スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2021/09/03更新

Vol.069

特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
  後編

生涯にわたって必要なのは
自ら「自学自習」できる力

田島 信元 (たじま のぶもと)

1946年生まれ。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。東京大学大学院教育学研究科修士課程(教育心理学専攻)修了。博士(人間科学)。北海道大学教育学部発達心理学研究室助手、東京外国語大学外国語学部心理学研究室助教授・教授、白百合女子大学人間総合学部発達心理学科教授・同大学付属生涯発達研究教育センター所長を経て、現在、センター特別研究員、東京外国語大学・白百合女子大学名誉教授。

時代の変化がよりスピードを増しているように感じられるなか、「どんな時代、どんな状況になっても、子どもたちが伸びていくために大切なことは何か?」――これからの子どもたちに求められる力、そして育みたい力について、各界の識者とともに探っていきます。
今回は、発達心理学の専門家として長きにわたりKUMONとの共同研究にも関わってくださっている田島信元先生をお迎えして、公文教育研究会 代表取締役社長の池上秀徳が対談を行いました。前編に続く後編では、公文式学習における効果的なICT活用について意見を交わしました。

指導者があってこその「自学自習」

特別対談:田島信元先生,池上秀徳

公文教育研究会 池上(以下、池上):ここまで、KUMONは自学自習力や内面的な力を大事していることを述べてきました。KUMONは自学自習に導く学習法を実践してきましたが、自学自習とは子どもを放っておいて何でもひとりでさせることではありません。子どもが学習していくなかで、支える先生や親は不可欠な存在です。「ひとりでできないところにどういう働きかけを行うかが公文の真髄である」という意味のことを、非認知能力、認知能力という言葉が使われる前からずっと、創始者の公文公は語っていました。
田島先生のご専門である発達心理学では、子どもが一人で到達できる水準と、周囲の人が支援して到達できる水準との間の領域を“発達の最近接領域(ZPD:Zone of Proximal Development) ”と呼んでいると思います。
この領域に適切に働きかけることによって、子どもたちの成長を効果的に促進できると言われていますが、実はKUMONでも、創始者から受け継いできている原理原則の中で、そのことをとても大事にしています。
と言いましても、その理論を意識したというより、実践の中でこだわってきたというものではありますが。

田島信元先生(以下、田島):意識していなかったとしても、KUMONは、ZPDの理論を創業時から内包していたことがすごいですね。大いに賛同します。子どもは自らできる力を持って生まれてくるけれど、決してひとりではできるようにはならない、というのはZPDの理論を構築した心理学者のヴィゴツキーが主張しています。
場が与えられて、考えてみてできる部分もあるし、できない部分もある。そのZPDに対して指導者や周囲が刺激やヒントを与えて、できるようになれば賞賛しましょう。そしてできたらそれでよしではなくて、どうしてできるようになったのかを言語化してフィードバックするのが理想的ですね。
一方で、できなかったところについては、子どもたちもがっかりしているはずだから、「よく頑張ったね、こういう風に考えるといいよ」と、ヒントやモデルを示してあげれば良いんです。手を出しても教え込んでもいけないけれど、放任もよくないんです。
どのように頑張っているのか、悩んでるのか、子どもの目線で関わり合っていくことが大事だと思います。子どもの目の輝きや嘆息とか表情とか息遣い、苦労しているなということは放任していたら見られませんから。

池上:子どもたちが先の見えないトンネルを出口も見えないまま走り続けるのは限界があるから、先の見通しを示したり、伴走しながら子どもを励ますことがとても大切だと、創始者の公文公は教室の先生から気づかされたというエピソードもあるそうです。
先日、陸上のある選手が、1人でやっているとゴールイメージが持てなかったが、コーチをつけたことで飛躍的に記録が伸びたと話していました。アスリートにコーチが必要なように、私は学習者にもコーチが必要と思います。ここまでいってみよう、次はここまでがんばってみて、と子どもに身近なゴールや見通しを示して励ましてあげる、そこを人がサポートできるのも公文式学習の強みなんですよ。これはAIにはできないことかもしれません。

田島:公文式学習が自学自習だからといって、指導者が「1人で10人も20人も教えられるなんて楽でいい」なんて思う人もいるかもしれませんが、とんでもないことです。一方向から教えたり情報を与えるほうがよっぽど楽なんです。
KUMONの指導者ほど、心をくだいて子どもを見守っている状況はないと思います。非認知能力を高める、子どもたちにやる気を起こす、思いを伝えるといったことは、どれだけICT化が進んだとしても、指導者、人の関わりがあってこそできることですね。

KUMONらしいICT活用とは?

関連記事

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/06/04更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/11/05更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
Vol.459
英語で社会の課題解決策を考えよう
地球社会に貢献する有能な人材を育てる Kumon English Immersion Activities
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!