トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 神田外語大学 特任講師 上原雅子(うえはら まさこ)先生(前編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2020/10/23更新

Vol.064

神田外語大学 特任講師
上原雅子先生  前編

言語は「伝える」ためにある
「伝えたい」という気持ちを込めて
自分の意見を発言してみよう

上原 雅子 (うえはら まさこ)

東京都生まれ。神田外語大学英米語学科特任講師。NPO法人「国際人をめざす会理事」、一般社団法人「英語落語協会」理事。King's College, London(応用言語学)修士課程修了。駐ジョージア大使夫人として、1年の半分ちかくをジョージアに滞在しながら、ジョージアの魅力を日本に伝えるべく活動中。本業は大学英語講師で、特にTOEFL®指導、4技能統合型授業の推進、アウトプット系の指導法に注力。著書に『Speaking スキルが高まる必修ポイント8』『Writingスキルが高まる必修ポイント10』(共にくもん出版)など。

英語教育改革の最中にある今、柱となっているのが「読む」「聞く」「書く」「話す」の英語4技能を統合的に学ぶことです。現在大学で英語を教える上原雅子先生は、かねてより4技能統合型の英語教育の推進に注力、TOEFL ®の指導にも精力的に取り組まれています。一方では高座名「鹿鳴家一輪」としての「英語落語」の実践者でもあり、さらにはロシアやトルコに挟まれたコーカサス地方の国・ジョージアの日本大使夫人という顔もお持ちです。「英語嫌いの時期もあった」と振り返る上原先生に、英語力の伸ばし方やTOEFL® の意義のほか、英語落語やジョージアの魅力など、幅広い話題でお話をうかがいました。

英語指導者、英語落語実践者、駐ジョージア大使夫人
多彩な顔を持ち、国内外を駆け巡る

上原雅子先生

私は現在、大学でTOEFL iBT®をはじめ、4技能統合型の英語教育の推進・指導をしています。「4技能統合型」というのは、「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能を、それぞれ伸ばそうとするのではなく、英語で読んだり聞いたりしてインプットしたものを、自分の中で咀嚼し、自分の言葉で話したり書いたりしてアウトプットする、という学び方です。こうしたことは、母国語ではごく自然にできるコミュニケーションですが、外国語では4技能を分けてしまいがちです。

大学で教えるほか、8年前からは英語落語をやり始め、国内外で公演しています。じつは落語は当初、英語教育のツールとして活用しようと考えていました。落語は感情をのせて話すことによって人に伝わる話芸です。ですから、「英語で伝える」ことに役立つのではないかと、以前から興味を持っていました。

指導で使うならよく知らないと…と、たまたま身近に英語落語を教えている同僚がいたのでその教室に入ったところ、自分で演じることにはまってしまいました(笑)。外国の方に公演すると、体をよじって笑ってくれるなど反応がとてもよく、こちらも楽しくなり、相乗効果で盛り上がるんです。今では高座に上がることが生活の一部になっています。

もうひとつ、3年ほど前からは、日本とジョージアをつなぐ活動もしています。ジョージアは、ヨーロッパ・ロシア・中東を結ぶ十字路に位置する国です。夫が駐ジョージア大使であるため、大学の授業がないときには現地に行き、ジョージアで活躍する各界の要人や専門家などとネットワーキングをしたり、2国の文化を互いに紹介する活動をしたりしています。

ジョージアは、四方を大国に囲まれ、北海道ほどの国土に数百万人が住む小さい国。旧ソ連時代は自治国としてソ連の統治下にありましたが、建国およそ2000年にもおよぶ歴史があります。私は現地では英語でコミュニケーションをとっていますが、公用語はジョージア語。どこの語族にも属さない言語学的に珍しい言語です。空手や柔道剣道などの武道がさかんな親日国で、ホスピタリティあふれるとても魅力的な国です。ワイン発祥の地でもあるのですよ。

世界基準で自分の英語力のレベルがわかるTOEFLテスト

関連記事

2020/10/30更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

KUMONグループの活動  2020/10/13更新

Vol.375 受験にもTOEFL Primary®、TOEFL Junior®!

日々の英語力を測定できる TOEFL Primary® TOEFL Junior® 入試での活用もますます進展!

KUMONグループの活動  2017/04/18更新

Vol.204 世界基準の英語テスト
-インドネシアの受験生の声

夢に向かって英語を学ぶ インドネシアの子どもたち

KUMONグループの活動  2019/04/09更新

Vol.302 TOEFLを英語学習のよき伴走者に
-スピーキングテスト編

自分の意見を発信する力を ~若年層向けTOEFLにスピーキングテストができました!~

KUMONグループの活動  2020/04/14更新

Vol.350 Lexile®(レクサイル)指数とは?

自分に合った英語の本が探せる! ~相模大野図書館の多読推進の取り組み~

バックナンバー

2021/08/27更新

Vol.069 特別対談 未来を生きる子どもたちのために②

生涯にわたって必要なのは 自ら「自学自習」できる力

2021/05/28更新

Vol.068 特別対談 未来を生きる子どもたちのために①

これから求められるのは 自ら課題を発見して解決できる人材

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.415
公文式を導入している障害児・障害者支援施設での学習効果アンケート
障害児・障害者支援施設で感じられている 公文式学習の効果とは?
Vol.414
KUMONレポート-子ども文化史料編
江戸時代の史料から子ども文化を研究 ~KUMONの子ども文化史料~
Vol.413
スイス公文学園初!オンラインサマースクール
スイスという国と異文化を身近に感じ 学校生活を体験できる充実した3日間
Vol.412
子どもの興味と世界の国々を関連付け、
より一層、世界について知りたくなる!
世界への興味を広げる 『くもんの世界地図パズル』
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.080 後編
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.080 前編
ライター/翻訳者
堀越英美さん
「正しい母」でなくてもいい 自分も子どもも縛らずに 「おもしろい」と感じたことを掘っていこう
Vol.079
常葉大学造形学部
講師 村井貴さん
本当の学びは“外”にある 教科書やネットから飛び出して 外の景色を見に行こう
Vol.078
将棋棋士 谷合 廣紀さん
「楽しい!」と感じることを見つけて 自分を追い込まずにのびのびやろう
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!