トップ > KUMON now! > スペシャルインタビュー > 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授 澤木泰代先生(後編)

スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/11/08更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生  後編

言語を学べば、
知らなかったことを知ることができる
一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

澤木 泰代 (さわき やすよ)
熊本県八代市生まれ。熊本大学教育学部卒業後、熊本県公立中学校教員となる。その後、イリノイ大学修士課程(英語教授法)で学び帰国。昭和女子大学英米文学科助手を経て、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)博士課程(応用言語学)へ。2003年よりETS(Educational Testing Service)妥当性研究センターにて、アソシエイト・リサーチ・サイエンティスト(常勤准研究員)、リサーチ・サイエンティスト(常勤研究員)として勤務。2009年より早稲田大学教育・総合科学学術院准教授。2014年より現職。主著に「大規模言語テストの妥当性・有用性検討に関する近年の動向」(『言語教育評価研究』誌掲載)など論文多数。

中学生のときから「毎日英語を勉強する」と決めて実行し、大好きな英語に関わる研究をされている、応用言語学の研究者、澤木泰代先生。TOEFL®の開発・運営で知られるアメリカの非営利教育団体、ETSの研究員をされていた経験などを活かして、日本の英語教育の向上に精力的に取り組まれています。応用言語学のおもしろさや、日本の英語教育の課題、学びの姿勢などについてうかがいました。

「こんなにおもしろい分野があるのか!」と言語テストに熱中

初めての海外経験は、大学4年次に交換留学生として1年間アメリカで過ごしたことです。アメリカの外国語教育がどうなっているのかを知りたくて、ドイツ語の授業もとりました。英語を使わず、ドイツ語だけの授業です。コミュニケーション活動主体の教え方で、ジェスチャーやイラストなどの視覚情報も交えることで、こんなにコミュニケーションがとれるんだと驚きましたね。中学校教員時代から今に至るまで、この方法を適宜授業に取り入れています。

大学卒業後は地元の熊本県立中学校の英語教員になりました。中学を選んだのは、英語を初めて学ぶ子どもたちに英語の楽しさを伝えたいと思ったからです。教えることも楽しかったのですが、まだまだ勉強が足りない、もっといい教師になりたいと考え、英語教授法に定評のあるイリノイ大学大学院で学ぶことにしました。

よりよい授業をやるために留学したので、帰国後はまた中学で教えるか、そうでなくても日本の英語教育に何らかの形で貢献できればと考えていました。ところが、大学院で「言語テスト」という分野に出合い、この研究を突き詰めたいと思うようになりました。当時日本では「言語テスト」を教えている大学は少なく、このような学問があるとは思ってもみませんでしたが、「こんなにおもしろい分野があるのか!」と衝撃を受けたのです。

言葉の仕組みそのものだけではなく、言葉をどれだけを学べているのかを測定し、さらにそれにより国の教育政策など、さまざまなことにテストが影響を与えている点に興味をそそられました。担当教授は、アフリカで教育政策や言語テストに関わった経験をお持ちで、「言語テスト」が、いかに現地の人の生活にとって大事なものか、いかに教育政策に影響するかといった話をしてくださり、「私もそんな研究をしたい」と思うようになったのです。

一度帰国し、昭和女子大学で助手として研究を続けましたが、まだまだ勉強が足りないと感じたんです。それで、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の応用言語学博士課程に進みます。同大の「言語テスト」の第一人者、ライル・F・バックマン先生に師事したいと思ったからです。念願かなって入学でき、博士号を取得しました。卒業後は、研究をしっかり続けたいと思い、ETSに就職。5年半勤務し、「この知見を日本の英語教育に活かしたい」と、2009年に帰国して現在に至っています。

学びとは、知るよろこび、進むよろこび

関連記事

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

KUMONグループの活動  2015/09/29更新

Vol.105 TOEFL Primary®

TOEFL®の小中学生版、 TOEFL Primary®に挑戦しよう! TOEFL®へとつながる第一歩、「受けて楽しい」英語運用能力テスト

2018/03/30更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を 教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

2018/03/23更新

Vol.047 英語教育学者 町田 智久先生

英語は新しい文化を教えてくれる「扉」 楽しみながら学んでいこう

KUMONグループの活動  2019/04/09更新

Vol.302 TOEFLを英語学習のよき伴走者に
-スピーキングテスト編

自分の意見を発信する力を ~若年層向けTOEFLにスピーキングテストができました!~

バックナンバー

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

2019/11/01更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/07/12更新

Vol.056 声楽家
安田祥子さん

歌いかけは親子をつなぐ大切な時間 童謡が持つ日本語の豊かさを大切に

2019/06/28更新

Vol.055 東北大学スマート・エイジング学際重点研究
センター特任教授/村田アソシエイツ代表
村田裕之先生

「人生100年時代」に向け、 自分の「好き」を見つけて 「自分軸」で生きていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.339
南アフリカの公文式教室
一人でも多くの南アフリカの子どもたちに 学ぶ機会を
Vol.338
浮世絵から見える江戸時代の人々
『福づくし』でおめでたい1年に
Vol.337
特別対談 ブレイディみかこさん×KUMON
2019年話題のノンフィクション本と KUMONに共通する思いは 「自分の力で人生を切り拓いていける人に」
Vol.336
ブルガリアに公文式教室開設
夢に近づくお手伝いを
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.066 後編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.066 前編
ジュエリーアーティスト
Lily/福嶋真由子さん
楽しいこともつらいことも すべてのことには意味があり 「学び」や「チャンス」につながる 経験となる
Vol.065
弁護士・薬剤師・弁理士
中村智広さん
一つひとつ積み重ねた結果、今がある 枠にとらわれず好奇心をもち、 学び続けて前進しよう
Vol.064
小説家
伊与原新さん
自分の手をたくさん動かし続けて 小さな成功体験を積み重ねれば 見える世界は広がっていく
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!