。この4月には女流1級に昇級し、次の目標に向かって進んでいます。日本語はほぼ話せない状態で来日したカロリーナさん。「日本でプロ棋士になりたい」という夢を実現させるために、どのような努力をされてきたのでしょうか。今に至るまでのあゆみや将棋の魅力、異文化で生活するうえでの心構えなどについて、流暢な日本語で話してくださいました。

「将棋の国際化」をテーマに論文を執筆中

カロリーナ・ステチェンスカさん

わたしは女流棋士として今年4月に1級に昇級し、仕事のある東京と大学院のある山梨を往復する生活をしています。東京では将棋イベントに参加したり、指導将棋や対局をしたり、記録係も務めます。

山梨学院大学大学院では社会科学を専攻しています。2年生なので修士論文を執筆中です。テーマは「将棋の国際化」。最近、ヨーロッパでも将棋が人気ですが、そんな状況を日本人はあまり知らないと思います。ですから、ヨーロッパから来たわたしが紹介したいと思っています。

たとえば将棋の「教え方」は、ヨーロッパと日本では違います。将棋は漢字を使っていますよね。日本人は漢字が読めますが、ヨーロッパの人はもちろん読めません。ヨーロッパの人にとっては難しく、それをどう乗り越えるか、どんな教え方があるのか、それを調べたらおもしろいかな、と思っています。

わたしが生まれ育ったのはポーランドの首都ワルシャワです。都市なので、東京と同じような感じですよ。子どものころはあまり人と話せないおとなしい子でしたが、広場で友だちとかけっこをしたりして遊んでいました。わたしはゲームや考えることが得意だったので、数学やコンピューター、チェスが好きでしたね。チェスは父やおじいさんから教わりました。

母はIT系の仕事、父はコンピューター部品の販売をしていたこともあり、ワルシャワではまだコンピューターが珍しかった時代に、自宅にコンピューターがありました。いま思えば、それを小さいころから見ていたので、コンピューターに興味をもったのかもしれません。きょうだいは双子の妹がいます。見た目はそっくりですが、性格も趣味も全然違います。彼女は読書が好きな文学少女で、とても繊細。わたしは冷静でロジカルに考えるタイプですからね。

カロリーナさんが将棋を始めたきっかけとは?

関連記事

2017/09/15更新

Vol.047 女流棋士
カロリーナ・ステチェンスカさん

夢の実現は楽しく、そして根気強く つらくなったら初心を思い出し もう一度がんばろう

KUMONグループの活動  2015/04/28更新

Vol.085 日本語もKUMON-YFU

世界各国から来日した交換留学生(高校生)の日本語学習支援は「KUMONの日本語」が最適!YFU交換留学生に対する26年にわたる公文式日本語導入活動の軌跡

KUMONグループの活動  2014/08/20更新

Vol.050 日本語もKUMON-山梨学院大学

世界のトップアスリートでもある スポーツ留学生の 日本語力養成にぴったりの学習法 超多忙なトップアスリートたちが学ぶKUMONの日本語教材

KUMONグループの活動  2014/05/13更新

Vol.036 日本語もKUMON-FAIS

大学・大学院の留学生も 日本語はKUMONで! FAIS(公益財団法人北九州産業学術推進機構)での公文式日本語学習導入

学習者・OBOG  2017/09/19更新

Vol.226 未来を創る仕事-EF

「自分で考えて課題を 解決し、進んでいく力」は 目標を実現する力となる イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社  上山美那さん

バックナンバー

2021/09/17更新

Vol.081 オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん

学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう

2021/08/06更新

Vol.080 ライター/翻訳者
堀越英美さん

「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう

2021/07/16更新

Vol.079 常葉大学造形学部
講師 村井貴さん

本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう

2021/06/11更新

Vol.078 将棋棋士 谷合 廣紀さん

「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう

2021/05/14更新

Vol.077 株式会社roku you代表取締役 教育クリエイター
下向 依梨さん

人には自分で思う以上の可能性がある それを磨くために 解像度を上げて日常を見てみよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.417
アブダビの小学校において公文式による学力向上貢献事業を実施しています
ADNOC、JODCO、KUMONの3社による アブダビ事業が 令和3年度「日本型教育の海外展開(EDU-Portニッポン)応援プロジェクト」に採択されました
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.069 後編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.069 前編
特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力
Vol.068
特別対談 未来を生きる子どもたちのために①
これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材
Vol.067
青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生
「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!