スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/10/18更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生  後編

くり返しによる「学びの身体化」
その学びは本物になる
学び続けて生涯自分を成長させよう

辻本 雅史 (つじもと まさし)
1949年愛媛県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程(教育史専攻)単位取得退学。光華女子大学、甲南女子大学教授を経て、京都大学教育学部助教授および教授、同大大学院教育学研究科教授を歴任。2012年早期退職後は京都大学名誉教授に。同年9月からは国立台湾大学日本語文学科教授に就任。2017年8月より現職。著書に『近世教育思想史の研究』(思文閣出版)、『教育を「江戸」から考える―学び・身体・メディア―』(日本放送出版協会)、『学びの復権』(角川書店、岩波現代文庫増補再刊)など多数。

儒学思想の視点から、現代の日本の教育課題を読み解く辻本雅史先生。江戸時代の教育は、今の学校教育とは異なり、「教える側」ではなく「学ぶ側」が主体で、学ぶ内容も一人ひとりの目的やレベルによって違っていて、それこそが学びの自然な姿だといいます。そんな江戸時代の学びの原理と公文式の学習スタイルには、多くの共通点があると指摘します。辻本先生の目には、現代の教育はどう映っているのか。教育改革が叫ばれる今、日本の教育に必要なことは何か、大人は子どもをどう導けばいいのか、歴史を学ぶ意義を踏まえながらお話いただきました。

大学は知の拠点、文化の発信源
じっくり学び直せる場にしたい

辻本雅史教授 中部大学副学長

私は学校教育はできるだけ小さくして、生涯学ぶことを前提とした「学び方」を教えるのがいいと思っています。今、大学は18歳の取り合いをしているだけです。本当に勉強したくて通っている人もいますが、そうではない人も多い。むしろ社会に出てから、本当に学びたいことが見つかることがあります。そんなとき、気軽に学ぶことができる。それが当たり前になるといいと思いますし、そこに大学は門戸を開くべきだと思います。

OECDの調査(「OECD Stat Extracts (2012)」)では、25歳以上の成人が大学に籍を置いているのは、各国平均で20%に達していますが、日本は約2%で、ダントツの最下位です。逆にいえば日本にはこれからの伸びしろがあるともいえます。
私は人生の中で大学に3回入学するのがいいと言っています。まずは18歳、次に社会に出て学びたいことが見つかったとき、そして定年が見えてきたとき、です。3回目は生き直しのための学び直しです。大学は知の拠点で、文化の発信源ですから、学びたい人のために腰を据えてじっくり学び直せる場にしたい。それが大学改革にかかわっている現在の私の夢です。

夢はもうひとつあります。「子育て実践学」を立ち上げて若者に教えることです。私は幼児教育の研究助成を行うある公益財団法人に関わっており、幼児教育・家庭教育に関するシンポジウムなども企画・実行しています。

この活動を通して「親を育てる教育」を開発したくて、研究会も立ち上げました。幼児教育の専門家だけでなく、哲学者や歴史学者、心理学者、法学者などにも関わってもらい、あらゆる学問を総合した「子育て実践学」として、カリキュラムやテキストをつくり、学生全員にできれば必修にして、将来的には学会も立ち上げることができればいいなと考えています。この仕事は、私なりの社会への恩返しです。

子育てのあるべき姿とは

関連記事

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

KUMONグループの活動  2020/06/09更新

Vol.358 KUMONの子ども文化研究

浮世絵などの貴重な文化史料から 子育てや子ども文化をあらためて学ぶ

2019/11/08更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2019/05/24更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2020/04/10更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

バックナンバー

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.380
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑧            <低い出発点>
Vol.379
特別企画 子育てのヒント‐「自立」のためにできること(3)
子どものことをたくさんほめられる 気持ちのゆとりを心がけよう お話:教育評論家 親野智可等先生
Vol.378
浮世絵から見える江戸時代の人々「七五三」
子どもの成長に感謝 ~健康と長生きを祈って~
Vol.377
特別対談 たかまつななさん×KUMON
お笑い芸人と学ぶSDGs 「目標だけではなく行動の持続可能性が大事」
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.073 後編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.073 前編
講談師
旭堂南湖さん
最初から100点満点を目指さなくていい 間違ってもいいから繰り返し、 続けていけば、芸も学びも磨かれる
Vol.072
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!