スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/10/30更新

Vol.064

神田外語大学 特任講師
上原雅子先生  後編

言語は「伝える」ためにある
「伝えたい」という気持ちを込めて
自分の意見を発言してみよう

上原 雅子 (うえはら まさこ)

東京都生まれ。神田外語大学英米語学科特任講師。NPO法人「国際人をめざす会」理事、一般社団法人「英語落語協会」理事。King's College, London(応用言語学)修士課程修了。駐ジョージア大使夫人として、1年の半分ちかくをジョージアに滞在しながら、ジョージアの魅力を日本に伝えるべく活動中。本業は大学英語講師で、特にTOEFL®指導、4技能統合型授業の推進、アウトプット系の指導法に注力。著書に『Speaking スキルが高まる必修ポイント8』『Writingスキルが高まる必修ポイント10』(共にくもん出版)など。

英語教育改革の最中にある今、柱となっているのが「読む」「聞く」「書く」「話す」の英語4技能を統合的に学ぶことです。現在大学で英語を教える上原雅子先生は、かねてより4技能統合型の英語教育の推進に注力、TOEFL ®の指導にも精力的に取り組まれています。一方では高座名「鹿鳴家一輪」としての「英語落語」の実践者でもあり、さらにはロシアやトルコに挟まれたコーカサス地方の国・ジョージアの日本大使夫人という顔もお持ちです。「英語嫌いの時期もあった」と振り返る上原先生に、英語力の伸ばし方やTOEFL® の意義のほか、英語落語やジョージアの魅力など、幅広い話題でお話をうかがいました。

「否定的な言葉」はなるべく控える
「自信を伸ばす」だけでなく「自信を壊さない」心がけを

上原雅子先生

私が大切にしてきたのは、「否定的な言葉はなるべく使わないこと」です。アメリカで子育てをしていた頃、なぜ子どもたちはあんなに自信があるのかと不思議に感じていました。あるとき、それはアメリカのお母さんたちは、子どもに対して否定的な言葉を使わないからだと気づきました。

子どもでも大人でも自信を持つことは簡単ではなく、「自信を持ちなさい」と言ってもすぐに持てるものではありません。自信とは、人から褒められたり認められたり点数が上がったりと、小さな成功体験を積み重ねてできるものです。否定的な言葉は、そうしてできた自信を、一瞬で崩してしまいます。大人も子どももそのことをもっと意識して前向きな言葉を選んで話さなければと思います。言葉はそれだけ力があるのですから。

子どもはとくに「親がわかってくれる」ことが、人生においての一番の原動力です。その親が否定的な表現を使わないだけでも、子どもの自信はもっと伸びるのではないかと思います。「子どもの自信を伸ばす」のも大切ですが、「子どもの自信を壊さない」環境を私たちは作っていかなければいけないと思います。

お子さんに伝えたいのは、「好きなことにトライすること」。それから「自分の意見を具体的に、建設的に発言すること」です。大学で時々自分の意見を言ってはいけないと思っている学生がいて驚きます。発言したとしても、例えば「世の中をよくしたい」という具体性のない事は言えるのですが、「では、そのためにあなたは何をする?」と問うと、答えに詰まってしまうのです。英語では具体例を挙げなくては「考えていないこと」と見なされてしまいます。普段から「自分は具体的に何ができるか、何に貢献できるか」を考えることを習慣化するといいですね。

私自身は、これからも子供から社会人まで年代問わず多くの人の英語の指導にかかわっていきたいと思っています。今までの経験を役立て、いかに英語で情報を得、コミュニケーションをとり、相手に正しく自分の意見を発信できるようなれるか、という観点で指導を続けたい。TOEFLや英語落語を活用することもできます。4技能をフルに使って英語を学べるよう、学習者に寄り添っていければと思います。主役は学ぶ人たちですから。

英語落語については、コロナ禍を抜けたら海外での公演の機会を増やしたいですね。ちなみに現在の持ちネタは17です。こちらも増やしていきたいし、そもそもの目的だった英語教育にも活かしていきたい。現在小学生向けに英語落語の本を出す企画も進行中です。

またジョージアと日本との交流に微力でも尽力できればと思います。ジョージアは知れば知るほど好きになる素敵な国です。“コロナ禍が収まったら行きたい国”のリストに是非加えてくださいね。

 

関連リンク
神田外語大学


 

 

前編のインタビューから

-英語指導者、英語落語家、ジョージア夫人、多彩な顔を持つ上原先生とは?
-世界基準で自分の英語力のレベルがわかるTOEFLテスト
-英語を上達させるコツはリスニングと音読

関連記事

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

KUMONグループの活動  2013/10/08更新

Vol.006 TOEFL Junior®

地方自治体主催の事業における TOEFL Junior®の活用が 広がっています 難易度の高いTOEFL®へつながる、中高生に適したテストとして

2019/11/08更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

KUMONグループの活動  2016/08/25更新

Vol.170 第4回グローバル・コミュニケーション
&テスティング主催セミナー

「英語教育改革を考える」 ~その受験勉強は  世界につながりますか?~

2015/07/24更新

Vol.022 トビタテ!留学JAPAN プロジェクトディレクター 船橋力さん

グローバル化で世界はひとつの村になる早いうちから世界に飛び立ち、 視野を広げる体験を積んでほしい

バックナンバー

2022/11/18更新

Vol.072 名古屋大学博物館 機能形態学者
藤原 慎一先生

さまざまな知識が ひも付いたときが研究の醍醐味 そのために学びをどんどん拡げよう

2022/01/21更新

Vol.071 メディアと広報研究所 主宰
尾関 謙一郎さん

多角的な見方を磨き、 自分だけの価値を見つけよう

2021/10/29更新

Vol.070 特別対談 未来を生きる子どもたちのために③

学び合いが創り出す KUMONならではのホスピタリティ

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.463
『くもんの日本地図パズル』25周年、『くもんの世界地図パズル』20周年
皆さまに愛され続け、 『くもんの日本地図パズル』は25周年、 『くもんの世界地図パズル』は20周年を迎えることができました。
Vol.462
KUMONの取り組むSDGsを考える④後編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.461
KUMONの取り組むSDGsを考える④前編
教育はSDGsの基盤 一人ひとりに向き合いながら 「ソーシャルグッド」を目指して
Vol.460
公文式の使命、教材改訂に込める情熱物語
国語教材改訂の舞台裏 ~国語4A~2A~
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.091 後編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.091 前編
千房株式会社 代表取締役社長
中井貫ニさん
「全人格格闘技」 目の前のことに全力を尽くして 「ありがとう」の感謝の心で生きていこう
Vol.090
スキージャンパー
渡邉陽さん
「やり抜く力」を身につけて 楽しみながらあきらめずに続けよう
Vol.089
モデル・インフルエンサー
山口厚子さん
悩んだからこそ気づいた「自分の幸せ」 周囲の目を気にせず 「わが道」を堂々と進んでいこう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!