スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/10/18更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生  後編

くり返しによる「学びの身体化」
その学びは本物になる
学び続けて生涯自分を成長させよう

辻本 雅史 (つじもと まさし)
1949年愛媛県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程(教育史専攻)単位取得退学。光華女子大学、甲南女子大学教授を経て、京都大学教育学部助教授および教授、同大大学院教育学研究科教授を歴任。2012年早期退職後は京都大学名誉教授に。同年9月からは国立台湾大学日本語文学科教授に就任。2017年8月より現職。著書に『近世教育思想史の研究』(思文閣出版)、『教育を「江戸」から考える―学び・身体・メディア―』(日本放送出版協会)、『学びの復権』(角川書店、岩波現代文庫増補再刊)など多数。

儒学思想の視点から、現代の日本の教育課題を読み解く辻本雅史先生。江戸時代の教育は、今の学校教育とは異なり、「教える側」ではなく「学ぶ側」が主体で、学ぶ内容も一人ひとりの目的やレベルによって違っていて、それこそが学びの自然な姿だといいます。そんな江戸時代の学びの原理と公文式の学習スタイルには、多くの共通点があると指摘します。辻本先生の目には、現代の教育はどう映っているのか。教育改革が叫ばれる今、日本の教育に必要なことは何か、大人は子どもをどう導けばいいのか、歴史を学ぶ意義を踏まえながらお話いただきました。

「幸福感を高める教育」に必要なのは「身体」を通した体験

私は「研究を深めたい」というより、「好き」だから、今でもずっと学び続けています。近年は、「知の伝達メディアの歴史研究」をテーマにしています。これは、私の息子が学校に行きたがらないことがきっかけでした。私が子どもの頃は学校で学ぶことがおもしろかったのに、なぜ息子はいやがるのか? それを考えたとき、「教育は知を与えるメディア」であり、学校教育はメディアのひとつだけれど、たとえばテレビなど、他におもしろいメディアがあるから「学校がおもしろくない」となるのだと気づきました。

「知を伝えるメディア」が変われば、知のあり方、ものの考え方が大きく変わってきます。同じストーリーでも、声で伝えるか、絵で伝えるか、文字で伝えるかで、「知」の中身やその質が変わってきます。メディアが「知」のあり方を決めるのです。今の学校教育は商業的なメディアに負けているのかもしれませんね。

これからは「AIの時代」となるのは間違いなく、AIの浸透で消える職業がたくさん出てくると言われています。学校教育も今までの延長線上では、たち行かなくなるでしょう。AI時代に必要な教育とは何か。それを考えたとき、我々は否応なしに人間とは何か、いわば人間の本質を認識させられます。

「人間の本質」とは、ひとつは感性です。人とつながり、人とともに悲しんだり喜んだりする力です。「何が問題なのか」を見つけることも、生身の人間でないとできません。問題を設定してどう展開していくか。問題発見能力をつけることが教育の一番大きな使命かもしれません。
もうひとつ必要だと思うのは、「幸福感を高める」教育です。何を幸せと感じるかは、一人ひとり違いますが、一人ひとりが「自分の人生は幸せだった」と思えるような生き方ができるような教育が大切でしょう。

最近聞いた話ですが、「人生で一番幸せだと思うときは」という質問に対し、もっとも多かったのは、富や学歴ではなく「自分の人生を自分で決められること」だったそうです。人に押しつけられずに自分で決められるようになるには、人間しか持っていない感性を磨き、生身の体でいろんな体験をすることが大切です。身体を通らなければ、自分のものにならず、心の底に響きません。響いたものが自分の人生の拠り所になるのです。

私は、「身体を通して身につける」ことを大事にしていた「近代以前の営み」に、ヒントがあると思っています。

私の夢と社会への恩返し

関連記事

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

2019/11/08更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2020/04/10更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2019/05/24更新

Vol.054 関西大学 外国語学部・
関西大学 大学院外国語教育学研究科
教授 竹内理先生

「ふれて、使って、気づいて、直す」 外国語習得の効果的なサイクルで 自分の目的にあった英語力を育てよう

2018/07/20更新

Vol.056 朝日新聞社
編集記者 逸見那由子さん

人生に成功も失敗もない 周囲と競わず 自分のペースで進んでいこう

バックナンバー

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

2020/05/08更新

Vol.062 筑波大学国際発達ケア:エンパワメント科学研究室教授・保健学博士
安梅勅江先生

「エンパワメント」の力が 「みんなが夢を持てる世界」を実現する

2020/04/03更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

2020/02/21更新

Vol.060 合同会社MAZDA Incredible Lab CEO
松田孝さん

プログラミングをきっかけに 未来社会に向けて 「新しい学び」を獲得していこう

2020/01/10更新

Vol.059 慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室専任講師・医学博士
佐渡充洋先生

「ネガティブな自分」を 理解することは「ポジティブな学び」 楽しいことも苦しいことも一生懸命体験しよう

記事アクセスランキング

おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.375
受験にもTOEFL Primary®、TOEFL Junior®!
日々の英語力を測定できる TOEFL Primary® TOEFL Junior® 入試での活用もますます進展!
Vol.374
感染対策の中での学習療法
こんなときだからこそ 笑顔で過ごしていただきたい ~学習療法のいま~
Vol.373
浮世絵から見える江戸時代の人々「神無月」
神無月に人々の暮らしに寄りそう留守神 ~商売繁盛と五穀豊穣を祈って~
Vol.372
~創始者公文公の言葉より~
    公文式の原点⑥            <ちょうどの学習>
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.072 後編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.072 前編
読売巨人軍 球団職員
矢貫俊之さん
行き詰まっても逃げないで あきらめずにぶつかって 答えは自分で見つけよう
Vol.071
アート・トランスレーター
田村 かのこさん
今ある“型”にはまらなくていい 自分にできることを一つずつ進めていけば自ら“型”をつくることができる
Vol.070
文化遺産コンサルタント
佐々木義孝さん
「今の環境でしか出来ないこと」から 「その環境で自分が夢中になれること」 を探して、実践していくと、道は開けてくる
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!