KUMONトピックス
Feature Report - 進化し続ける活動
カテゴリーを表示

KUMONグループの活動  2018/08/21更新

Vol.270 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(2) 田島信元先生  

発達心理学者・田島信元先生が語る
公文式学習は「自己効力感」の積み重ね

KUMONは2018年、創立60周年を迎えました。KUMONを知る識者の方々に、それぞれのご専門の観点からKUMONについてうかがっていくスペシャルコンテンツ。第2弾となる今回は、発達心理学がご専門の田島信元先生です。田島先生には長い間、乳幼児や障害児の共同研究で関わっていただいています。公文式学習法を研究対象にされたきっかけについてもお話をいただきました。

学習の土台作りがあってこそ学習意欲が育まれる

Q.田島先生は公文式の価値をどのように見ていらっしゃいますか?
私が考える公文式の価値は3つほどあります。

1つ目は、発達心理学の原理を見事に包括しているシステムであるという点です。私は公文式と出会う以前、大学附属の幼稚園で子どもたちに数や言葉を教えていたのですが、なかなかうまくいきませんでした。その時に、公文公(くもんとおる)会長の『公文式算数の秘密』(廣済堂出版)を読んで、「こんな画期的な教育システムと教材があるのか!」と驚きました。その内容は、後に10年間くらいにわたって研究した結果、じつに見事に発達心理学の原理を包括していたのです。しかも、私ども玄人でも舌を巻くような実践レベルのシステムであるということに大きなインパクトを受けました。

2つ目は、障害(自閉症スペクトラムやダウン症候群など)を持った子どもたちが、公文式学習で非常に大きな成果を上げていることです。彼らの成長を目の当たりにして、やはり公文式教材は、人間の学習や発達について本質的なところを押さえているのだと確信できました。

3つ目は、教室そのものにあります。公文式の本質は、教材そのものだけではないと考えています。教材の影響というのは、私の考えでは最大で50%まで。あとの50%以上が、教室での指導者の関わりだと思います。子どもたちが自立学習を頑張っている時に、教室という場で一声の声かけで上手にフォローする、これが大きいと考えています。

Q.発達心理学の原理に則して、「教室という場」で起きていることについて、もう少し詳しくお聞かせください。
公文式学習は、算数・数学、国語、あるいは英語といった教科の知識や技能的なことを身につけられる学習システムだと一般的には受け取られているように思います。しかし私は、公文式の本質は、そうした直接的な学力向上だけが目的ではないと見ています。教室では、先生やスタッフの皆さんを介して、子どもたちがそれぞれの段階に合ったレベルで学習に挑戦していく、そのなかでのやりとりがとても重要だと思っています。

子どもの学びにおいては、学習内容以前に、「ここでどんなことを学習するのか?」、そして「学習することは本当に自分にとって意味があるものなのか?」を確かめる時期があります。まずは先生とのやりとりを通じて、子どもたちは「ここでは落ち着いて自分の学習ができる」ということを認識し、大事な土台作りをします。そして先生と話をすることで、勇気をもらって頑張ってみようという気持ちになり、そのあとに教材の中身の理解に入っていく、というプロセスがあります。私は、公文式は、子どもの発達に即した、科学的にも非常にナチュラルな教育システムだと考えています。

Q.公文式学習の特徴の一つでもある「日々の積み重ね」は、子どもの発達の観点からはどのような意味がありますか?
子どもたちは、0歳の段階から達成感を求めて行動しているところが見られます。これを私たちは、「自己効力感」、あるいは「自己効果感」と言っています。これが大きな動機づけとなって、さまざまな積極的な活動が起こり、持って生まれたポテンシャルである大きな学習能力を発揮できるのです。子どもたちは常に、自分のやってきたことを自分自身で評価しています。ですから日々の「達成感」とともに自己評価の積み重ねがあることは、子どもの発達においてとても大事なことなのです。

じつは私が一番最初に公文式に惹かれたのは、そういうシステムを持っていたからなんです。教材には、はじめに導入があり、例題を手がかりに「自分の力でやってみる」という流れがあります。そして、教材が終わったら採点。心理学でいう“即時フィードバック”があります。採点をしてできたところは丸をつけて、「よく頑張ったね」「本当によくできたよ」とほめられる。一方で、ミスをしたところは「ここはもう一回見直してみよう」ということになります。子どもたちの満足そうな顔やガッカリした表情、そういう悲喜こもごものある教室風景は、公文式学習の大きな特質だと考えます。

Q.KUMONは今年創立60周年を迎えました。KUMONにかかわる全ての人に向けて、先生からメッセージをいただけますか?
発達心理学では、これまで人間の精神的発達、とりわけ知的発達の研究に取り組んできたのですが、近年、「社会的能力の発達」が注目されるようになってきました。社会的能力の発達がベースにないと、本当の知的発達は起きないということがわかってきたからです。その観点から考えると、公文式教室での先生とのコミュニケーションを通じて、子どもたちが社会力を身につけ、そのうえで自力学習へと導けば、子どもたちは持って生まれた大きな学習能力を十分に発揮できます。その意味では、公文式はとても重要な発達支援教育の根幹、王道を示しています。

公文式は、長い歴史のなかで科学的な検証とともにさまざまな論評を受けてきました。KUMONにかかわる方々には、科学的な観点にも注目し、改めて公文式が非常に大きな、優位な子どもの発達支援材料であることを認識していただきたいですね。特に、子どもたちの発達のベースづくりともいえるBaby Kumonプログラムをぜひ世の中に広めていっていただきたいと思います。

 

関連リンク

発達心理学者 田島信元先生|KUMON now!スペシャルインタビュー
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)片平秀貴さん|KUMON now!トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)井上達彦先生|KUMON now!トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4)伊藤健先生|KUMON now!トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(5)千葉杲弘先生|KUMON now!トピックス
KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6)多賀幹子さん|KUMON now!トピックス

関連記事

KUMONグループの活動  2018/11/13更新

Vol.281 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(5)
千葉杲弘先生

ユネスコで要職を歴任した千葉杲弘先生が語る 世界の未来と呼応するKUMONの活動

KUMONグループの活動  2018/12/11更新

Vol.285 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(6) 多賀幹子さん

ジャーナリスト多賀幹子さんが語る 指導者の情熱こそKUMONの神髄

KUMONグループの活動  2018/10/09更新

Vol.276 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(4) 伊藤健先生

社会的投資の専門家、伊藤健先生が語る KUMONは「イノベーション」を作り出す企業

KUMONグループの活動  2018/07/31更新

Vol.267 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(1)
片平秀貴さん

ブランド研究の専門家、片平秀貴氏に聞く! 世界に通用するブランドの共通点とは?

KUMONグループの活動  2018/09/18更新

Vol.273 KUMON60周年スペシャルコンテンツ(3)
井上達彦先生

経営学の専門家・井上達彦先生が語る 模倣できない公文式は「究極の学びの場」

バックナンバー

KUMONグループの活動  2019/10/01更新

Vol.326 メキシコの教室の “Big Man”

数字が怖かったマヌエルさん 公文式学習から得たものは、仕事に 必要なスキルと自信そして学ぶ喜び

KUMONグループの活動  2019/09/24更新

Vol.325 English Immersion Camp 2019

英語を使って世界を身近に ~イングリッシュ・イマージョン・キャンプ2019開催~

KUMONグループの活動  2019/09/17更新

Vol.324 公文式の英語教材

子どもたちが自学自習 しやすくするために 一瞬の「間」も大切に

子育て・家庭学習  2019/09/13更新

Vol.323 親子のきずなづくり

「ことばのやりとり」を通じて、 親子の“歯みがきタイム”を楽しい時間に

学習者・OBOG  2019/09/10更新

Vol.322 パナマ共和国に公文式教室開設!

子どもたちの可能性を 育んでいきたい ~パナマに6教室同時開設~

KUMONトピックス カテゴリー別インデックス

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.064 後編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.064 前編
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
Vol.063
JAXA 宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員
渡辺英幸さん
柔軟な価値観を持ち 変化を不安と思わずに チャンスととらえて楽しもう
Vol.062
国連広報センター所長
根本かおるさん
「好奇心」は大切な原動力 What, Why, Howを自らに問いかけて 思考やものの見方を広げよう
スペシャルインタビュー
Academic Milestones 学びを究める力
NEW
Vol.057 前編
中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生
くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう
Vol.056
声楽家
安田祥子さん
歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に
Vol.055
東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生
「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう
Vol.054
関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生
「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!