トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授 澤木泰代先生(前編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生  前編

言語を学べば、
知らなかったことを知ることができる
一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

澤木 泰代 (さわき やすよ)
熊本県八代市生まれ。熊本大学教育学部卒業後、熊本県公立中学校教員となる。その後、イリノイ大学修士課程(英語教授法)で学び帰国。昭和女子大学英米文学科助手を経て、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)博士課程(応用言語学)へ。2003年よりETS(Educational Testing Service)妥当性研究センターにて、アソシエイト・リサーチ・サイエンティスト(常勤准研究員)、リサーチ・サイエンティスト(常勤研究員)として勤務。2009年より早稲田大学教育・総合科学学術院准教授。2014年より現職。主著に「大規模言語テストの妥当性・有用性検討に関する近年の動向」(『言語教育評価研究』誌掲載)など論文多数。

中学生のときから「毎日英語を勉強する」と決めて実行し、大好きな英語に関わる研究をされている、応用言語学の研究者、澤木泰代先生。TOEFL®の開発・運営で知られるアメリカの非営利教育団体、ETSの研究員をされていた経験などを活かして、日本の英語教育の向上に精力的に取り組まれています。応用言語学のおもしろさや、日本の英語教育の課題、学びの姿勢などについてうかがいました。

TOEFL®など大規模英語テストを研究し、日本の英語教育に活かす

私が専門とする応用言語学とは、ごく簡単にいえば、言語と学びの関係性を探求していく学問です。その中身は幅広く、「人はどのようにして言語を習得するのか」「言語をどのように教えればいいのか」「指導の効果はどのくらいあるのか」など、言語習得や指導法、測定・テストといったことが含まれています。その中で私がおもに研究しているのは、言語能力の測定に関する「言語テスト」の部分です。大学では、英語教員養成を担う学科に所属しているので、学部生・大学院生に、英語教育や指導におけるテストの役割、その使用などについて教えています。

「言語テスト」研究とはどのようなものか、私が関わってきた研究を例に説明しましょう。私は大規模英語テスト、とくにTOEFL®において、4技能(リーディング:読む、リスニング:聞く、スピーキング:話す、ライティング:書く)の関係性の研究に関わってきました。

TOEFL®とは、英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストで、アメリカの非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)により開発されました。現在、「TOEFL Primary®」「TOEFL Junior®」「TOEFL ITP®」「TOEFL iBT®」があります。

私はETSで研究員をしていたつながりで、現在もTOEFL®の研究を続けています。ちなみにETSには、TOEFL®に関するビジネスプランや研究内容に助言する「TOEFL Committee of Examiners」という外部専門家委員会があるのですが、そのメンバーとしてもアメリカでの定期的な会議に参加しています。

ETSに勤務していた時に行っていた研究の一つに、このTOEFL®のリーディングやリスニングの結果を見て、語彙や要点を理解するなど「とくにここができる」「ここができていない」という部分をデータ分析により取り出し ――これを「言語能力のプロファイリング(診断的な情報を取り出す)」といいますが、これを学習者へのフィードバックに活かせないかを検討するという研究があります。このような言語能力の診断と指導に関する研究テーマには、今も興味を持って取り組んでいます。

いま進めているのは「要約」の研究です。英文を読んで、その「要約を書く」あるいは「口頭で要約する」など、複数の技能を統合させる ――これは、Integrated Task(統合課題)といいますが、「要約の力」とはどういうものかを分析したり、要約をうまく指導していくための教材開発をしたりしています。

たとえば「あなたの家族について教えてください」というように自分の経験や意見の表現を求められる場合、その内容は自分しか知らないので、言葉にしづらい内容は避けることができます。しかし要約は、内容を読んで正確に理解し、それをうまく言葉にできないと良いものにはなりません。これは学問をするうえでは非常に大事なことです。なぜなら、理解が正確でなく、要点を押さえていなければ、学んだ内容から知識を得て、それを次の学びにつなげることができないからです。

Integrated Taskは、最近は英語の資格・検定試験でもよく取り上げられているので、今日的な研究といえます。学問をするうえだけでなく、日常生活の中でも聞いたり読んだりした内容が「要するに」何のことだったのかを他の人に口頭で伝えたり、書いたりすることはよくありますので、要約の力はいろんなところに応用ができます。現在やっている研究を通して、日本の英語学習者が英語力を伸ばしていく手助けをしていくことができればと考えています。

今の日本の英語教育の課題とは?

関連記事

2019/11/08更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

KUMONグループの活動  2019/04/09更新

Vol.302 TOEFLを英語学習のよき伴走者に
-スピーキングテスト編

自分の意見を発信する力を ~若年層向けTOEFLにスピーキングテストができました!~

KUMONグループの活動  2020/04/14更新

Vol.350 Lexile®(レクサイル)指数とは?

自分に合った英語の本が探せる! ~相模大野図書館の多読推進の取り組み~

KUMONグループの活動  2019/08/27更新

Vol.319 TOEFL®とTGGがコラボ

1日まるごと英語で モチベーションアップ!

KUMONグループの活動  2017/04/18更新

Vol.204 世界基準の英語テスト
-インドネシアの受験生の声

夢に向かって英語を学ぶ インドネシアの子どもたち

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.370
浮世絵から見える江戸時代の人々「重陽の節句」
大輪の菊に健康と長寿を願う ~人々の暮らしと「重陽の節句」の関係~
Vol.369
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(2)
子どもの自立に「甘え」は欠かせない 「甘えさせる」と「甘やかす」の見極めが大事 お話:子育てカウンセラー・心療内科医 明橋大二先生
Vol.368
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑤            <学年を越えて進む>
Vol.367
あきびんごさん×くもん出版 絵本制作編
絵本制作に込められた 絵本作家あきびんごさんと 編集者の想い
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!