スペシャルインタビュー
Academic Milestones - 学びを究める力

2019/10/18更新

Vol.057

中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生  後編

くり返しによる「学びの身体化」
その学びは本物になる
学び続けて生涯自分を成長させよう

辻本 雅史 (つじもと まさし)

1949年愛媛県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程(教育史専攻)単位取得退学。光華女子大学、甲南女子大学教授を経て、京都大学教育学部助教授および教授、同大大学院教育学研究科教授を歴任。2012年早期退職後は京都大学名誉教授に。同年9月からは国立台湾大学日本語文学科教授に就任。2017年8月より現職。著書に『近世教育思想史の研究』(思文閣出版)、『教育を「江戸」から考える―学び・身体・メディア―』(日本放送出版協会)、『学びの復権』(角川書店、岩波現代文庫増補再刊)など多数。

儒学思想の視点から、現代の日本の教育課題を読み解く辻本雅史先生。江戸時代の教育は、今の学校教育とは異なり、「教える側」ではなく「学ぶ側」が主体で、学ぶ内容も一人ひとりの目的やレベルによって違っていて、それこそが学びの自然な姿だといいます。そんな江戸時代の学びの原理と公文式の学習スタイルには、多くの共通点があると指摘します。辻本先生の目には、現代の教育はどう映っているのか。教育改革が叫ばれる今、日本の教育に必要なことは何か、大人は子どもをどう導けばいいのか、歴史を学ぶ意義を踏まえながらお話いただきました。

「幸福感を高める教育」に必要なのは「身体」を通した体験

辻本雅史教授 中部大学副学長

私は「研究を深めたい」というより、「好き」だから、今でもずっと学び続けています。近年は、「知の伝達メディアの歴史研究」をテーマにしています。これは、私の息子が学校に行きたがらないことがきっかけでした。私が子どもの頃は学校で学ぶことがおもしろかったのに、なぜ息子はいやがるのか? それを考えたとき、「教育は知を与えるメディア」であり、学校教育はメディアのひとつだけれど、たとえばテレビなど、他におもしろいメディアがあるから「学校がおもしろくない」となるのだと気づきました。

「知を伝えるメディア」が変われば、知のあり方、ものの考え方が大きく変わってきます。同じストーリーでも、声で伝えるか、絵で伝えるか、文字で伝えるかで、「知」の中身やその質が変わってきます。メディアが「知」のあり方を決めるのです。今の学校教育は商業的なメディアに負けているのかもしれませんね。

これからは「AIの時代」となるのは間違いなく、AIの浸透で消える職業がたくさん出てくると言われています。学校教育も今までの延長線上では、たち行かなくなるでしょう。AI時代に必要な教育とは何か。それを考えたとき、我々は否応なしに人間とは何か、いわば人間の本質を認識させられます。

「人間の本質」とは、ひとつは感性です。人とつながり、人とともに悲しんだり喜んだりする力です。「何が問題なのか」を見つけることも、生身の人間でないとできません。問題を設定してどう展開していくか。問題発見能力をつけることが教育の一番大きな使命かもしれません。
もうひとつ必要だと思うのは、「幸福感を高める」教育です。何を幸せと感じるかは、一人ひとり違いますが、一人ひとりが「自分の人生は幸せだった」と思えるような生き方ができるような教育が大切でしょう。

最近聞いた話ですが、「人生で一番幸せだと思うときは」という質問に対し、もっとも多かったのは、富や学歴ではなく「自分の人生を自分で決められること」だったそうです。人に押しつけられずに自分で決められるようになるには、人間しか持っていない感性を磨き、生身の体でいろんな体験をすることが大切です。身体を通らなければ、自分のものにならず、心の底に響きません。響いたものが自分の人生の拠り所になるのです。

私は、「身体を通して身につける」ことを大事にしていた「近代以前の営み」に、ヒントがあると思っています。

私の夢と社会への恩返し

関連記事

2019/10/11更新

Vol.057 中部大学 副学長 国際センター長
辻本雅史先生

くり返しによる「学びの身体化」で その学びは本物になる 学び続けて生涯自分を成長させよう

KUMONグループの活動  2020/06/09更新

Vol.358 KUMONの子ども文化研究

浮世絵などの貴重な文化史料から 子育てや子ども文化をあらためて学ぶ

2019/11/08更新

Vol.058 早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授
澤木泰代先生

言語を学べば、 知らなかったことを知ることができる 一歩一歩、「知るよろこび」「進むよろこび」を味わおう

2021/04/02更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/04/10更新

Vol.061 臨床心理士、国際TA協会公認交流分析家
末松渉先生

「心の危機」は成長の機会でもある 「学ぶ喜び」を知って 「生きる力」にしていこう

バックナンバー

2021/04/30更新

Vol.067 青山学院大学経営学部マーケティング学科 教授
小野譲司先生

「学問」とは「問いを学ぶ」こと 現場に行って自分の目で見て感じて 自ら問いを立ててみよう

2021/03/26更新

Vol.066 浜学園アドバイザー
佐藤亮子さん

学ぶおもしろさを実感できれば 子どもは必ず伸びていく 子育ては親子で一緒に楽しもう

2020/11/20更新

Vol.065 もり内科クリニック院長
布施医師会(東大阪市)理事
田仲みすず先生

「できること」「得意なこと」に目を向けよう できないことが増えても、まわりが上手に合いの手を入れる 「お餅つきサポート」で、地域の誰もが笑顔になる

2020/10/23更新

Vol.064 神田外語大学 特任講師
上原雅子先生

言語は「伝える」ためにある 「伝えたい」という気持ちを込めて 自分の意見を発言してみよう

2020/08/28更新

Vol.063 往来物研究家
小泉吉永先生

江戸の知恵には学びがあふれている “好き”をとことん掘り下げて 出会いを引き寄せよう

記事アクセスランキング
おすすめ記事 Recommended Articles
KUMONトピックス
Feature Report 進化し続ける活動
カテゴリーを表示
NEW
Vol.401
浮世絵に描かれた疫病除け「朱鍾馗」
浮世絵に描かれた疫病除け 朱色で描かれた鍾馗(しょうき)様 ~大切な子どもを疫病から守りたい~
Vol.400
知らないこと、不思議なことを考えてみよう
さあ、どんな本を読もう? くもん出版この春オススメの3冊
Vol.399
KUMONの取り組むSDGs
個人別教育による人材の育成を通じ、 地球社会に貢献する―KUMONは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
Vol.398
家庭学習調査2020(3)
学習指導要領改訂後の認知と評価
家庭学習調査から見える 「新学習指導要領」の認知と評価、 そしてオンライン学習の実態は?
OB・OGインタビュー
Catch the Dream 夢をかなえる力
NEW
Vol.076 後編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.076 前編
産業技術総合研究所主任研究員
二橋亮さん
突き詰めれば価値が出てくる学びがある 地道な努力を怠らずに力をつけよう
Vol.075
株式会社ニューズピックス代表取締役社長CEO
坂本大典さん
ゴールを設定して他人と比較せず 自分のペースを自分でつくっていこう
Vol.074
女子レスリング選手
登坂絵莉さん
「よくがんばったね!」は 子どもを成長させる魔法の言葉 前へ前へと進んでいける
KUMON now! フェイスブックページ
KUMON now!に「いいね」して、子育てに役立つ情報を受け取ろう!