スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2021/08/27更新

Vol.069

特別対談 未来を生きる子どもたちのために②
  前編

生涯にわたって必要なのは
自ら「自学自習」できる力

田島 信元 (たじま のぶもと)

1946年生まれ。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。東京大学大学院教育学研究科修士課程(教育心理学専攻)修了。博士(人間科学)。北海道大学教育学部発達心理学研究室助手、東京外国語大学外国語学部心理学研究室助教授・教授、白百合女子大学人間総合学部発達心理学科教授・同大学付属生涯発達研究教育センター所長を経て、現在、センター特別研究員、東京外国語大学・白百合女子大学名誉教授。

時代の変化がよりスピードを増しているように感じられるなか、「どんな時代、どんな状況になっても、子どもたちが伸びていくために大切なことは何か?」――これからの子どもたちに求められる力、そして育みたい力について、各界の識者とともに探っていきます。
今回は、発達心理学の専門家として長きにわたりKUMONとの共同研究にも関わってくださっている田島信元先生をお迎えして、公文教育研究会 代表取締役社長の池上秀徳が対談を行いました。今回お届けする前編では、学びを支える非認知能力について意見を交わしました。

21世紀は持っている能力を
生かしていく時代

特別対談:田島信元先生,池上秀徳

田島信元先生(以下、田島):20世紀は子どもたちの持つ知識や技能、態度、広く言えば思考力や分析力等の認知能力は、学校や社会を通じて育てていくべきだと考えられていました。しかし、研究の進展や多くの事例から、それらの知識や技能は実践的に使える能力にはならないだろうという発想に変化していきました。
実際、社会や経済もなかなか問題解決が難しい状況になってきましたし、環境の変化や研究の成果も含め、認知能力と想定されていたもののベースは、子ども自身が持つ、非認知能力であり、その重要性が叫ばれるようになりました。
20世紀の教育は学習内容に対してレベルを設定して、そこにいかに早く到達するか、一種のトレーニングを行い、テストをして確認していたわけですが、21世紀の学校では子ども自身が「こんな力を身に付けたい」と学習目標を立て、それに積極的に向かっていく「学習に向かう力(非認知能力)」や、社会状況に応じて周りの人々と協働しながら新しい知識や技能を創造していく力を育てるために、非認知能力を活かした授業を行い、教師と生徒、そして生徒同士がディスカッションやネゴシエーション、すり合わせを通して、新たな知識や技能を身に付け、創造までしていくことを目指すようになってきました。
(※非認知能力=意欲、粘り強さ、計画性など、数値化することが難しい個人の特性による能力)

公文教育研究会 池上(以下、池上):子どもたちに必要な力という切り口について言いますと、一つの論点は世の中が子どもたちにどんな力をつけてほしいと望むかということだと思うのです。たとえば日本の戦後、高度成長期の1950年代から70年代までであれば、産業社会が、日本人としてこういう成人、企業人が欲しいと考えていたものが教育の目標になっていたと思います。現在はグローバル人材ということがよく言われますが、これは、社会がグローバル化したことに即応しています。子どもたちは社会の中で自己実現を果たしていくことになるのですから、今求められる人材と言われると、それはグローバル人材と言えるのではないでしょうか。

田島:グローバル人材というと、地理的、文化的に異なる世界を超えたグローバルな世界に通用する人材のことだと思いますが、そのためには、学校は学校、社会は社会ではなく、学校から社会に至る異なる発達段階を超えて、生涯発達の全過程で通用するグローバルな人材を企業や社会が求めているということは、大変共感できます。
実際、非認知能力というのは、子どもたちが生涯発達していくために必要な力であると言えますし、私がリカレント教育(義務教育期間や大学で学んだ後に、「教育」と「就労」のサイクルを繰り返す「教育制度」)に関わった時に、自分はやればできるという自己肯定感を持った人は伸びていくとあらためて思ったことがありました。自己肯定感というのは、まさに非認知能力の到達点であると考えています。

池上:非認知能力を高めることは子どもたちにとって非常に重要だと思います。私たちは非認知能力という言葉をそのまま使っていませんが、「自学自習力」や「内面的な力」という言葉を使ってきました。公文式学習は基礎学力とともに、学習習慣や自分で考える力といった内面的な力を伸ばす教育をしてきたと言えます。

自分の居場所を感じられれば子どもは伸びていく

関連記事

2021/09/03更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

2021/06/04更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.416
学習療法在宅コースとは?
研修会で学びご家族へのサポートに生かす ~学習療法在宅コースでの実践~
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
Vol.413
スイス公文学園初!オンラインサマースクール
スイスという国と異文化を身近に感じ 学校生活を体験できる充実した3日間
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.081 後編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.081 前編
オアシススタイルウェア代表取締役
中村有沙さん
学びによって自分も世の中も変えていける 「妄想」が「現実」に変化していくことを楽しもう
Vol.080
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!