スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2021/11/05更新

Vol.070

特別対談 未来を生きる子どもたちのために③
  後編

学び合いが創り出す
KUMONならではのホスピタリティ

原 良憲 (はら よしのり)

兵庫県姫路市出身。1981年東京大学工学部電子工学科卒業。1983年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。2005年京都大学博士(情報学)。1983年日本電気株式会社入社以来、日本と米国・シリコンバレーの研究拠点で、メディア情報管理などの研究・事業開発に従事。2006年より京都大学経営管理大学院教授(現職)。同大学院院長(2018~2020年)、サービス学会会長、日本学術会議連携会員、京都市ベンチャー企業目利き委員会審査委員など。

各界の識者とともに、教育の未来やKUMONのこれからを探っていく対談シリーズ。今回は、サービス・イノベーション、インテグレイティド・ホスピタリティなどを専門に、京都大学経営管理大学院にて教鞭をとる原 良憲教授にお越しいただき、公文教育研究会 代表取締役社長の池上秀徳が対談を行いました。後編では非認知能力とICT活用の話題、KUMONのこれからについてエールをいただきました。

非認知能力をいかに見える化するかがカギ

原 良憲教授(以下、原):お話をお聞きし、KUMONは創業の時から、相手への気づきや理解といったホスピタリティの要素を持ち合わせていたことが改めて分かりました。指導者が学習のプロセスの中で、生徒の様子に気づいたり、褒めて自己肯定感を高めたりといったことを通して、生徒の自学自習の向上をはかっているのですね。

特別対談:原良憲教授,池上秀徳

公文教育研究会 池上(以下、池上):私たちは、そうした生徒たちの自己肯定感や教材を自分で解こうとする意欲などの内面的な力をいかに育むかということにこだわってきましたが、KUMONというと計算を速くするというイメージが世間では強く持たれているように思います。計算が速くなることは、それはそれで意味のある事ですが、そうした学力と同時に内面的な力を高めていくことに取り組んでいることは世の中にあまり認識されていないように思います。生徒の中にそうした変化や成長が起きていても、私たちがこれまでその点を分かりやすく伝えてきていない、言語化できていないことも一因だと思っています。計算が速くなることは分かりやすく、時間や正解数と言った目に見えるものがあるので、保護者にも価値を感じていただきやすいのですが、自分で考えるようになってきた、ねばり強くなってきた、自己肯定感が高まってきた、といったいわゆる「非認知能力」と言われている力は、目に見えにくく数値化もしにくいという難しさがありますね。しかし、学習のプロセスの中で子どもたちの変化・成長に気づき、それを言葉に表現して分かりやすく保護者に伝えていく仕組みが必要だと思っています。こうした仕組みにテクノロジーを積極的に使っていきたいですね。例えば、先生方は保護者とのコミュニケーションをとても大切にしていますが、子どもたちががんばった瞬間を記録にしてデータ化しておくと、このコミュニケーションの場で内面的な力の向上を具体的に保護者に伝えていくことができますね。テクノロジーはコミュニケーションを強力にサポートする魅力的なツールになります。

原:目に見えないものに、人は価値を見出しにくいところがあります。目に見えるものには対価を払いやすいので、目に見えない無形資産を見える化するというのは大事だと思います。教育の世界で、非認知スキルという言葉をよく聞くようになりましたが、そうした非認知スキルの見える化の動きは今後色々な形で起きてくるでしょうね。ある非認知能力を“データ化する”という点においては、テクノロジー企業が強いと思いますが、大事なことは、どういった非認知能力が生徒にとって大事なのかだと思います。それは、データ化のプロであるテクノロジー企業ではなく、長年、教室という場をもって、指導者という人が学習プロセスを生徒と共に創ってきたKUMONが、優位性を持っていると思います。生徒ごとにどの様に学習を進めていくのが良いのか、過去の成績をもとに予測することは他でもできても、KUMONの長年の実践経験をいかした非認知のデータを組み入れた未来予測は、とても価値あるものになるのではないかと期待しています。

常に見通しを示すことが重要

関連記事

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/06/04更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

KUMONグループの活動  2020/03/31更新

Vol.348 特別対談 BRAC創設者アベド氏を偲んで

教育を通じた社会貢献を 目に見える形で実現できた BRAC×KUMONプロジェクトの未来

KUMONグループの活動  2019/12/24更新

Vol.337 特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON

2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.469
地域医療従事者を目指す公文国際学園卒業生
KUMONで学んだことは 長時間机に向かえる力と 自分で計画を立てて取り組む力
Vol.468
公文書写―「書く」と「描く」
「好き」と思うこと、 自分のペースで楽しむ ~居心地のよい空間~
Vol.467
Baby Kumon 10年の歩み
~これまで語られることのなかった Baby Kumon担当者たちの想い~
Vol.466
KUMONの各事業トピックス2022
公文の理念に向かって ~各事業が目指すこと &2022年トピックス~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.092 後編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.092 前編
丸紅インドネシア代表
笠井 信司さん
経験に無駄は何ひとつとしてなく 将来に必ず生きる “Discipline”を身につけよう
Vol.091
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!